こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

簿記2級工簿の等級別原価計算でわかわない箇所があります。

簿記2級工簿の等級別原価計算でわかわない箇所があります。

生産Data
製品x       製品y
400(0.5)      400(0.8)
2000        2600
2400 3000
-600(0.4) -500(0.8)
1800        2500

等価係数
直接材料費   製品x1:製品y0.7
加 工 費   製品x1:製品y0.6

原価データ
直接材料費  x238,800  y171,000
加 工 費  x141,020  y136,720
当月製造費用
直接材料費  2,292,000  加工費2,371,600

当月製造費用と期末仕掛品原価の算定法がわかりません。
評価方法は平均法。等級別計算は当月製造費用を等級製品に按分する方法(組別に近い方法)

投稿日時 - 2010-08-03 17:37:52

QNo.6084448

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは(^。^)

まず製品Xについてですが、

(1)直接材料費
 月初仕掛品 400 ¥238,880   完成品 1800
 当月投入分 2000 ¥1,200,000 月末仕掛品 600 

(2)加工費
 月初仕掛品 200 ¥141,020   完成品 1800
 当月投入分 1840 ¥1,288,000 月末仕掛品 240 

となります。

製品Yについては

(1)直接材料費
 月初仕掛品 400 ¥171,000   完成品 2500
 当月投入分 2600 ¥1,092,000 月末仕掛品 500  

(2)加工費
 月初仕掛品 320 ¥136,720   完成品 2500
 当月投入分 2580 ¥1,083,600 月末仕掛品 400

となります。

直接材料費の当月投入分は両方で2,292,000ですが、ここで等価係数を見ます。
製品X:製品Y=1:0.7ということなので、Xについては当月投入分2000で良いのですが、
Yについては2600×0.7=1820として計算します。
なので、2,292,000÷3820=@600という単価が出てきます。
ですから、製品Xの材料費は@600×2000、製品Yは@600×1820の値となります。(上の当月投入分の数字がそうです)

加工費についても考え方は同様です。
両方の合計で2,371,600、等価係数が1:0.6なので、Xについては1840、
Yについては2580×0.6=1548になります。
よって、2,371,600÷3388=@700という単価になります。
ですから、製品Xの加工費は@700×1840、製品Yは@700×1548の値となります。(上の当月投入分の数字がそうです)

月末仕掛品原価については平均法で計算するので
製品X
 材料費(238,800+1,200,000)÷2400=@599.5 
 @599.5×600=359,700
 加工費(141,020+1,288,000)÷2040=@700.5
 @700.5×240=168,120
 359,700+168,120=527,820

製品Y
 材料費(171,000+1,092,000)÷3000=@421 
 @421×500=210,500
 加工費(136,720+1,083,600)÷2900=@420.8
 @420.8×400=168,320
 210,500+168,320=378,820

という感じになるかと思います。
完成品分については貸借の差し引きで求めれば良いです。

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2010-08-06 22:06:36

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問