こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なんだこれは?って思った電車や路線ってありますか。

なんだこれは?って思った電車や路線ってありますか。
(電車に興味ない人にとっては意味不明な文章ですみません)

私はのんびりしたローカル線の旅が好きです。
旅先で「なんだこの電車?」って思ったことが何回かあります。

◆そのうちの一つは
秩父鉄道の急行「秩父路号」です。
急行料金を徴収するのに電車がお粗末です。
トイレもないし、デッキもなくて
なんか通勤電車の座席をボックスシートみたいにしただけでした。

急行料金を徴収するなら、それなりに設備の良い電車を走らせて欲しいと感じました。

◆もう一つは大井川鉄道の電車です。
南海や京阪とか都会で活躍してた電車を当時の姿(塗装)に近い感じで走らせています。
懐かしいとは思いましたが、正面に「金谷ー千頭」って書いた
かなり大きなサイズの札を付けています。

大井川鉄道は金谷と千頭を往復してるだけですし、新金谷行きの電車も
「金谷ー千頭」という札をつけて走ってました。
こういう状態だったら
大きなサイズの行き先札をつける意味がないのではと思いました。
窓の内側から小さく表示するだけでも充分かと感じました。
近鉄吉野特急の中古車は行き先札が工夫されていて好感が持てますが。

昔の南海や京阪の電車が好きな人もあの行き先札は目障りなのでは?
「懐かしい」って印象も半減しそうです。
(もっとも私のような外野が口出しするのは野暮だとも思いますが)

「なんだ、この電車は?」って思ったことありますか?

簡単な疑問や感想でもけっこうですよ。

投稿日時 - 2010-07-14 05:33:00

QNo.6037005

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

和田岬線ですかね。
今は電化されてしまって面白くないですが昔はDD13が
座席のほとんどない客車を引いてました。
なるほどザ・ワールド(古!)にも紹介されたことがあります。
ドアは手で開け閉めするタイプでしたので通勤時は
途上国の鉄道のように箱乗りしている人もいました。
(正確にはそれをする人は決まっており最後に乗るのが
しきたりのようでした)
雨に日はなんと傘をさしていました。

趣旨を離れますが他にこんなのもありますよ(添付画像)

参考URL:http://www.youtube.com/watch?v=6aKtFgCfXJY

投稿日時 - 2010-07-14 19:40:59

補足

全部ベストアンサーにしたいんですが
動画まで添えてくださったってことを基準に決めさせていただきました。

みなさん、お答えありがとうございます。

投稿日時 - 2010-07-14 22:53:22

お礼

動画、見ました、いいですね!懐かしいです。
機関車がプッシュプルですね。

それにしてもあの客車、
今も走ってたらヒンシュクでしょうね。
車内が客車っていうより荷物車か大型有蓋車みたいですね。

>今は電化されてしまって面白くないですが昔はDD13が
>座席のほとんどない客車を引いてました。

入れ替え用のDD13が旅客を牽くってのも珍しい存在でしたね。

投稿日時 - 2010-07-14 22:50:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

おばあちゃんの家が和歌山線の沿線にあり、家から列車が走っているのが見えるのですが、この前行ったときにおばあちゃんが「最近派手な電車が走るようになったな~。またどこかのお古が回ってきたんやな」と言ってましたが、それはまほろば線の遷都1300年祭用のラッピング電車でした。

また、塗装費削減?で和歌山は青緑色に設定され最近ポツポツと走り出しましたが、これも「次は阪和線のお古がやってきたな」と。

JR西よ、これは失敗じゃないのか?

投稿日時 - 2010-07-14 15:29:21

お礼

>JR西よ、これは失敗じゃないのか?

JR西の失敗作っていうかなんというか・・・・。
山陰のキハ121・126とかいうの
不細工に感じるは私だけでしょうか?

