こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。

生命保険、医療保険のことでお聞きしたく、投稿しました。
現在夫婦ともに未だ保険に入っていません。
主人23歳、私27歳、子供二人(1歳、0歳)の四人家族です。
子供二人は県民共済に加入しております。
いい加減、夫婦の保険を真剣に考えないとと思い、色々調べたのですが、
たくさんありすぎて、わからなくなってしまいました。
皆さまのアドバイスを頂けたらと思います。

主人はまだ若いので、保険料もだいぶ安いのですが、
まずお聞きしたいのですが、医療保険って定期と終身(60歳払い込み)、
どちらがいいのでしょうか?
若いから終身にした方が保険料が上がることもないし、いいのでは?と思う一方、
60歳払い込みだと約40年後の事。
これから、その時代にあった保険が出てくるからむやみに終身にしない方がいいのかな?
定期にしてその都度、見直しした方がいいのでは?と思うのですが・・・
考えれば考えるほど、わからなくなってきてしまって・・・

先日、第一生命の方に主人の生命保険のプランを出して頂いたのですが。
順風人生っていうやつだったかな。
15年更新のもので。月々13000円ほど。
三大疾病にかかったら以後の保険料は頂きません!っていうのがついていたり、
更に三大疾病になったら、年間何十万っていうお金が最長5年間受け取れるらしいですが。
それが「売り」なのか、すごく勧められました。
あと、他の保険会社は手術給付金対応の手術が88種類くらいなのに対し、
第一生命は1000種類以上だから!ということ。
「他の保険会社に加入して、いざ保険の申請すると給付金がもらえなかったってよく聞きますよ!」って
言われました。
やはり保険を加入する際には、そういう所も大事ですよね・・・
あ~ますます、わからない・・・

あと、がん保険について。
がん保険は医療保険の特約としてもつけることができますよね?
別々で加入した方がいいのか、特約で十分なのか?

主人は「俺は今まで入院したこともないし、怪我すらない!ガンにもならん!!」って言い張って、
保険のこと、真剣に考えてくれなくて(泣)
なぜそんなこと言い切れるのか・・・
いざ、病気したら迷惑かかるの私たち家族なんですけど~(汗)

医療保険の事ばかり聞いてしましましたが、
子供二人もいるとなると、生命保険のことも考えないといけないですよね!!
どこかオススメのものってありますか?

以前保険テラスで相談したことがあって、その時はアリコの「ドル建て」のものを
すごく勧められました。
他の医療保険は値段だけだして、ドル建ての話を延々と・・・
月々の掛け金も大きし、ドル建はなんか不安で。

長々を書いてしまいましたが、お時間のある方アドバイスください。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-07-08 15:31:58

QNo.6024132

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。

保険って難しいですよね((+_+))

私は仕事で必要で自己流ですが保険を勉強しました。

その時の知識が少しでも役立てば幸いです。

まず保険の内容ですが、おおまかに6つだけ挙げます。

1、終身保険
2、定期保険
3、定期付終身保険
4、養老保険
5、医療保険
6、がん保険

この6つの保障内容は、
1、終身保険
→死亡・高度障害保障が終身まで(死ぬまで)続く
2、定期保険
→死亡・高度障害保障が期間の定めがあるまで(10年とか15年とか)続く
3、定期付終身保険
→上記1と2の合体した保険
4、養老保険
→死亡・高度障害保障が保険の定めがあるまで(10年とか15年とか)続く
5、医療保険
→入院・治療時の保障が終身まで(死ぬまで)続く
6、がん保険
→がんの場合の死亡・入院・治療時の保障が終身まで(死ぬまで)続く

更に1~4の特性は、
1、終身保険
→解約返戻金がある積立型保険
→解約返戻金がある分、月々の保険料が高くなる。
*終身保険の場合は必ず死亡保険金を支払うことになるため、保険会社は支払うべき保険料を
積み立てて確保する。その積み立てたお金の一部が解約返戻金となる。
2、定期保険
→解約返戻金がない掛け捨て保険
→解約返戻金がない分、月々の保険料は安い。
*満期型、更新型とあるが、保険期間を短期で設定することで保険料を安くしている。
3、定期付終身保険
→上記1と2の合体した保険
4、養老保険
→満期日に保障金額と同額の保険金が支払われる積立型保険
→貯蓄性の高い保険なので月々の保険料は高くなる。
*満期には満期金を受け取って保障が終了する。死亡保障と貯蓄の両方を兼ね備えた保険。

で!(*^_^*)難しい話が続いた所で簡単な話をします!

