こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

取引先の担当に困っています。

取引先の担当に困っています。

今年の4月に入社してきた新人の女性と、取引先の担当者との関係が全くうまくいっておらず困っています。
私や上司の依頼は引き受けてもらえるが、後輩の依頼だけが断られる。
今までは可能だった取引が、後輩のときのみ断られる。
口頭で依頼した後、書類に不備が見つかっため、そのまま放置され取引が流れてしまう。
私たちには公表されていない内部資料をもとに、専門用語を駆使した難解な言葉で商品の説明をされる。
などなど、トラブルが後を絶ちません。

特別私や上司が、無理難題を押し付け、担当者を困らせたわけではありませんので、腹いせではないと思います。

後輩とはいえ、私は担当が違うため、充分にフォローできない状況です。
上司も、担当者が上司だけにはいい顔をするため、注意をするタイミングを迷っている様子です。

私もかつて彼女と同じ業務をしていたこともあり、担当者がいかに理不尽なことを言っているのか手に取るようにわかります。

担当者に一言言ってやりたい気分です。
どういう対処が一番丸く収まるのでしょうか?
担当を外れた私が口を出すべきではないのかもしれませんが、後輩が困っている姿を見るといてもたってもいられません。

投稿日時 - 2010-06-30 22:06:39

QNo.6006714

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No1です。
こちらがお客さんなんですか。勘違いしました。

こちらがお客さんなら強気に出て、取引を辞めてしまえばよいだけでは。
他に代替できないものであれば別ですが。

別の業者と競合させればよいでしょう。
クレームを入れることもできるでしょうし。上司を通じて強力に申し入れすることも可能ですよね。

なんとでもしようがあると思いますけどね。

投稿日時 - 2010-06-30 23:08:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

>私もかつて彼女と同じ業務をしていたこともあり、担当者がいかに理不尽なことを言っているのか手に取るようにわかります。

って、ことはその業者は新人に対する対応が良くないってことですよね。
そんな協力業者の担当に新人をつけることが間違いです。

新人には比較的問題が起こりにくい、こちらの間違いなどにも気がついて的確な注意をしてくれるような協力業者の担当をさせて、徐々に仕事に慣らしながら知識をつけさせるべきです。

いきなり難関な協力業者の担当にさせるのが間違いです。

協力業者の中には話がスムーズに行かないことを嫌い、新人などが担当になるのを嫌うところも有ります。
この協力業者は新人が担当するのに向いているかどうかを仕分けするのも上司の仕事です。

投稿日時 - 2010-07-01 10:16:24

ANo.6

あなたは勘違いされておりますが
個人と個人のお付き合いではないはずです
会社と会社の業務上のお付き合いのはずです
そのつながりである業務に支障があるのでしたら
直接上司に報告して指示を仰ぐのが組織のルールではないのでしょうか?

で、あなたの場合はその業務に関係していないのですから
余計な事以外のナニモノでもありません
それが会社組織というものです

投稿日時 - 2010-06-30 23:54:20

ANo.5

No2回答者です。
こちら側の事情(社員教育の方針)で、知識と経験の不足している後輩を独り立ちさせようとしているのであって、相手方の担当者はは後輩が独り立ちできるようになるまでは相手にしたくないという気持ちが働いていると思われます。後輩が早く業務に習熟することが望まれますが、それまで後輩は上司や先輩の補助者として相手方の担当者と接するいようにしながら、相手方の担当者は上司か先輩と折衝するような体制をとることにしては如何でしょうか。

投稿日時 - 2010-06-30 23:37:48

ANo.4

>どういう対処が一番丸く収まるのでしょうか?


単純に、担当を変われば良いのでは?
いい取引先もいるでしょうし、悪い取引先だっているでしょう。
この取引先だけにこだわる必要は無いのではないでしょうか?
実際に業務に支障が出ているのであれば、その後輩の担当を変えてあげるのが良いのでは?

業務に支障が出ても(取引が滞っても)問題が無い程度の相手だったら、そこまでこだわる必要は無いでしょうし。
人にもよりますが、最初からキツイ取引先にぶつかると辞めちゃうかもしれませんよ。

投稿日時 - 2010-06-30 23:27:14

ANo.2

新入社員(後輩)に対する組織としてのフォローが不足していると思われます。取引先の担当者も個人プレーをしている節が見られますが、だからと言って、こちら側も個人プレーに任せて置くのは不適切です。今の段階では、後輩は窓口に過ぎず、トラブルが発生したら上司が後始末をつけるのが上司の役割です。後輩は未熟ですから、ミスや理解不足があるのは避けられません。その内、後輩は上司の後始末の付け方を見習って、ミスや理解不足を克服するでしょう。入社して3か月目の後輩に、いきなり上司や先輩と同じように仕事をさせること自体、無理があります。OJTで実務に習熟させるのは良いことですが、フォローがないと効果が出ません。しっかりフォローして立派な社員に育てましょう。

投稿日時 - 2010-06-30 22:23:03

お礼

上司の指導方針は、実践第一です。
私も上司も、できる限りのフォローはしています。
ですが、いちいち私たちが介在していたら、後輩の成長の妨げになってしまいます。

後輩には、ホウレンソウを徹底させ、後輩の手に負えなくなった時には全て私たちで対応してきました。
ところが、担当者の私たちに対する言動と後輩に対と言動とで明らかに違いすぎるため、全く事態が良い方向へ転がりません。
業界では普通に行われていることを堂々と断り、そのくせ私たちが口を挟むと手のひらを返したように頭を下げてきます。
どのようなフォローが効果的なのでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-30 22:38:52

ANo.1

理不尽でもお客さんなんですよね。
ならば、対等ではないのです。

なぜ後輩がつらくあたられているかの原因を探してあげてはどうでしょうか。
取引先担当者に何気なく、何か困っていることありませんか?
後輩が不慣れなもので迷惑かけていませんか?
とか様子を探るところからでしょう。

まちがっても相手を打ち負かすようなことは意味がないです。それは理解しておられると思いますが。

投稿日時 - 2010-06-30 22:19:38

お礼

お客は私たちです。
ですので、それこそ対等と考えられると困ります。

後輩の知識不足や経験不足は否めません。私や上司で、できる限りのフォローはしています。が、限界があります。
逆に、私たちが担当者へのフォローを考えるべきなのでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-30 22:29:25

あなたにオススメの質問