新型車両もそれなりに好きですが、
キハ121・126はお世辞にもかっこいいとはいえないと思います。

あとJR西ってヘンテコな改造車が多いですよね。
それはそれで面白いですが。

播但線のキハ41とか、
福知山線の正面ペチャンコスタイルの電車とか。

>おばあちゃんの家が和歌山線の沿線にあり

和歌山にも正面がペチャンコの電車走ってますね。
あと千代田線のお古もあったような気がします。

投稿日時 - 2010-07-14 22:44:24

ANo.5

始めて北海道に行った時、釧路駅で見たキハ08は「なんじゃこりゃ~!」と絶叫するほどインパクトがありました。今ほど情報が流れていない時代で、予備知識なしで実物を見たもんですからね。乗ってみれば床下から聞こえる音はまぎれもなくディーゼルカーですが、車内は旧型客車そのものでしたし。今だって「加悦SL広場」で見るとゲテモノ感満載ですもん。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%89%84%E3%82%AD%E3%83%8F08%E7%B3%BB%E6%B0%97%E5%8B%95%E8%BB%8A

別の意味で「なんなんだ」と思ったのは「東急5000系(通称青ガエル)」。大昔東急東横線でこの電車が現役だったころ、夏休みに東急某駅で駅員のバイトをしたんですが、朝ラッシュ時にこの電車が来ると、外から引っ張らないとドアが開かないんですよ。片開きでドアエンジンの力が弱いだけでなく、ドアの裾が丸まっていて、その丸い部分を車内の人が踏むためにドアが動かなくなるんですね。特に雨の月曜日の朝にこいつが来ると、冗談抜きに渋谷側の先頭車は、外から引っ張ってもどうやってもドアが開きませんでした。あれって、終点の渋谷駅ではどうしていたんでしょうね? ちなみに今でも渋谷のハチ公前に実車の一部があります。踏みつけそうなドア裾の丸みは確認可能ですよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E6%80%A55000%E7%B3%BB%E9%9B%BB%E8%BB%8A_(%E5%88%9D%E4%BB%A3)

投稿日時 - 2010-07-14 14:44:52

お礼

キハ08の現役時代を見たってすごいですね。
私は加悦SL広場で見ました。

>「東急5000系(通称青ガエル)」。
>朝ラッシュ時にこの電車が来ると、
>外から引っ張らないとドアが開かないんですよ。

こういうことって当時あったのですね。
今となってはユニークな思い出話ですね。

京王井の頭線で通ってた人から聞いた話があります。
1900形などの旧形車グループなんですが、
「朝のラッシュ時、超満員で内側からの圧力でドアがあかないことがある」
とかいう話を聞いた記憶がありますよ。

投稿日時 - 2010-07-14 22:31:07

ANo.4

 2002年まで名鉄で走っていた「いもむし」こと3400系。自分が学生時代に使っていた路線で使用されていましたが、当時でも50年ほど使われていた車両。それがローカル線とはいえ付近に学校がある路線に使われたんですから、登校ピーク時の満員ではもうぎりぎりという感じ。ある時など「人の圧力に負けて自動扉が開かない」というのまでありました。

投稿日時 - 2010-07-14 11:11:16

お礼

>「いもむし」こと3400系。

これもインパクト強い流線型の電車でしたね。

>ある時など「人の圧力に負けて自動扉が開かない」
>というのまでありました

そういえば旧型の電車の場合、満員のとき、内側からの圧力で
ドアがあかないってことあったらしいですね。

投稿日時 - 2010-07-14 13:22:09

ANo.3

◆えちぜん鉄道 6001・6101型電車

愛知環状鉄道のお古ですが、1,500V の車両を大きな改造もせずに 600Vで走らせているので、のろのろとしか走りません。
人並み (?) に加速するのは、せいぜい 20km/h ぐらいまでで、50km/h、60km/h を出そうと思ったら、ハァーハァーゼーゼー体調を崩したマラソン選手のようです。

もともとは 375V のモーターを 4個直列にして 1,500V。
これを 1個抜いて 600V、つまりモーター 1個あたり 200Vです。
375V のモーターに 200V しかかからないのですから、まともに走れるわけありません。
おかげで前身の京福電鉄時代より表定速度は下がりました。

これではこんな田舎で、とてもマイカーと競合できるわけありません。
民間企業ならとっくに倒産しています。
というか、廃業した民間企業の後釜なのですが、第三セクターゆえに儲からなかったら税金で補填すればよいという経営感覚なのでしょう。

投稿日時 - 2010-07-14 08:19:15

補足

和田岬線のヘンテコ列車?
ネットで調べてみました。

ディーゼルカーはキクハ35、
客車はオハフ64っていうそうです。
オハフ64の車内の画像を見たら唖然とすると思います!

