こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

童謡"夕焼け小焼け”の小焼けとはどういう状態なのでしょうか?広辞苑と大

童謡"夕焼け小焼け”の小焼けとはどういう状態なのでしょうか?広辞苑と大辞泉どちらにも載っていないのですが?

投稿日時 - 2010-06-29 16:22:15

QNo.6003865

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私が昔おじいちゃんに聞いた話です(あくまでおじいちゃんの説で何の根拠もありません)。

夕焼けというのは太陽が西の空に沈むときに空が赤くなるのを夕焼けと言います。

太陽が沈んで10~15分するともう一回空が赤くなります。これが「小焼け」と言うらしいです。

その小焼けのときにならなければカラスはやってこなくて、夕焼けのときに行ってもカラスは1羽もいないと。

しかし、小焼けになったときに行くとカラスがワッと集まってくるから、「カラスと一緒に帰りましょ♪」なんだ、と言ってましたよ。

ご参考までに♪

投稿日時 - 2010-06-29 16:41:04

お礼

ありがとうございます。からすとの関連もよくわかりました。友人と二重奏の練習をしてるんですが気になったのでお尋ねしました。

投稿日時 - 2010-06-30 07:43:23

このQ&Aは役に立ちましたか?

31人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

いくつか説があるようですが、
1夕日が沈んだ後にもう一度赤くなること。
2夕焼けが時間と共にだんだん薄れること。
3詩情的な表現で、大きなものと小さなものの対。
先の方のご意見は2に該当しますね。

投稿日時 - 2010-06-29 17:04:20

お礼

ありがとうございました。私は1かな?と思っていたのですが・・・・

投稿日時 - 2010-06-30 07:48:30

ANo.2

夕日が沈んで暗くなった後に、もう一度夕焼けみたいに赤く光る現象を「小焼け」と言います。
「小焼け」というのは、日没後に地平線の向こうに沈んだ太陽が、頭上に浮かぶ雲を下側から照らして赤く光らせているさまを指しているのではないかと言われています。

投稿日時 - 2010-06-29 17:01:26

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2010-06-30 07:46:18

あなたにオススメの質問