こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ズームレンズの使い方について。

ズームレンズの使い方について。

旅行先でスナップを撮るときなど、回りが気になって、構えてからさっさとシャッターを押してしまいます。
被写体の位置、適当にカメラを構えた位置からズームを回して、フレーミングをしています。

やはり焦点距離を大体決めてからカメラを構え移動し、ズームは微調整だけに使用した方が良いのでしょうか?
単眼であれば否応なく動きますが、ズームだと自分は動かないでズームで調整してしまいます。

何か、旅先のスナップを撮るに当たり、心構えでもあれば教えて下さい。
ちなみにレンズは24-105mmです。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-07-27 22:43:07

QNo.6069064

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

室内、逆光、日陰、木陰などで家族を撮影する時はストロボOFF・ON 2カット
は日中シンクロです。
http://cashari.net/take/scene_gyaku_1.htm
人物に露出を合わせると背景がオーバーになりぼやけます。
それが良いか悪いかは?

スローシンクロは夜景を潰さずに人物をストロボ撮影する時に利用します。
http://cweb.canon.jp/camera/flashwork/ettl2/slow/index.html
ついでにスローシンクロで後巻シンクロにすると
http://cweb.canon.jp/camera/flashwork/functions/curtain/index.html

たまには逆光で人物はシルエットも面白いかも知れません。
(写真を添付しました。)

いいカメラをお持ちですね。
参考サイトを紹介します。
http://cp.c-ij.com/ja/photoshooting/techniques/index.html
http://www.iwatephoto.com/lecture/lecture7.htm

回りを気にしながらも、時々はじっくりと考えながら撮影を楽しんで下さい。
EOS5Dと24-105mmならばその大きさで作品を撮っていると理解してくれる人は多いと思います。

こんな本もありますよ
http://www.aspect.co.jp/np/details.do?goods_id=679
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4056042217.html
もしかして
EOS 5D Mark IIならば
http://capacamera.net/mook/1860536700.html

投稿日時 - 2010-07-28 18:25:57

お礼

非常に参考になるサイトのご紹介ありがとうございます。
早速ブックマークに登録します。

>人物に露出を合わせると背景がオーバーになりぼやけます。
露出ロックはこういうときに使うのですね。

宝の持ち腐れと言われるので、機種は書きたくはなかったのです?お恥ずかしい。
機械に負けないよう、しっかり言い写真を撮ってきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 21:55:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

 基本的なことは、もう、回答が付いていますので、ちょっと考え方の事例だけ。
 前の回答の会話からすると、スナップって近くにいる人物と背景にある景色・建物等を両方撮るわけですよね。
 レンズから見える範囲は、カメラを頂点とする円錐形をイメージするとわかりやすいです。近くほど狭く、遠くに行くほど広くなる。
 背景と人物をどのようにレイアウトして、どのような大きさの比率にしたいのか?ちょっと意識してみてください。もし、人物を含む被写体を動かさないとすれば、必然的に自分の立ち位置と焦点距離の組み合わせは一つしかないはずなんです。計算上はね。

 と考えれば、自分が動かずに焦点距離だけズームで変えるなんてことにはならないはずなんですよね。本来は。
 感覚は、もう練習しかないです。景色を見た時に、被写体の人物をある距離で見た時に、どの焦点距離が必要かをまず考えて、その焦点距離に合わせてからファインダーを覗くようによると、少しは意識できるかしら。最初のうちは外れだらけでしょうが、外れを積み重ねるうちに、少しずつ当たりが増えていきますから。最初から大上段に振りかぶって写真が撮れなくなっては本末転倒ですから、外れだったら、ズームリングを回しちゃいましょう。でも、その結果どのくらいずれていたかの答え合わせはしておいてくださいね。そのうち、自分の立ち位置と焦点が大体読めるようになってきます。

投稿日時 - 2010-07-28 22:27:33

お礼

最初の一枚を、ちょっと考えて撮れればいいのでしょうね。

つい、保険で一枚あわてて撮ってしまいます。
撮ってしまうと子供は、恥ずかしいのか、めんどくさいのかすぐに目線をくれなくなったり、つまらない顔になってしまいます。
その点年寄りは何回でもモデルになってくれます。
結局二枚目以降はアルバムに使えないことが多くなります。
とりあえず、の写真だらけです。
こどもも小さい頃は、何処でもモデルになってくれ、何枚でもいろいろな表情の顔が撮れて楽しかったのですが。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 23:58:49

ANo.11

個人的には、shounikaサンの今の撮影スタンスでイイか?!と思いマス。私の銀塩時代は、「単焦点レンズで、そのレンズの画角をカラダが覚えるまで…」見たいなオシエ・言い伝え (^^ もアリ、実践したクチですが、今の時代に…???

