こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

個人で事業を営んでいますが法人化を検討中、賃貸物件の契約について質問で

個人で事業を営んでいますが法人化を検討中、賃貸物件の契約について質問です。
現状では法人化で損をする可能性と得をする可能性、5分5分くらいの微妙な線です。
が、法人化することで顧客が増える可能性も高いと考えております。
法人化することによって収支がどれくらい変わるのか?細かいところまで計算した上で、法人化を進めたい(場合によっては見送る)と考えています。

現在は、1)店舗、2)自宅権事務所、の2件の物件を個人名義で賃貸契約しています。
(1は100%、2は事務所使用分を按分して経費計上しています。)
法人化するのであれば、この2件を法人名義で契約しなおしたいと思っていますが、それには何か手数料など費用が発生しますか?
数万円の手数料で済むのならいいんですが、家賃の1ヶ月分がかかるということになると、何せ2件分なので、ちょっと無視できない金額になります。
契約している不動産屋さんに直接聞くのが一番よいと思っていますが、その前に、同じような条件で個人から法人成りした方達の例をいくつか伺っておきたいと思いまして。
(周囲に同じような条件で法人成りした方が、全くいないもので・・・。)
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-08-06 14:22:52

QNo.6090959

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#2 補足です
・今迄も別にされてきたと思いますが
 銀行預金通帳;個人と事業(法人)の出入は峻別
・青色申告=記帳(何よりの証明)
 出金伝票・領収書;個人名の用途明確に
・税務署とは最初の取り決めが重要
 かつ取り決めは変更しない方が説得性あり
・取り決めた税務署員の役職と氏名確認記録
 日時・持参資料・天候・打ち合わせ議事録
 (署員は2年で交替します 自己保身の為に)

投稿日時 - 2010-08-06 16:35:55

お礼

細かい点までいろいろ補足いただいて、たいへん助かります。
特に税務署との取り決めについてのアドバイス、とてもためになりました。
しっかり細かい記録を撮ろうと思います。
どうもありがとうございました!

投稿日時 - 2010-08-07 16:06:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

目先の具体的案件は不動産契約の様ですが
金掛けて契約変更する前に 税務署に確認します
個人(法人代表)名であれ法人の経費となれば良いのでは
不動産屋さんで税務に間違いない方であれば良いのですが

店舗は明らかに事業所で認められたでしょうし
今迄も 自宅は事務所を兼ねて居られて
按分事業経費として認められて来たのでは?

個人が自己使用分と事業経費分として確定申告されてきた
是からの個人と法人(事業経費)の会計区分を
税務署に認めさせれば良いのでは?

不動産以外に個人名の入出費を法人に 算入される事あります

投稿日時 - 2010-08-06 15:08:50

お礼

こんにちは。
おっしゃる通り、今まで店舗はもちろんのこと、自宅権事務所の按分も認められてきました。
法人化後も税務署で認めてもらえば、個人名義の契約でも大丈夫なのですね。
他にも、固定電話や携帯電話、自動車など、いろいろあります。
個人名義で契約のものは、すべて法人契約に切りかえなくては・・・と思っていましたが、必ずしもそうではないのですね。
貴重なご意見、どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-06 16:02:41

ANo.1

不動産会社勤務です。

名義書き換え等の手続きが必要です。
その際の事務手数料は、会社や物件ごとに違いますが、最大でも賃料の1ヶ月分というところです。
少ない場合は5,250円とか、あるいはゼロ円というところもあると思います。
個人と法人では保険料も変わるかも知れません。

ご参考までに。

投稿日時 - 2010-08-06 14:44:32

お礼

こんにちは。
不動産会社や物件によって、手数料はまちまちなのですね。
物件所有者(大家さん)の意向も、物件によって違うのでしょうね。
火災保険料のことは考えていませんでした。こちらも確認しなくてはなりませんね。
不動産業界の方からのご回答、とても参考になりました。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-08-06 16:00:20

あなたにオススメの質問