3、定期付終身保険はお勧めしません。

順風○○とやらもこのタイプになると思いますが、
終身保険と定期保険を合わせたこのタイプの保険の問題点は
まず保険期間中に終身だけにしたい、定期だけにしたいと分割する事ができませんので
のちのち保険を見直す時に全て解約になる可能性もある。

また良~く保険の設計図を見て確認してもらいたいのですが、
終身保険部分が極端に少なく設定されていることがあります。

死んだら3000万支払われると書いてあっても、終身保険部分は100万円・定期保険部分が2900万円と
なっていることがあります。

つまり死ぬまで続く保障は100万だけ。

2900万円は期間が定められている定期保険なので15年後、20年後には保障が切れてしまいます。
その時にまた定期保険の更新を勧められますが、更新時の年齢で支払保険料が計算されるので
月々の保険料がはね上がります。

若い=死亡率が低い=保険会社が支払う保険金が少ない=月々の保険料が安い

年齢が高い=死亡率が高い=保険会社が支払う保険金が多い=月々の保険料が高い

23歳で保険に加入すると保険料は安い!
が!20年後に定期保険の更新がきた時には43歳!43歳で再度定期保険に加入することになるので
保険料がはねあがる訳です。

私の考えですが、定期保険、終身保険、医療保険、がん保険、全て別々に加入することをお勧めします。

定期保険は、子供達が成人するまでとか期間を決めて保障額を手厚くしておく。
多少保障額を高めに設定しても、掛け捨て保険なので月々の保険料は安めです。
老後にはそんなに多い保障はいらないと思うので、子供が小さくて働き盛りの期間の保障と
考えた方がいいと思います。


終身保険は、自分達の老後を見据えて保障額を考える。
いま終身保険の保障額を高く設定して高い保険料を払うよりも
本当に老後に必要なのは現金です。地道な貯蓄も必要になります。
それも加味して月々払える保険料を出して考えてみて下さい。
もし終身保険を増やしたい時には、その時に別途加入してもいいですしね。


医療保険・がん保険に関して言えば、さまざまな会社がいろんなタイプの保険を出しているので
一概になんとも言えませんが、掛け捨てで死亡保障がないタイプなら多少年齢が上がっても
保険料は安めです。もちろん払込み期間にもよりますが、旦那様が社会保険に入っているのなら
社会保険での保障も(高額医療費制度など)ありますので、そんなに高いタイプは必要ないかなと私は思います。

また定期付終身保険には特約が沢山付いているので保険料も高めになりがちですが、
医療保険は非常にシンプルなので保険料は安めかと思います。
特約特約っていいますが、「ただ」ではありませんからね(*_*)

本当に自分に必要な医療保険やがん保険を選ぶことが大事ですよ。

長くなりましたが、くれぐれも保険は別々で加入するのがお勧めです。あと、現金貯蓄も忘れずに!

投稿日時 - 2010-07-08 18:26:28

お礼

お返事遅くなりまして申し訳ございませんでした。
すごく丁寧なご説明ありがとうございます!!
やはり保険は別々に入った方がよさそうですね!!

しかし、あれから第一生命の方から何度も電話が・・・
「ご検討されましたでしょうか?」、「旦那様とはもうお話されてますか?」など。
成約とるのに必死ですね(汗)

頂いだアドバイスを参考に、保険をしっかり選んでいきたいと思います!
ありがとうございました!!!

投稿日時 - 2010-07-13 09:39:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問