ズームレンズで大いにラクしてタクサン写真を撮りましょう。24-105mmは「スナップ・風景に便利な画角」デスね。個人的には、フレーミングはソノ場まかせ。だだ、「フレームの外の状況・動き・広さ」を感じるように(シタつもり??で)シャッターを切ってマス。失敗連発デスが、結構楽しい (^^ヾ

言葉にスルとムツカシイ?のデスが、一瞬を写し取る写真には、「ソノ写真を見る人の似たような感覚・状況を喚起させル??」写真を撮れれば…と、思ってマス。

旅写真メインなら、今のシステムで充分!ご自分の写真に「疑問!」がアレば、オッサンの経験では、「画角35mm相当(個人的には嫌いな焦点距離デスが、一番使用したレンズ)の明るめの単焦点レンズ」1本で色々、タクサン撮ル!!!こと。だと思いマス。が、深く考えなくても「個人の好みは経験をつむたびに変わるモノ!」

shounikaサンの撮影スタイル・構図・視線も自然と変わっていきますヨ。今は、ご自分の「感性・タイミング」でシャッターを切る!!!で、イイと思いマス、よ。

写真は、記憶の断面。ソノ断面を撮影者がどう繋げるか?だと思いマス。ご自分の好きなフレーミングでタクサン撮った後に、shounikaサンがどう繋げて表現スルか???の問題デスね。

イイ写真を… 

投稿日時 - 2010-07-28 19:32:22

お礼

応援していただいてありがとうございます。

今回の旅行は、無精せずに立ったり、しゃがんだり、一歩前へを心がけいつもの写真に一味加わるよう、撮って見ます。
今から帰ってからのアルバム作りが楽しみになってきました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 22:13:03

ANo.9

そのレンズであれば私であれば単焦点の28mmと85mmをつかうほうが使い勝手もよくて焦点距離についてよく解るのですがわざわざ買うのも無駄ですから両端の24mmと105mmだけをつかって単焦点2本のレンズと考えて構図を考えてみればどうでしょうか、広角なら24mmしかつかわず、構図や微調整も足を使ってアングルを変えてみるとズームをする操作をしない分構図に集中できます、望遠側も105mmだけを使うのです


構図は3分割の構図はご存知ですか、画面を3分割した「井」形の線の交点に被写体を入れるのです
とりあえずこの交点の4箇所にいれて数枚撮れば日の丸写真以外の構図になり変化がつきます

投稿日時 - 2010-07-28 18:03:45

お礼

思い切ってこういう使い方をしてみるのもいいですね。

家族旅行ですので、時間はあります。
子供モデル、長老モデルが飽きない内に、この2カット撮りたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 21:47:02

ANo.8

5Dと24-105mmの組み合わせは普段使いにはとても便利なので私も多用しています。

望遠の圧縮効果や広角の遠近効果は理解されているものとしてお答えします。

まず、スナップで一番大切なことは、シャターチャンスです。
焦点距離云々など考えている暇がなければ、まず撮ることです。
その場合、多少広角気味の方が、後からトリミングもできるので無難ではあります。

また、多少の時間的余裕があれば、被写体をどのように切り取りたいかをイメージして、そのイメージに合う位置にまで移動して撮った方がいいでしょう。

時間的余裕があるにもかかわらず、その場から動かずにズームだけして撮るというのは、横着なだけかズームを理解していない初心者だけです。
ただの記録写真なら私も横着することはありますが(笑)


また、添付画像は一例ですが、普段からレンズを通さず肉眼で見ただけで、焦点距離に応じた画角が(肉眼で)見えるように訓練しておいた方がいいです。

投稿日時 - 2010-07-28 11:32:36

お礼

>多少広角気味の方が、後からトリミングもできるので無難ではあります。
納得です。しかし多用しそうで心配ですが。

みなさんのご回答を読んでいるうち、いかに横着しているかに気付きました。
旅行雑誌は好きで行く予定もないのに、写真を眺めています。(いつかのために)
良いなと思っても、何ミリでどんな位置から撮ったか分かりません。(広角か望遠くらいは分かりますが)

普段からシャドーレッスンが大事なんですね。
いつでも使えるのは両手ですので、うまく使って練習してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 16:27:47

