こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

宇宙ステーションは地上から見ることが出来るのでしょうか?

宇宙ステーションは地上から見ることが出来るのでしょうか?

見えるとしたら何時頃見えるのでしょうか?

投稿日時 - 2010-09-01 22:39:58

QNo.6152165

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(28)

ANo.28

質問者様

いよいよ、最後から2番目のスペースシャトル打ち上げですネ!
もう、残り少ないチャンスとなった、ISSとシャトルのランデブーを是非、目撃下さい。

投稿日時 - 2010-11-01 06:59:55

ANo.27

hatuyuki12さんへの御連絡になり、恐縮です。

天文ガイド2009年7月号に良い写真が載っていました。国際宇宙ステーションの回転により、太陽電池パネルが「良い角度」になると、確かにおっしゃるようにより明るくなることが、よく解ると思います。

イリジウムフレアほどでは無いのでしょうが・・・

投稿日時 - 2010-11-01 06:58:27

ANo.26

半直線で360度で分割してできる角度を1度として
さらに60分割してできる角度を1分=1’ さらに60分割して1秒=1”

これですね?

投稿日時 - 2010-10-02 11:00:40

ANo.25

でかくないですよ、ちっちゃいですよ。

どのくらいの大きさか、解ってます???

因みに、サッカーのコートは???

投稿日時 - 2010-10-01 23:35:51

ANo.24

写真から判断した角度ですか?
でかっ
笑っておきます

投稿日時 - 2010-10-01 23:23:42

ANo.23

ついでに、#18さんは山小屋の大きさを指定してくれませんが、仮に10mだとしましょう。
和歌山→富士山は352km(高度が違うのは無視)ですので、5.86”となります。

この大きさだと、火星との比較ででる明るさは-0.5等星ぐらいでしょうね。

投稿日時 - 2010-10-01 22:35:18

ANo.22

#18さんは素人さんのようですので、もう少し詳しく解説しましょう。質問者様にも役立つことを祈っています。

形を見分けられないほど、見掛けの大きさが小さな鏡があるとしましょう。同じ強度の光を当てた場合、反射してくる光の強さは、鏡の面積に比例しますよね。大きければ、それだけたくさん光を折り返せるのだから。しかも、形がわからない=点(点光源)に見える=折り返された光が纏まって1点から出ている様に見える、ですからネ。


私はきちんと説明しているのに、自分が理解できなかっただけで、論点を横にずらしている、と言いがかりをつけないで下さい。まぁ、解るように最初から説明してあげれなかった私も悪いのでしょうが(返信に対して更に回答を加えていくつもりだった:教育的配慮で)。


人工衛星のことにしたって、明るいところに住んでいるか何かで、自分が「見る能力が無い」だけでしょ?夜空にはこんなにたくさん、実際に人工衛星が飛んでるじゃないですか(見えますよ)。

投稿日時 - 2010-10-01 22:23:44

ANo.21

あ、そっか、15”の「”」が理解できなかったのですネ。
失礼しました、「秒」デス。

大きさの単位ですよ(、角度で表した)。


天体の視直径を角度で表すのは御存知ですか?


質問の意味を理解できなかったので、#18さんにとっては的外れな回答をしており失礼しました。
でも、#19、20を取り消すわけじゃありませんからね、よく読んで勉強してください(^^)/

投稿日時 - 2010-10-01 21:58:52

ANo.20

#18さんに引っ掻き回されて、肝心の質問者様が混乱されては本末転倒ですから、一応、(削除されるかもしれないけれど)書いておきますね。
 僕もつくづく、お人よしだなぁ

15"は21~29m程度に相当します(ISSの高度による)。


それより何より、僕は富士山の山小屋が見えるなんて、一言も書いていませんよ。むしろ見えない、と書いている。逆に言うなら、#18さんは東京から富士山の山頂の砂粒が見えるのですか?流星(の実体)はもっと小さいですよ。まぁ、目がお悪いかもしれないので、非常に明るい金星や木星を考えましょう。金星の満ち欠けや木星の形(縞模様とまでは言わないが、ちょっと楕円なこと)が見えるのですか?僕には見えません(マサイの方々は見えるかもしれませんね(笑))。

ものが『形(実体)として』見えることと、ものが光っていることが解ることは、イコールではありません。どうして、人が目で光を感じるか考えられたことがありますか?網膜上の視細胞が光のエネルギーで励起されて電気が信号として流れるからです。形が見えるためには、網膜上の像の形の下にある視細胞がそれぞれ反応することが必要です。ですから、視細胞の大きさより小さい像は、形を捉えることができません、本質的に(視力が悪くて細かいものが見えないのは別の話)。ですから、それより小さいものは、形を論じても意味がありません、点として見えるだけです。しかし、形が解らないからと言って、その物質からの光も感じられないわけではありません。一個でも細胞が励起されれば、信号は流れるのですから。

