こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

睡眠時の胸の圧迫感について質問です。

睡眠時の胸の圧迫感について質問です。
以下の症状から考えられる病気は何でしょうか?

私は20歳の女です。
昨晩、夜中(明け方?)に、夢を見ていたのですが
夢の中で突然胸に圧迫感を感じ目が覚めました。

(ちなみにその夢の中で胸を締め付けられているとかではなく、
全く関係のない夢だったはず)

目が覚めた後も少し圧迫感は消えませんでしたが
そのまま横になっているとすぐに収まりました。

痛いというよりも圧迫されて苦しい感じですが
我慢できないほどの激しいものではありませんでした。
息切れもありませんでしたが、
「心筋梗塞なのでは?」という不安で動悸を感じたような気がする
という程度です。

目が覚めたとき、仰向けで、頭が無理な体勢になっていた気がします。
このことから睡眠時無呼吸症も疑ったのですが・・・。

ちなみに、私は去年の9月ごろ
睡眠時ではないものの似たような胸の圧迫感が1週間ほど慢性的に続いたことがあり
循環器科を受診しましたが
問診のみで心電図など診てもらえないまま
「神経症」と診断されました。
そこで処方されたツムラの漢方薬を飲んで症状は治まりましたが
その後もたまにチクチクやズキンといった胸の違和感を一瞬感じることが
慢性的にあります。

昨晩の症状も「神経症」によるものでしょうか?

投稿日時 - 2010-08-07 18:45:28

QNo.6093502

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

> 昨晩、夜中(明け方?)に、・・・・・夢の中で突然胸に圧迫感を感じ目が覚めました。
目が覚めた後も少し圧迫感は消えませんでしたが、そのまま横になっているとすぐに収まりました。

明け方で低血糖気味になっていたのではないでしょうか? ストレスで、心臓の血管が縮んで狭心痛を引き起こすのは良くあることです。
横になっているとすぐに治ったというのは、時間の経過で、糖新生されて血糖値が上がり始めた、と想像します。
低血糖気味って、体にストレスが掛かっているときです。精神的ストレス、物理的ストレス、どちらにも同じストレス反応を示します。ストレスでアドレナリンやノルアドレナリンがたくさん分泌され、そのホルモンは血管を収縮させる働きがあります。これが動脈を収縮させて、狭心痛・頭痛の原因ともなるのですが、全てメンタルな病に組み込まれては堪ったものではありませんね。

> 昨晩の症状も「神経症」によるものでしょうか?

医者に言わせると、ストレスでそうなるものは全てメンタルな病、と表現しますが、物理的ストレスでも血圧が上がり、血糖値も上昇するのですが、それらを捉えて「神経症」とは言わないでしょう。
病気治療の場、医療現場でもストレスに対する誤認識は多いです。

低血糖気味になるのは、肥満・食生活の過ち(糖質過剰)・甘味料が好き・タンパク質不足・ビタミン類の不足・・・等々、原因はいろいろあります。

思い当たることがあれば、補足を下さい。・・・その時に一緒に考えましょう。

投稿日時 - 2010-08-07 19:47:19

補足

低血糖ですか・・・
低血圧とは違うのですよね?
生まれつき貧血気味で血圧も低めだと思うのですが
血糖値は計ったことがないので正確には分かりません。

ストレスは、確かに溜まっているのかなと思います。
学生ですが、バイトや学業のため夏休みをまともに取れないことや
過去の家族関係からくるトラウマや恋愛のことなど。
個人的にはストレスを感じるというよりも、
人一倍心配性だからな~という感じですが。


>低血糖気味になるのは、肥満・食生活の過ち(糖質過剰)・甘味料が好き・タンパク質不足・ビタミン類の不足・・・

痩せすぎと言われるような体型ですが、食事はまともに摂っています。
むしろ「細いのによくそんなに入るね」と言われるほどです。
朝食をとる習慣はなく、甘いものは確かに好きですが大好きというほどでもなく
ただ、飲み物は甘いものを飲むことが多いです。
ビタミンというと野菜でしょうか?野菜は主に夕食で食べるくらいです。

長くなってしまいましたが、参考になることはありますでしょうか?

投稿日時 - 2010-08-07 20:10:08

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

補足をありがとう。
1.> 生まれつき貧血気味で血圧も低めだと思うのですが
2.> ストレスは、確かに溜まっているのかなと思います。過去の家族関係からくるトラウマや恋愛のことなど。
3.> 朝食をとる習慣はなく、甘いものは確かに好きですが大好きというほどでもなく・・・ただ、飲み物は甘いものを飲むことが多いです。

低血糖であるかどうかは、5時間の糖負荷試験で検査しないと判りません。判らないのですが、1.と3.は低血糖症の方の特徴ですね。朝食抜きは、体にも脳にもストレスとなります。それに加えて、2.の補足は慢性的なストレスですね。
人は一つのストレスには耐え易いですが、幾つものストレスが重なると、心も体も負けるときが来ます。精神的なストレスは取り除き難いですが、甘いものはある種の体質の方には大きなストレスとなります。そうした食事により生み出されるストレスがあるとすれば、避けることが出来ます。甘いものを避けて、肉、玉子、魚、大豆製品を多めに食べると良いですよ。

また、女性に多い鉄欠乏性貧血があれば、それも体にとって大きなストレスです。
参考に鉄欠乏性貧血の症状と低血糖の症状を記しておきます。それらの症状が全く表れない方もいれば、ほんの2~3個の方もいます。

貧血症状
精神・神経症状として、眠れない・朝おきるのが辛い・苛々する、時としてヒステリックになる・神経過敏になる・不安で苦しい・欝っぽい。

身体症状として、肩凝りが酷い・腰痛やその他の関節痛に苦しむ・しょっちゅう頭痛がする・疲れて仕方ない・時々下痢する・便秘がちである・すぐに風邪を曳く・脚や腕にアザが出来やすい・冷え性である・眩暈、立ち眩みがする・膀胱炎に罹り易い・抜け毛が多い・口の周りの吹き出物が目立つ・皮膚がカサカサする。

低血糖症状
手足の冷え・呼吸が浅い・眼の奥が痛む・動悸がする・頻脈・狭心痛・手足の筋肉の痙攣・失神発作・月経前緊張症・手指の震え・締め付けられる頭痛や片頭痛・発汗(特に冷汗)・嘔吐感・顔面蒼白・体重減少・胸痛・便秘・立ち眩み・痙攣・目前暗黒感・日光が眩しい・甘いものが無性に食べたい・胃腸が弱い・口臭・溜息・生あくび・異常な疲労感・起床時の疲れ・意識障害・日中、特に昼食後の眠たさ・集中力の欠如・眩暈・ふらつき・物忘れが酷い・眼のかすみ、等。

参考URL:http://www.yaesu-clinic.jp/embarrasses/sugar_syndrome.html

投稿日時 - 2010-08-08 19:12:11

お礼

それらの症状に結構な数が当てはまっていました・・
頭痛、眩暈、眼の奥が痛む、などは特に気になっていたので・・・

きっと生活習慣全般の乱れのせいです。
まずは食事から気を遣っていきたいと思います。
もっと深刻にならないためにも。

ご親切な説明でとても参考になりました。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-09 20:20:15

ANo.2

胸を圧迫させる姿勢で寝た性です。それ以外に何にもありません。誰も一度や二度,体験するでは有りませんか?

投稿日時 - 2010-08-08 00:42:19

お礼

胸を圧迫されるような寝相って、うつ伏せに限らないみたいですね。
私も些細なことで気にしすぎなのかもしれません。

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-09 20:09:20

あなたにオススメの質問