こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

スペイン語の質問です。Wカップ優勝後の例の予言タコに関するイニエスタ選

スペイン語の質問です。Wカップ優勝後の例の予言タコに関するイニエスタ選手の発言が、二通りに訳されていたような気がします。タコを「祠りたい」というものと「胴上げしたい」というものです。実際のイニエスタ選手の発言ではどういう言葉・単語が使われていたのでしょうか。また、それに対するより適切な訳は上記のどちらなのでしょうか。ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。

投稿日時 - 2010-07-16 00:34:26

QNo.6041557

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

このビデオはマドリッドでの優勝パレードの会場での挨拶シーンですね。
イニエスタは冒頭 Gracias al Pulpo hemos sido Campeones"と言って挨拶を始めています。「タコのおかげでチャンピオンになれました。(優勝出来ました)」です。タコのPaulとしたのはマスコミだと思います。

Gracias a ~のお陰で=Thanks to

投稿日時 - 2010-07-16 06:10:41

お礼

お礼遅くなり失礼いたしました。ありがとうございます。祀るでも胴上げでもない、感謝の言葉だったのですね。なぜそんなに意訳したのか、逆に気になってきました…

投稿日時 - 2010-07-20 23:20:01

ANo.1

このスピーチの最初の「Gracias al pulpo Paul hemos sido campeones」ですかね。そのまま訳すと「ありがとうタコのポール、私たちはチャンピオンになれました。」というような意味です。「まつりたい」や「胴上げしたい」は「Gracias」を意訳したものに該当するとおもいますので、どちらが適切という風にはいえないとおもいます。

※音がいきなりでるので気をつけてください↓

参考URL:http://www.youtube.com/watch?v=63nlRM-Pt3c&NR=1

投稿日時 - 2010-07-16 01:41:25

お礼

お礼遅くなり失礼いたしました。ありがとうございます。かなりの意訳だったのですね…。そんなに脚色しなくても?と思ってしまいました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-20 23:16:32

あなたにオススメの質問