ANo.7

 ツアーの場合、仲間に遅れると迷惑を掛けるので、余り写真だけに時間をとるわけには行かないという事情があります。したがって。どうしてもズームでフレーミングというのも止むを得ないかと思います。
でも、人間に最も自然なのは標準レンズの画角ともいいますから、40-50mm程度を中心にして、できる範囲で近づいたり遠ざかったりで決めたらと思います。
 その場合私は、他のメンバーよりちょっと前や横、しゃがんだり伸び上がったり後ろを見たりと、少し視覚を変えてみます。そこには思いもかけない構図があることがあります。その場合はズームかどうかは問題ではありません。
 撮影旅行ならば別ですが、観光旅行はとにかく行った事の記録と割り切って、細かなことは気にしないで撮るのが良いでしょう。
 特に海外旅行など、折角高い費用を出して写真の撮影ばかりしか思い出がないのは本末転倒です。まず景色を楽しむ、それに感動があったらその感動を見たとおりに撮る、これが旅の写真のコツだと思います。
 ちなみに私の場合、ツアーでは景色が主体なのでどちらかというと広角で広がりを出すことが多く、それに比べると望遠の出番は少ないという気がします。

投稿日時 - 2010-07-28 11:31:22

お礼

ズームの使い方が悪い、というより写真の撮り方がへたなんでしょうね。

日の丸構図も大得意ですし。
後で写真の整理の時に必ず後悔しています。

何か一つ、いつもと違う心掛けを持って撮れば良いんでしょうが?
50mm一本だけ持って行く根性はないし。

ああ、後で見て、思い出深いいい写真が撮りたいデス。
ありがとうございました

投稿日時 - 2010-07-28 16:02:57

ANo.6

ファインダーを覗く前に頭の中でどのような写真にしたいかを考えて思った写真になるようにズームするようにしましょう、
覗いてからズームを前後するようではどのように撮りたいか解っていないからです

ズームであろうが、撮影する時は一つの焦点のレンズで撮っているのですから頭の中でどれぐらいの焦点距離のレンズでとれば思っている写真になるかを解るようにならないと使いこなせません、ズームレンズは焦点距離が無限にあるのですから、短焦点の代表的な24、28、35、50、85、105、を使いこなすだけの技量がいることになります

構図はズームしても画面の大小は変りますがアングルは変りません、カメラマン自身が前後だけでなく上下左右に動かないと同じ構図ばかりになりますよ


被写体を同じ大きさになるように24mmでは近づいて、105mmでは離れて撮るとどのような違いがあるか理解していますか、人物であれば24mmで近づいて撮られると表情がかわります、105であれば自然ぽくなりますこのあたりも理解しましょう

投稿日時 - 2010-07-28 11:21:26

お礼

全くその通りで、いつも覗いてからズームしています。

カメラマンと被写体の距離感が重要なんですね。
各焦点距離のイメージをもう少し頭にたたき込まないと行けませんね。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 15:49:10

旅先でのスナップなら同じ位置でズーミングだけで構図を決める方は多いのですが、広角・標準・中望遠を1本でこなす24-105mmなら、それぞれの焦点距離で描写が変わります。
広角側は、手前の物はより大きく、遠くの物はより小さく遠近感が強調され、ピントの合う範囲が広くなります。
望遠側では逆に、手前の物と遠くの物が重なる様に写り(105mmではそんなに極端ではありません)、ピントの合う範囲も狭くなります。

人物を入れて記念写真風に撮影される場合、人物(主題となる花や物でも同じです)に近づき、広角側で撮影すると、背景が広い範囲で写ります。
同じ絞りでも、ピントの合う範囲が広いので、背景までピントが合いやすくなります。

これを望遠側でやると、背景がボケてしまい、どこで撮影したのか分からなくなることがあります。

24mm・30mm・50mm・80mm・105mm程度の写る範囲・大きさを把握しておけば、撮影する時に、
「ここから、撮影する時に〇〇mm位で背景はどの程度まで写る」
と言うのが分かってきますので、カメラを構える前にレンズの焦点距離を前もってセットし、撮影がスムーズにできるようになります。

投稿日時 - 2010-07-28 11:09:25

お礼

ありがとうございます。
いつも同じ距離からズームで撮っていないで、少し動いてみないと分かりませんね。

分かってはいるんですが、
とりあえず一枚、とシャッターを押した後はみんなバラバラです。
早くしてーなどと言われると、ついやってしまいます。

むずかしんもんですね。

投稿日時 - 2010-07-28 15:44:25

ANo.4

便利なズームレンズを使うのですから、「自分は動かないでズームで調整」でよいと思います。スナップなら尚更そう思います。
もし現状で何か不満点に悩んでいるのなら、それを捕捉説明された方が具体的な回答がつきやすいかもしれませんね。

ズームの使い分けということで、私なりにあえて言うと・・
目的の被写体を同じ大きさで画面に収めるとして、近づいて広角側で撮るのと遠くから望遠側で撮るのでは、背景の写る範囲やボケ具合、距離感が変わりますから、背景を広く写し込みたい場合は広角で、背景と被写体との距離を圧縮して背景をぼかしたいなら望遠側で、といった感じに使い分けてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2010-07-28 03:08:57