投稿日時 - 2010-07-14 09:02:47

お礼

写真付きの回答ありがとうございます^^

>ハァーハァーゼーゼー体調を崩したマラソン選手のようです。
見た目は近代的(っていうかそっけないスタイル)ですね。

ハァーハァーゼーゼーの列車乗ったことありますよ~。
和田岬線がまだディーゼルカーだった頃そうでした。

駅と駅の間でエンストしたみたいな感じになって
エンジンをふかしても、なかなか動きませんでした。
またドアも片側がふさいであって
粗末な改造をされたようなディーゼルカーでした。

あと同じく和田岬線が機関車列車だったころ、
ヘンテコな茶色の客車がつながってました。
本来のイスが全部撤去されてて、
代わりに簡易の10人分くらいしか座れないイスが片側に設置されてるだけの
粗末な客車でした。
でも、そういうのも今となっては貴重ですね。

投稿日時 - 2010-07-14 08:54:36

どうも趣旨とは違うようですが、伊賀鉄道の忍者列車

http://www.google.co.jp/images?hl=ja&rlz=1T4GGLL_jaJP381JP381&q=%E5%BF%8D%E8%80%85%E5%88%97%E8%BB%8A&um=1&ie=UTF-8&source=univ&ei=J-g8TKy6KNSvcIXNwN4C&sa=X&oi=image_result_group&ct=title&resnum=1&ved=0CBIQsAQwAA



私はその手のギャップを楽しむ方の人間なので、、、、
一番、ひどい目にあったのは親不知トンネル内で
特急白鳥で5時間くらい閉じ込められたくらいですし。
(構造上窓も開かない、暖房はつきっぱなし、水分補給もできず)

投稿日時 - 2010-07-14 07:30:00

お礼

>どうも趣旨とは違うようですが、

趣旨と違っててもぜんぜんOKですよ^^

>伊賀鉄道の忍者列車

写真見ました♪
この手のラッピング電車近年多いですよね。

>(構造上窓も開かない、暖房はつきっぱなし、水分補給もできず)

これも「なんだ この電車って言いたくなりますよねぇ。

投稿日時 - 2010-07-14 07:38:04

関東鉄道
  取手駅から下妻駅に行く時に
    取手駅からは水海道駅で乗り換え
    水海道駅から下妻駅となっていました。
    
    電車の行先表示「水海道行」に乗り、水海道で降りました
    が、下妻行が見当たりません、そうすると先ほどの水海道行の電車が下妻方向に
    走りだしました、初めは車庫にでもと思いましたが、時間が過ぎているのに
    下妻行が来ないので駅員に聞くと、時刻通り発車しました
    そうなんです、先ほどの水海道行が下妻行になって発車していたのです。
    次の下妻行まで1時間以上待たされました。   
    駅員はこの路線は取手からは水海道が終点でそのまま水海道が始発駅となって
    下妻行になることもあるという説明でしたが、案内にはそのことはふれられて
    いませんし時刻表にもそのようなことは全く書かれていません
    尚、ローカルの1両の車両なので切り離しての運転でもありません。
    ひどい目にあいました。

    

  

投稿日時 - 2010-07-14 06:48:48

お礼

それは大変でしたね。

私が乗ったときは、
車体の行き先表示のことにLED表示で
「水海道行き」「水海道で乗り換え、下妻行き」って表示が
5秒おきくらいに交互にでてたような記憶があります。

関東鉄道は昭和時代「動く博物館」って
雑多なディーゼルカーが走ってました。

投稿日時 - 2010-07-14 07:04:57

あなたにオススメの質問