こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

英語のスピーキング力を上げたいです。TOEICの勉強などをスピーキング

英語のスピーキング力を上げたいです。TOEICの勉強などをスピーキングにいかすためには、どんな勉強をすればいんでしょうか?

投稿日時 - 2010-09-29 17:12:35

QNo.6216303

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こういう場ですからはっきり言ってしまいますが、TOEICはTOEIC、スピーキングはスピーキング、全然別物です。
TOEICの勉強をスピーキングに生かすなどと考えない方がいいですよ。

TOEICで高得点を上げたい人はVocaburaryの強化ということで、どんどん新しい単語やイディオムを増やそうといます。そうやってVocaburaryを強化しリーディングで理解力を高めれば、スピーキングにも役に立つという立場の人もいますが、大抵ウソです。

スピーキングは、「すでに知っている単語だけで如何に自分の言いたいことを表現するか」という方向の練習をしなければなりません。
知らない単語や難しい単語、ど忘れして出てこない単語を上手に避けて、知っている単語・場合によっては相手の記憶も利用しながら(これって何て言うんだっけ?って聞いちゃいます)、相手に言いたいことを伝えなければなりません。

話している最中に、知らない単語が必要にならないよう、ずっと英語で考えつづけます。そしてやさしい単語だけで自分の考えを組み立てて相手に伝えていきます。結果的には中学校で習った単語だけでほとんどのことが言えるなという境地に達します。

ですからスピーキングの強化に時間を割きだすと表現力は豊かになりますが、Vocaburaryはなかなか増えなくなります。リーディングやリスニングで知らない単語に出会っても、「自分の会話じゃこんな単語使わないし」と判断してフィルタがかかり、興味がないので覚えなくなります。

逆にmakeやtake, haveといった中学校のときに習った動詞の用法をもう一回復習したり、発音を確認する等々基本的な表現の深堀に時間を割く必要が出てきます。abandonedとabundantをちゃんと言い分けられる必要がありますから。

ということでTOEICとスピーキングの勉強は両立しないのです。もちろんスピーキングの実力が十分な人がTOEICの勉強をすればすごいことになるでしょうけど、逆はありません。

私はTOEIC900超えても話せるようにならなかったので、もうTOEICは受けないことにしました。でもスピーキングの練習は続けたので今は大体のことは言えるようになりました。一日中英語で考え続けることも苦ではありません。リスニングもリーディングも必死さがなくなり日本語と同じように自然にできるようになりました。ようやく英語が身体の一部になりはじめているような気がしています。まだまだ成長の余地はたくさんありますが、ここまで長かったなと思います。

自分の経験から、他にTOEIC900あります、という人を見ても、「でどのくらい話せるの?」といちいち確認します。「いや実はあまり」という人も多いです。困ったものです。

投稿日時 - 2010-09-29 20:41:53

お礼

スピーキング力を上げるにはどんな訓練をすればいんですか?

TOEICでも高等点取れるように、語彙力などを増やしていきたいです。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-29 22:32:51

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

写真描写問題の短文なんかはシンプルで基本的なので、ああいうのを言えるように練習したら使えるんじゃないでしょうか。あとはPart2の会話問題の会話とか。

TOEICスピーキング&ライティングテストというのがあるんですが、それの写真描写問題がちょうどそういう形なんです。写真を見て、その写真について思いつくことを幾つでも言いなさい、と。

近頃売り出し中らしいので(笑)。別に私は回し者じゃないですよ。
http://www.toeic.or.jp/square/prsw/?eno=3323
まだ実施会場も受験者数も少ないんですけどね。2,940円でCD付き公式ガイド本も出ています。

で、結局こういうのって、TOEICのPart1、Part2みたいな短文の積み重ねではないかと。もちろん、カジュアルな会話はもっと砕けた言い方をするでしょうけれど。

TOEICに限らず、『瞬間英作文』とか『ぜったい音読』とか『中学英語で言いたいことが24時間話せる』、など独習用の本も各種あります。24時間話せるというのは大袈裟なタイトルですが(こういう売らんかなの書名は著者でなく出版社が付けていると思われる)、書かれている内容はまっとうです。

基礎力は独学でもある程度付けられると思いますが、スムーズに会話できるか、対応できるかというのは実際の場面で場数を踏むのが一番です。私はそれが足りてませんけど。

投稿日時 - 2010-09-30 10:11:39

お礼

しっかり良い教材を見つけて勉強したいと思います。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:43:57

ANo.3

1度、TOEFL-iBT を受けてみたらどぅでしょう?☆
読解:リスニング:ライティング:を屈指してスピーキングするので
自分に足りなぃものや御自分の勉強法が見えてくるかもしれませんよ。
結果も出るし、試してみても良いと思います。

投稿日時 - 2010-09-30 08:40:57

お礼

機会がありましたらTOEFLを受けたいと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-30 21:45:09

ANo.1

toeicの勉強とスピーキングは分けて勉強した方がいいですよ。

スピーキングの勉強で手っ取り早くできる方法は、やはり日本語を話せない(理解できない)外国人と英語で会話する事が一番です。
独学ならシャドウイングですが、これは向き不向きがあると思います。でも繰り返し言葉で発する勉強なので定着はしますが、実践でその英語が活用できるかは本人の度胸や自信次第だと思います。

私はヨーロッパに10年ほど住んでいて、英語をメインにドイツ語も話しますが、ドイツ語は一から現地で学んだ者です。文法や単語は中学1年生の英語レベル程度でしたが、聞いたままを発音する繰り返しで、リスニングと発音はかなり上達しました。文法は後に学んだ形です。なので、最初はテストより会話が得意な方でした。もちろん、ある程度のレベルや外国語を話す事に慣れてくると、後は文法や単熟語は必須になってきます。やはり会話広げる武器は必要になりますし、自然とその武器の活かし方も分かってくと思います。
しかし、純粋にスピーキングを鍛えるというだけなら文法よりしゃべる度胸や実際の言い回し方のパターンをいくつも持ち合わせて置く事です。会話文法と書体での文法には大きな違いがあります。それは日本語にも言える事です。

独学勉強なら、日-英・英-日を瞬時に出せるまで繰り返し言葉に出す方法が一番です。もう一つは例えば、”電話をかける”というフレーズを何パターンか習得する方法です。"I'll give you a call","I'll ring you"といった感じです。一つの単語をより簡単な形でパラフレーズするのも大事です。これには英英辞書が大活躍します。
これで学んだ事をなるべく使う機会を作る事は更に重要です。英語で(独り言のように)一人会話をするのもいいですよ。

投稿日時 - 2010-09-29 19:04:56

お礼

独学で英語を取得できるように頑張りたいと思います。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-09-29 22:34:30

あなたにオススメの質問