お礼

ありがとうございます。

アルバム作りをしていても、以前のようなわくわく感が有りません。
デジタルで何枚も撮るのでそうなってしまうのかも知れません。

ズームのせいというより、フレーミングのせいなんでしょうか?
もしかして同じような、好きな構図ばかり選んでプリントしているせいかも知れません。
メリハリが全然有りません。

ズームレンズの多用のためとばかり思っていましたが、?
広角と、望遠の2カットは必ず撮るようにしてみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-28 08:35:53

ANo.3

被写体と撮影者の距離は経験ちゃ経験ですけど、視覚でその絵がみえてるわけですから、
その視覚の中の絵をどう切り取るかですので、そんな難しい経験値ではないです。
大体の絵をつかんでカメラを構え、ファインダーに映る映像を意識の上では、
そのファインダで見える絵を額に入れるイメージで、頭の中で3歩ほどその絵から離れてみるような意識で
その絵を客観的に見、
ファインダ内の絵の四隅まで意識できるようにして、全体の構図を確認すると上達は早いです。
バック液晶で見ながら撮る場合、それはより容易です。

旅行地では2度3度と来るわけにはいかないので、同じような絵でも縦フレーム・横フレームの2ショット押さえとくと、家に帰った後になって写真選ぶとき後悔は少ないです。

投稿日時 - 2010-07-28 02:09:35

お礼

再度のご回答ありがとうございます。
これからは、一呼吸置いてからシャッターを押すように心がけて見ます。

そういえば最近横位置でしか撮っていないことに気付きました。
基本なんでしょうが、とても参考になります。

投稿日時 - 2010-07-28 08:24:25

ANo.2

一眼レフですね。
24mmと105mmではかなり違う絵が撮れます。
フィルム一眼レフでの撮影例ですが
http://photozou.jp/photo/list/138850/367874
広角で遠近感を強調
http://cp.c-ij.com/ja/photoshooting/techniques/howtophotograph/howtophotograph07.html

旅先で背景をぼかす絵が必要かわかりませんが望遠の方が背景をぼかしやすくなります。
http://cp.c-ij.com/ja/photoshooting/techniques/howtophotograph/howtophotograph08.html

時間やスペースに余裕があったら
同じ風景でも広角で近くで、望遠で離れてと複数撮影しても良いと思います。

ついでに
室内、逆光、日陰、木陰などで家族を撮影する時はストロボOFF・ON 2カット撮るようにしています。

人物は何故か全身を正面からの記念写真を撮ってしまします。
旅行の為にコーディネートした服装だから女性は全身撮らないと満足してもらえないと聞いた事がありますが。
何枚かは腰から上、胸から上や横顔、と風景なども撮るようにしています。

投稿日時 - 2010-07-28 00:10:10

お礼

ありがとうございました。
御紹介のページを見ると、改めて見ると今回がんばって何カットか撮ってみようと思います。
>室内、逆光、日陰、木陰などで家族を撮影する時はストロボOFF・ON 2カット撮るようにしています。
これは必ず実行します。

ちなみに日中シンクロとかの方が良いのでしょうか?
スローシンクロは、必ずぶれてしまうため最近はプログラムオンリーです。

カメラはイオス5D、ストロボはキャノンです。
今回の旅行が楽しみになりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-07-28 08:19:54

ANo.1

固定焦点のレンズでは見えてる視界のなかで一定の大きさの穴から覗き込むように頭の中で視界の中から焦点距離にあった枠を想像し体を移動し絵を決める。
単純には受光素子の大きさ。35mmフルサイズならばスライドフレームから覗き、105mmでの画角は眼球から大体105mmそのフレームを離し覗いた視界と大体一致する。

ズームレンズの場合は、みえてる位置から切り取る範囲を拡大/狭めた絵を選ぶ。といいう作業になる。

遠近感やパースのかかりはレンズによっておこるのでなく、被写体と撮影者の距離によるので、
被写体と撮影者の距離を決め(被写体の写り方パースのかかりかた)。ズームで画角を選び切り取ったほうが楽で、遠近感を含めた構図を自分の意志で得やすい。

投稿日時 - 2010-07-27 22:57:50

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
>35mmフルサイズならばスライドフレームから覗き、105mmでの画角は眼球から大体105mmそのフレームを離し覗いた視界と大体一致する。
とっても役に立ちそうです。

被写体と撮影者の距離の決め方は、やはり経験なんでしょうか?
あまり考えて撮ったことが有りませんので、なにかとっかかりになる様な基本など有りますか?

投稿日時 - 2010-07-27 23:14:33

あなたにオススメの質問