こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人事業主の税金対策 新車か中古車どちらにするか悩んでます。

個人事業主の税金対策 新車か中古車どちらにするか悩んでます。


アドバイスお願いします。

近日、軽自動車を買いたいと思っています。

購入予定の車は、ラパンの新古車?(H22年式、諸経費込110万、ナビ・バックカメラをつけたら125万程)の物です。

中古でもある程度走行距離も少なく高年式なものは諸経費込80~90万程するので、新車のほうがいいかなぁと思っていたのですが

税金対策の事をすっかり忘れていました。

車は主に事業用で使用する予定です。

減価償却が軽自動車は4年ということで4年落ちの中古車なら1,2年で償却できるというのを本で読んでから、中古車を買うべきか?と悩んでいます。

ただ納車は10月末くらいになると思いますが、
今回の確定申告で償却できるのは12月分までになるんでしょうか?

新車か中古車を買う違いはいっぺんに償却できないということだけであって、
4年間で考えたら、同じなんでしょうか?

それとできればローンで買いたいのですが、
ローンでも経費として計上できるのでしょうか?

税金の事に関して初心者なので質問自体間違った言葉があるかもしれません。
1つのことでもわかる範囲で結構ですので回答いただきたいです。

ネットで色々調べたのですが言葉が難しくていまいち理解できませんでした。

それと確定申告・税金対策などで初心者にお勧めの書籍があれば教えて下さい。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-09-12 02:03:05

QNo.6176119

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>税金対策で車を買われる方は沢山いるようで…

経費を増やして税金が少々減ったとしても、節税額の何倍ものお金が財布から出ていくのです。
車の買値および以後の維持費以上の金が、節税で浮いてくるわけでは決してありません。
趣味や業務で本当に車が必要なら買えばよいですが、税金対策のみで車を買うなどばかげた話で、これを愚の骨頂と言います。

>私が知りたいのは100万の車で新古車と中古車があった場合…

そんなことを最初の質問文から読み取れと言うのは無理です。

>最終的に節税できる金額は中古車との税金の差があるのか…

短期間で手放すのでない限り、少々の端数は別にして、納税額に差は出ません。

>オプション・諸経費込で125万でしたので税金などの内訳は聞いてない…

あなたほど税金に異常な拒否反応を示す人が、内訳も聞かずに 100万以上の金をぽんと出すとは、まさに「角 (つの) を矯 (た) めて牛を殺す」ことになりかねませんよ。

>125万をローンで支払いした場合、毎月の支払額を経費にできるか知りたかったです…

だからそれは違うと言っているでしょう。

>元本分は減価償却であげていけばいいという意味ですか…

『再掲』
減価償却費・・・中略・・・は現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

元本の返済は「負債の減少」であって、税金の計算に関係しません。

投稿日時 - 2010-09-12 14:15:49

補足

最初に回答いただいた時から思いましたが何をそんなにイライラしているのかわかりません。

回答頂けるのはありがたいですが
回答を読み非常に不愉快な気分になります。

回答の内容もわかりずらいです。

ただ、補足にも回答いただけたのでベストアンサーとさせていただき終了させていただきます。

投稿日時 - 2010-09-13 11:52:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>個人事業主の税金対策 新車か中古車どちらにするか…

税金の違いだけのために新車か中古車か迷うなんて、風変わりな人ですね。
税金が安い方を選択するのなら、買値が安ければとうぜん税金も安いのであって、中古車に軍配が上がるのはごく自然なことです。

>今回の確定申告で償却できるのは12月分までになるんでしょうか…

10~12月の 3ヶ月分。

>ローンでも経費として計上できるのでしょうか…

十把一絡げにものを言ってはいけません。
何が経費に計上できるかとお聞きですか。
減価償却費やガソリン代、修理代、軽自動車税などは現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

ローン特有の経費としては、月々の支払額のうち金利・手数料分のみが「利子割引料」という経費になります。
元本の返済分は経費でありません。

投稿日時 - 2010-09-12 05:00:03

補足

回答ありがとうございます。

>>
税金の違いだけのために新車か中古車か迷うなんて、風変わりな人ですね。

風変わりでしょうか。。
税金対策で車を買われる方は沢山いるようで、節税の本にも載っていましたがイマイチ理解できなかったので質問をさせていただきました。
特に車に興味はないのでお買い得なほうを購入したいと思っているのですが。。

>>
税金が安い方を選択するのなら、買値が安ければとうぜん税金も安いのであって、中古車に軍配が上がるのはごく自然なことです。

それはそうですね…私が知りたいのは100万の車で新古車と中古車があった場合、新車の場合は減価償却に4年かかると思いますが、最終的に節税できる金額は中古車との税金の差があるのか、あればどのくらいあるのか知りたかったんです。

>>
何が経費に計上できるかとお聞きですか。
減価償却費やガソリン代、修理代、軽自動車税などは現金で買おうとローンで買おうと差異はありません。

すいません…オプション・諸経費込で125万でしたので税金などの内訳は聞いてないのでわかりませんが
125万をローンで支払いした場合、毎月の支払額を経費にできるか知りたかったです。

>>
ローン特有の経費としては、月々の支払額のうち金利・手数料分のみが「利子割引料」という経費になります。
元本の返済分は経費でありません。

この件について調べたのですが
もし月々の返済が2万として、返済分17000円、金利手数料分が3000円だったとすると
3000円がその月の経費になり、

元本分は減価償却であげていけばいいという意味ですか?

最近勉強を始めたのでよく理解できず申し訳ありません…。

投稿日時 - 2010-09-12 13:19:37

あなたにオススメの質問