こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

尿管結石? それとも、静脈の石灰化?

尿管結石? それとも、静脈の石灰化?

約2年前に血尿がでたので、病院にいき、レントゲン(一般撮影)を撮ったら、尿管結石という診断を受けました。たしかに、レントゲンには尿管あたりに石のようなものが映っていました。あれから2年が経ち、特に血尿も痛みもなく平穏に暮らしていたのですが、石の状況が心配で再度病院に行きました。

以前担当していた先生は転勤?し、新しい先生がみてくれました。先生の指示でCTを撮ったところ、尿管には石はなく、その隣の静脈に石のようなものが映っていました。先生は、「以前の診断ではレントゲン(一般撮影)だったので詳細はわからなかったが、今回はCTを撮ったことで尿管には結石がないことがわかった。静脈の石灰化だね。何か足をけがしたことはない? この石灰化は健康には問題ないよ」といってくれました。

その時は納得したつもりですが、以下のとおり疑問がありますので、教えてください。

(1)そもそも以前、血尿がでたのは事実ですのでやっぱり結石ではないのかなと思うのですが。でも、2年前のレントゲン写真と今回のCT画像の石の位置はほとんど同じだったので、先生のいうとおりなのでしょうか?
(2)静脈の石灰化(そのように聞いたと思うのですが)とはどのようなものなのでしょうか。
(3)そして、それは、本当に健康に影響はないのでしょうか? たとえば、血管のつまりの原因になるとか・・・

以上3つの質問です。よろしくお願いします!

投稿日時 - 2010-08-25 23:21:01

QNo.6135739

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今回の医師の言うとおり、骨盤には静脈石といって、静脈に石灰沈着を起こすことがよくあります。なぜ起こるのかは分かりませんが、病的意義はないようです。そして、この静脈石は尿管結石と間違えられることが少なからずあります。尿管が通る近くに静脈石が起こる静脈が見られるからです。

1)昔のことは分かりません。2年前にCTがとってあれば比較することも出来るでしょうけど、今更どうしようもないことです。何を言っても、想像の域を出ません。
2)原因は不明ですが、静脈に石灰化を起こすものと言われています。骨盤の底の静脈によく見られます。
3)健康に影響はありません。静脈がそれで詰まったとしても、う回路を通りますから、大勢に影響はありません。

この件に関して言えば、今の担当医の言うとおり、「昔は分からないが、現在結石はない。静脈に石灰化があるが、健康に影響はない」でよいと思います。

投稿日時 - 2010-08-26 12:28:02

お礼

丁寧な説明ありがとうございます。

もしわかれば教えてください。静脈石は健康には影響ないとのことですが、今後、検診やドックなどで、状況を把握しておく必要はあるのでしょうか? 今後は気にしないでよいのでしょうか?

投稿日時 - 2010-08-26 19:06:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

(1)血尿がでた・・・云々は、分かりません。
(2)静脈の石灰化・・・カルシウムパラドックスです。カルシウムを食べ足りないと、骨から高濃度のカルシウムが抜け出して、体の柔らかい組織に沈着します。軟骨、関節、動脈、静脈、何処にでも沈着して結石を作ります。代表的なのが腎臓結石、尿管結石で七転八倒の苦しみが起きる。
http://www.lifesupprt.com/calcium/paradox.htm  カルシウムパラドックス

(3)本当に健康に影響はない? たとえば、血管のつまりの原因になるとか・・・このままでは、何れ害が起きるかもしれません。例えば、メンケベルグ型動脈硬化症。その他たくさんの疾患を生みます。骨粗鬆症、高血圧、
http://www.yobou.com/contents/rensai/indexes/r07_index.html  カルシウム不足と疾患
世界一のカルシウム学者と云われる 神戸大名誉教授の藤田拓男先生が解説しています。

カルシウム1000mg と マグネシウム500mg 程度を 毎日食べられることをお勧めします。

投稿日時 - 2010-08-27 11:19:54

お礼

ご回答ありがとうございます。

今後については、バランスのとれた食事を心がけることが大切ですね。

投稿日時 - 2010-08-27 13:25:12

ANo.4

追記します。

>静脈石は健康には影響ないとのことですが、今後、検診やドックなどで、状況を把握しておく必要はあるのでしょうか? 今後は気にしないでよいのでしょうか?

気にすることはないと思いますよ。
原因もはっきりしない、予防手段もない、静脈石があっても健康に影響はない、治療する必要はない。
そういうものをずっと経過観察をし続けても、質問者さんのメリットにならないですよね。

投稿日時 - 2010-08-26 20:20:00

ANo.2

病気を心配するよりもほかにやることがあるんでは。
それじゃ、なんで結石になったのか、石灰化になったのかでは。
それを教えてもらうべきでは。
そして予防法を実行するべきでは。

投稿日時 - 2010-08-26 07:51:22

ANo.1

1)誰にもわかりません
2)動脈の石灰化の間違いでしょう。
3)加齢現象の一つです。例えば、冠動脈に高度石灰化があるとその半数には高度動脈硬化性病変があります。

一般には動脈などの石灰化は腹部単純レントゲンでは淡く写るので、石と間違う事はあまりないと思います。ただし、結石でも、キサンチン、尿酸、シスチン結石は腹部レントゲンには写り難いので、これだけの情報ではなんともいえません。

投稿日時 - 2010-08-26 05:57:07

お礼

早々に回答りがとうございます。
動脈の石灰化なのですね。気になるのは高度動脈硬化性病変という、やばそうな病名。
危険なものなのですか?

投稿日時 - 2010-08-26 07:33:55

あなたにオススメの質問