ですから、論ずべきは、像の大きさではなくて、光の強度(視神経を励起するに足りるエネルギーを持つか)、なのです。そこを#18さんは解っておられないし、混乱されている。


因みに、私がISSの大きさを出したのは、十分大きいから見える、というためではなく、ISSの明るさを(火星との比較で)ざっと見積もるためですからね、的外れな再質問はされませんように(、老婆心ながら)。

投稿日時 - 2010-10-01 20:57:08

ANo.19

#18さん
山小屋の大きさを指定してくださったら、計算できない貴方の代わりにして差し上げても良いですが…

前にも申しましたように、規約で「質問者様」の疑問にしか答えられないのですよ。教えてあげたいんだけどなぁ。

ISSの大きさと距離から見かけの大きさは出せますが、どうせ式を示しても「その距離は嘘だ(JAXAのでまだ)」とか言われるんでしょ?無意味な議論はしたくないです。

因みに、15"は実際写真から測りましたけど(笑)

この世にISSが存在しないと信じている#18さんには無意味でしょ?

投稿日時 - 2010-10-01 18:43:48

ANo.18

ディベートでは返事に詰まって横道にそれた者の負けです
『15”の説明が出来ない』
これでわかる

彼らとは 話にならない
私は見えないと思う

投稿日時 - 2010-10-01 12:03:33

ANo.17

本来は、質問者様の疑問ではないので、お答えできないのですが…

山小屋の大きさは、三角関数を使えば、出せますよ♪

投稿日時 - 2010-10-01 08:06:50

ANo.16

#15さんは、物が見えることと、光が届くことを混同しておられるようです。彼の論理だと、砂粒のような流星や、望遠鏡で拡大しても点にしか見えないような、『見掛けの大きさが小さい』恒星は、見えないのでしょうね。

富士山の山小屋の『光』は、強度があれば十分見えるでしょう。何光年も離れた星だって見えるんだもの。

投稿日時 - 2010-10-01 08:04:41

ANo.15

『ISSの見かけの大きさ』って必要ない概念ですね
どう考えても数値ではない
説明するんだったら『富士山の山小屋の見かけの大きさ』もお願いします

場所は和歌山県からのでいいです

投稿日時 - 2010-09-30 23:28:35

ANo.14

一言 ネットの宇宙関連で「ISSは宇宙を飛んでいる」と主張しているグループは
実際にはベクトルすら理解していませんから この事を頭に入れたまま 
質問 「15”の説明をしてください」大きさに関連する単位ですか?
世の中 でっち上げのディベートで渡っていけるほど甘くないですよ

追加 画像は本物には見えませんね

投稿日時 - 2010-09-29 11:45:47

ANo.13

ちょっと計算してみましょう。
2003年に、「ネアンデタール人が見て以来、の大接近」と話題になった時の火星が、太陽からの距離が1.38149 AU(AUはアトミックユニット、で天文単位のこと)で-3.0等星でした。火星の表面は赤錆みたいなものですから、反射率はISSより悪いでしょうけど、まぁ、同じと仮定します。
火星がISSの位置に居たとした場合、即ち、太陽から地球の距離だったとすると、太陽からの距離が1/1.38149倍(簡単に、1/1.4倍、としましょう)になるので、1.96=2.0倍(有効数字で丸めて)の強烈な光を浴びることになります。即ち、火星表面の明るさは2倍になる(観測する明るさは、地球からの距離が短くなった効果もあるでしょうが、無視しましょう)。
次に、ISSの見かけの大きさは、(太陽電池パネルを除いた、)中心部のモジュールだけで、ざっと15”弱ほどです。コレは、上記の際の火星の視直径、25.0"の半分強でしょう。すると、先の数字と丁度打ち消しあって、ISSも-3.0等星程度に見えるのではないか、と期待されます。


大雑把な計算なので、確かに精確ではないでしょうが、肉眼で見えない(=6.0等星より暗い)というほど
(即ち、明るさが1/3900よりももっと小さい値になる)というオーダーには程遠いほど、明るいことを示していると思います。

投稿日時 - 2010-09-28 20:02:40

ANo.12

こんなのも見つけました(^^)/

面白いですネ。
http://www.ssc.slp.or.jp/planet/staffvoice/index.php?e=551#more

投稿日時 - 2010-09-28 18:23:41

ANo.11

>人工衛星?
>それだったら日本に限らずどれかの国の人工衛星が毎日どこかの夜空に見えなきゃおかしくないですか?

ええ。見えていますけれど?

