こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新幹線の技術とは電車とは違うのですか?

「扇大臣、訪中し新幹線受注働きかけへ」
というニュースを見ました。
「北京と上海を結ぶ 中国の高速鉄道計画をめぐって、扇国土交通大臣は、 国会閉会後の 来月初旬にも中国を訪れ、 中国政府に対して 日本の新幹線の 発注を働きかける意向を 示しました。」
ドイツ、フランスはリニアモーターカーを発注させようとしているそうです。

新幹線はスピードがはやい電車ではないのですか?そして新幹線は外国にはないのですか?

投稿日時 - 2003-07-15 22:01:39

QNo.602315

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

Q/新幹線はスピードがはやい電車ではないのですか?

A/これは、違いますね。新幹線はどの国にもない特殊な車両技術をベースにした車両です。まあ、既に解答があるようにTGV及びAGV(仏)やICE(独)、ETR4x0とETR500(伊)などの新幹線と同等の速度で走行する車両はありますけどね。

この車両技術は、地震大国である日本に最適化されており、さらに狭い国内事情にもあわせた物です。
特にエンジン駆動部を分散し、動力を分散することで車両の振動衝撃を低減する技術を持つのはこの車両ぐらいで、日本は島国で下の岩盤が弱く、起伏が激しい地形であるため、速度だけではなく、いくつか他の国にはない特殊な処理が施されています。これら全てから新幹線は他国の高速旅客とは別物と取る見方も多い。台湾で新幹線方式がヨーロッパ方式と争い勝利したのは、台湾も地震が多いからという点があったため。
ちなみに、今でも停車2駅間平均最高速度(261.8Km/h-JR-West,広島-博多間,500系車両)のギネス記録を持ちます。

ついでに言えば、新幹線の実験車両最高速はSTR21の452km/h(世界第2位)ですね。(参考としてTGVは515.3km/hという1990年5月の記録が世界最速)

重要なのは、ここから速いだけならたぶんリニアを使うでしょうが、日本の新幹線は他にない実績がある。
他国にはないハイテクダイヤ管理システムまで採用し、以前新幹線の運転手の居眠りで車両が緊急停止したというのがありましたが、ほとんどのシステム制御が列車自動停止装置(ATS)と列車自動制御装置(ATC)で管理され、運転手が制御するのは安全確認及び、ブレーキシステム管理程度となっているのが特徴。

ちなみに、ダイヤがこれほど正確で一時間に数本以上の過密ダイヤで走行している高速車両は世界にはありません。また、これだけのダイヤ過密でありながら世界で最も安全な水準の乗り物でもあるのも特徴。

中国政府がリニアと新幹線を競わせているのは、先進的なリニアという高速旅客技術と既に完成された新幹線という安全性評価の高い技術の双方の利点を見た上でのこと。また、台湾では新幹線方式を採用したということもあり、新幹線方式を検討している。


ちなみに、TGVの事故は過去2~3回。ICEは一回の大事故で100人以上の死者を出したことがある。高速旅客は速度を出すため、一度事故が起こると飛行機と同じように大惨事になることが既に実証されており、慎重な調査が必要なのです。また、コストの面もありますからね。リニアは実験線以外の運転で実用化されているのが1カ所だけのはずで未知数、また現在実用化されているリニアはかなり揺れるらしい上にコストが鉄軌道より大幅に高いため、懸念材料らしいという話。現在ドイツとフランスもICEとTGVの技術ベースの車両も視野に入れて商談中とか・・・
http://www.daruma.org/news/9809/980910.htm
http://www.kenf.or.jp/annualreview/derailment1.html


新しい技術をベースにするヨーロッパと着実に基礎を築き、信頼性という武器を持つ日本の車両でまあ、葛藤しているというところですね。両方をうまい形で取り入れることができればそれが一番なのでしょうけどね。

投稿日時 - 2003-07-16 09:18:03

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

tnt

新幹線という名前は日本独自のものですが、
似た高速列車は海外にもあります。
ただ、海外の場合、ゲージ(レールの幅)が
在来線と同じなので、日本と違って
相互乗り入れをしていて、境目がハッキリしないので、
わかりにくいだけです。

さて、

新幹線の一番の特徴は、速い電車であることですが、
そのためにいろいろな技術が使われています。

モーター、そして、電気ブレーキの為の分散動力といった
点もありますが、それよりも、
蛇行しにくい台車の設計に苦労しています。
電車はレールに沿って走りますが、
どうしても、速度が上がるとタイヤが左右に
振動してしまうのです。
で、これを防ぐために、いろいろと知恵が計られています。

参考URL:http://www.rtri.or.jp/infoce/getsurei/1997/Getsu06/g101_6.html

投稿日時 - 2003-07-16 23:06:40

補足

ありがとうございます。新幹線は速い電車なのですか。

投稿日時 - 2003-07-19 11:10:05

ANo.4

>新幹線はスピードがはやい電車ではないのですか?

