こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

永久磁石式同期型モーターとブラシレスDCモーターの違い

永久磁石式同期型モーターとブラシレスDCモーターの違い

こんにちは。この2つのモーターってステーターにコイル、ローターに磁石を使ったものに
インバーターを組み合わせた、同じものだと思うのですが、そもそもなんで呼び方が違うんでしょうか?

モーター単体で見た場合、両方三相交流(インバーターによる擬似交流?)で
駆動するのが一般的ですよね?
ローターが回転する仕組み?センサーが必要、不必要?効率?
トルクの出方?回転数?(いやこれは設計しだいか…)
ただ単に大きさ?(ブラシレスDCモーターはラジコンにも使われてるイメージが)
制御の仕方?

同じような疑問を持った方いませんでしょうか。

補足:
誘導モーターはローターが回転するしくみが違いますよね。

投稿日時 - 2010-10-07 00:34:21

QNo.6232750

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

モータ本体は同じものです。
ブラシレスDCモータとして見るときには、インバータに相当するもの(スイッチング部分+制御部)とモータを一体で考えて、直流を入力して回すモータとして見ています。
永久磁石界磁同期モータとして見るときには、モータの部分だけを見て、交流を入れて回すモータとして見ています。
ちなみに、誘導電動機と同期電動機も回転する原理は同じで、物によっては区別がつかなくなります。巻線型の誘導電動機を超同期セルビウス制御したものと、交流励磁同期電動機の区別は非常にあいまいです。

投稿日時 - 2010-10-07 06:01:23

お礼

非常に簡潔でわかりやすい回答ありがとうございます!疑問がすっきりはれました!

投稿日時 - 2010-10-07 23:34:26

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問