投稿日時 - 2010-09-27 18:12:49

ANo.10

人工衛星?
それだったら日本に限らずどれかの国の人工衛星が毎日どこかの夜空に見えなきゃおかしくないですか?
私は飛行機は見たことがあります
高度の高いところを飛んでいる飛行機を
子供時代は全て人工衛星だと思っていました

投稿日時 - 2010-09-25 10:52:16

ANo.9

ほんのちっちゃな普通の人工衛星でも見えるのですから、ISSが見えるのは当然でしょうね。

投稿日時 - 2010-09-24 19:46:14

ANo.8

和歌山からライトアップされた富士山の山小屋が見えたら考えてみます
(距離はそれくらいです)
見えませんよ

投稿日時 - 2010-09-23 15:38:43

ANo.7

ええ、見えます。
私は数回みました。東京に住んでいますが、東京と岡山で肉眼で見ました。
いずれも夕方です。明るさは金星程度、つまりマイナス4等くらいです。
移動は高いところを飛んでいる飛行機くらいの早さです。

すでにご紹介の
http://kibo.tksc.jaxa.jp/#tracking
ここから、見える時間帯、方向が事前に分かります。

投稿日時 - 2010-09-23 10:26:16

ANo.6

追加 もともとISSはサッカー場くらいの大きさといいながら 周辺部はすべて太陽電池でしょう?
実際に太陽光を受けて光ることができる部分はかなり狭い

地表からISSまでの距離がありすぎるので地上で見るのは無理ではないですか?
(自分で発光している天体なら別)

投稿日時 - 2010-09-08 20:01:18

ANo.5

その説明 無理ありませんか?

投稿日時 - 2010-09-08 19:51:27

ANo.4

No.2の回答者です。

hatuyuki12さんの疑問(指摘?)に答えます。説明不足を指摘して下さってありがとうございます。

国際宇宙ステーションが見えるのは、日の出前日の入り後の2時間ほどです。
「2時間ほど」というのは、緯度により時間が違うからです。国際宇宙ステーションが見えるためには、太陽の光が当たっていることが条件です。国際宇宙ステーションは、地上から見えるような光は出していません。太陽に光を反射しているから、地上から見えるのです。
国際宇宙ステーションに光が当たるためには、太陽が水平線の下何度にあるかによります。

赤道(緯度0)では、太陽は垂直に沈みますから、見える時間は日本より短くなります。赤道から離れると、緯度の分垂直から傾いて沈みますから、その分水平線に対し太陽が斜めに沈む揉ますから、その分沈む速度が遅くなります。北極や南極付近では、水平に近く沈みますから、1日中日が沈まない白夜や1日中日が昇らないことがあります。
国際宇宙ステーションは、ロシアのバイコヌール宇宙基地からも往き来できるよう、緯度50度付近でも真上に見ることができます。この辺は、日本の平均緯度と白夜の地帯と中間です。
ここでは、日の出前日の入り後の2時間よりもはるかに長い時間見るととができます。日本でも北海道の北部では、北緯45度近くですから、日本平均の2時間よりも長い時間まで見えます。逆に緯度が小さい沖縄などでは、観測できる時間は短くなります。

投稿日時 - 2010-09-08 19:40:30

ANo.3

日の出日の入りの2時間と書き込みにはありますが
実際 自分でその地域の日の出の時間とJAXAの公表しているISSを見ることができる時間を調べてみると
全然違う時間が発表されていました
(東京周辺ではつじつまが合うんだと思います かなり離れた地域で調べるとわかります)

私は それ以降調べていません
その時間見えていたのは飛行機でしょうか?

投稿日時 - 2010-09-06 11:19:26

ANo.2

国際宇宙ステーションなら、非常に明るいので出てくる時間と方向さえわかれば、誰でも肉眼で見ることができます。
見えるのは、日の出前日の入り後の2時間ほどです。真夜中は、国際宇宙ステーションが地球の影に入り太陽の光が当たらないため、見ることはできません。
肉眼では、明るい星がすーっと動くように見えます。

http://kibo.tksc.jaxa.jp/

簡単ではありませんが、アマチュアでも形を写真に撮ることもできます。

http://iss.jaxa.jp/iss/map/photo/2010/07/20100714_6359.html

他の衛星では、ハッブル宇宙望遠鏡、あじさい、TRMMなどが肉眼でも観測可能です。少し見えにくいですが。

http://star.gs/~sat/sat/jin_i.cgi

投稿日時 - 2010-09-02 07:59:28

ANo.1

 
http://kibo.tksc.jaxa.jp/
ISSの目視予想情報
地域別に見える時間、角度がわかりますよ
 

投稿日時 - 2010-09-01 22:43:36

あなたにオススメの質問