こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ポリプロピレン容器の耐熱温度、耐熱時間について

ポリプロピレン容器の耐熱温度、耐熱時間について

こんにちは。
ポリプロピレンについて質問させて下さい。
化学実験で、ポリプロピレン容器の中に溶液を入れて、100℃で24時間置く実験をしたいと思います。
(中の溶液の都合上、ポリプロピレン容器が一番適切だと考えています。)

耐熱温度は、121℃なので大丈夫だと思いますが、この温度で24時間も耐えられるかどうか心配です。

高温で長時間ポリプロピレン容器を加熱しても、容器の変形などしないのでしょうか?

よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2010-09-17 10:44:43

QNo.6188255

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

1)化学実験でのことですが、溶液のインフォメーションが解らない状態とポリプロピレン容器自体が
その溶液に高温に耐えるかの証明なしでの実験は指導者の了解なしに実験すると事故の時、誰が責任をとるか、そこまで充分に考えないと、実験を実行すべきではないと考えるべきです。
2)ポリプロピレン容器が化学実験使用に証明されたものならば(100C、耐溶液性)いいでしょうが、
通常は、パイレックス等のガラス製品で、どこから探して来たかも解らない品物で、実験するのは、考え直した方がいいでしょう。
3)どのように100Cに保温するか、オーブンで?  溶液の危険性、溶液量 等、今の状態では解らない事が多く、責任者の専門?の意見もわからずで、危険性があるなら、中止の方が賢明
4)化学用ガラス製品と違って、プラスチックはその製品の製造過程で、少量の添加剤が付与されており、化学実験用には不向きです。あなたの実験は遊び半分もものでしょうか?それとも大切なもの、それなら、なぜ化学用ガラス器具を使用しないのですか?
5)化学実験の大切なのは、事故を防ぐことです。危険をさけるため、指導者の眼下で、小規模(1-5ml)、10時間のテストをするのも一案ですが、化学用ガラス器具のほうが賢明です。

投稿日時 - 2010-09-18 05:21:23

ANo.1

100度で24時間なら耐えられます。

少し底が膨らんでぐらぐらするかもしれません。
また、冷却後、肉薄の部分が凹んだりしますが、容器としては問題ないです。

但し、中に入れる液の沸点が低いものだと、内圧が高くなり破裂する危険性があるので、
充分注意してください。

投稿日時 - 2010-09-17 11:18:00

あなたにオススメの質問