ハイ、そのとおりです。
新幹線の生い立ちを簡単に振り返ってみましょう。
戦後の復興もままならない昭和20年代末期、関東関西の大手私鉄に、新性能電車が出現しました。国鉄では昭和32年、モハ90型(のちに称号改正で101系)通勤電車が中央線にデビュー、翌33年には、東京大阪間を6時間50分で結ぶ電車特急「こだま」(151系)が走ります。日帰りを可能にし、ビジネス特急とも呼ばれました。またこのころ、北陸線や東北線、鹿児島線などで交流電化が始まります。
逼迫した東海道線の輸送力を抜本的に改善するため、レール幅の広い別線が計画されます。車両はモハ90やこだま型の技術に、交流電化の実績を加えたものとして、昭和39年に東海道新幹線が開通しました。以来およそ40年、ゼロ系から100系、300系、500系、700系と新幹線車両も進化してきましたが、基本的な技術は在来線も同じように進化してきています。
つまり、新幹線の車両技術は在来線の車両の延長線上にあり、「スピードがはやい電車」といことができます。

新架線が在来線と大きく違うことは、ほかの鉄道や道路と一切平面交差をしないということです。また、貨物列車が走らないことも特徴の一つです。踏切がない専用軌道だからこそ、あのような高速、高密度の運転ができるのです。

>そして新幹線は外国にはないのですか?

海外のことはあまり詳しくはないのですが、TGVやICEは在来線の改良と一部区間の新線を組み合わせたようなもので、完全な専用軌道ではなかったと思います。

投稿日時 - 2003-07-16 21:23:31

ANo.2

>そして新幹線は外国にはないのですか?

 フランスに世界的に有名なTGVという新幹線が
あります。
Train(トラン)<電車>a Grand(グラン)<とっても>Vitesse(ビテス)<速い>の頭文字で、
「とっても速い電車」という名前の電車です。
フランス国内はもとよりドーバー海峡の海底トンネル
を通過し、イギリスまで延びています。

 名前忘れましたが、同じタイプの高速列車が
イタリアにもあります。

>新幹線はスピードがはやい電車ではないのですか?

 このフランスのTGVですが、営業速度は日本の
新幹線と同じ時速300kmほどですが、
1980年代に出した最高速度で時速526km
だったかな?
 当時日本では、時速500kmを超える速度は
鉄の車輪を使った現在の方式の電車では無理だ。
だからリニアモターカーが必要なんだという
報道がされていましたから、一部ではリニアモターカー
の開発はいったい何なんだという議論になりました。
 そこでJRが方々が発表したのは、新幹線も
実はもっと速く走れるが、そうすると、騒音が
増えるので狭い日本ではそれができないというもの。
騒音の原因は、走行時の乱れた空気の流れから
発生する音によるもので、これが本当ならリニア
でも同じはず・・・

>ドイツ、フランスはリニアモーターカーを発注させようとしているそうです。

 日本のリニアモーターカーは、今世界的に
非常に遅れています。
 
 日本のリニアモーターカー開発が始まったのは、
ドイツとほぼ同時期の1960年代初めで、
実験用に実際にリニアモーターカー1号を完成
させたのは日本でした。
 ところが日本がその第1号を作るために
実験を重ねていた3,4年の間、ドイツは
全く実験をやらず、ドイツじゅうから物理や
電気、数学の専門家が集まり、最も理想的な
次世代の乗り物について議論していたのです。

 日本がリニアモーターカーの実験ラインを
作っていたときには、ドイツは基礎実験を
地道に繰り返していました。

 そして、これでいけると最終的な形が決まって
からドイツは試作と共に、実用化のための準備を
進め、1980年代にはほぼ完成し、高速ライン
ばかりでなく、都心の急カーブまで曲がること
を想定したリニアを完成させました。

(このころ日本のリニアモーターカーの
構造では大きなカーブを曲がることができず、
直線でスピードを出すことばかりやっていました。)

 このころまでに日本は幾つか違うタイプの
リニアの試作品を作りましたがうまく行かず、
1980年代の終わりころ、ドイツのリニアモーター
カーの構造をまねしました。しかし、形ばかり
まねしたので、動作に問題が多く、ついに
実験走行中に大規模な火災事故を起こして
しまいます。
 事故で実験ラインや試作機に大きな被害が出て
実験計画が大幅に遅れた上、1990年代に入り
バブル経済が崩壊したため、実験や実用化のための
資金繰りが付かなくなり、実用化までの
計画はさらに遅れ、惨憺たる状態です。

さらにアメリカには方式の違う、マグレブという
新方式の鉄道があります。

> 中国政府に対して 日本の新幹線の 発注を働きかける意向を 示しました。

 中国大陸はだだっ広いです。まさに高速鉄道
リニアモーターカーの活躍の場でしょう。
 新幹線は買ってもらえないと思います。

投稿日時 - 2003-07-16 00:42:08

ANo.1

新幹線ほど速い速度で運航するようになると、普通の電車とは違う乗り物と考える位、差があると思います。
モーターの出力も大きいだろうし、車両や線路も高速に耐えられるように工夫がいるでしょう。
また。ATCやCTCと言った制御システムも、専用の物が必要です。
ドイツやフランスなど外国には、JRの新幹線とは、違うシステムの高速鉄道が存在します。

投稿日時 - 2003-07-15 22:17:03

あなたにオススメの質問