こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Illustrator CS5にてeps画像を配置すると、CMYK値が

Illustrator CS5にてeps画像を配置すると、CMYK値が変わってしまいます。

お知恵を貸していただきたいのですが、
Photoshop CS5で作成した画像を、epsで保存した後Illustrator CS5にて配置をすると、画像のCMYK値が変わってしまいます。

例えばPSで、C20Y15Y15K100で塗った画像をepsで保存し、Illustratorにて配置すると上記のカラーがC92.97 M87.97 Y89.02 K80とむちゃくちゃな値に変わってしまいます。

黒だけでなく、他のカラーでもほぼ同様に数値が変わってしまいました。PSDを配置してみても上と同じような結果となりました。

カラー設定はBridgeにて全て同期し、設定は「一般用 - 日本2」を使用しています。eps保存時は全てチェックは外して、TIFF(8bit)/JPG最高画質で保存をしています。

対処法をご存じの方がいらっしゃればご享受お願いします。

投稿日時 - 2010-06-29 13:56:07

QNo.6003583

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

遅レスですが、ご参考までに

・画像をリンク配置してスポイドで色をひろうととんでもない数値になります。プレビューの数値を拾っているのでまず意図しない数値になるようです。PSDも同じなのが腑に落ちないのですが、そういう仕様みたいです。ただし、画像自体の数値が変わっている訳ではありませんので出力・印刷に影響はありません。

・EPS保存の際に、エンコーディングをJPEG圧縮にするとデータは軽くなりますが、写真などだと分かりにくいですが、ベタなどで数値が変わってしまうことがあります。(1~2%別の色がはいったりします。)一度EPS保存でエンコーディングをJPEG圧縮にすると通常のJPEGと同様、再保存するたび画像劣化します。容量などの制限がないのであれば、ASCIIかバイナリにすると回避できます。
(昔はRIPのせいでバイナリ運用が当たり前でしたが・・・データが大きいのでやり取りが大変でした)

回避策ですが、画像を開いて使ったようですので、埋め込みされたことになると思います。
リンク配置の画像から色を拾うのは現状無理っぽいので、画像を開いて色を拾うか埋め込みにしないと正確な数値を拾えないと思います。
今回は数値が変わらなかったようですが、EPSでエンコーディング:JPEG圧縮の画像ですと上記のように数値が微妙に変わることがあるので、基本PSDやTIFFなどの画像で運用した方がいいのでは。
ただ、印刷先などがNGとなっている場合などは、最終的に埋め込みにするなどして対処するのがいいかなと思います。

最近は、PCのスペックがよくなったり、IllustratorやInDesignもPSDをサポートしているのであえてEPSにする必要はないかな~とも思います。(画面表示は早いですが・・・)

以上、ご参考にしていただけると幸いです。

投稿日時 - 2010-07-09 16:01:38

お礼

非常に参考になりました!ありがとうございます。

確かに正しくスポイトで色が取れても、なぜか0.1%色がずれていたりしたことがあったのですが、そういう事だったのですが。今後は印刷先とも相談してどのような形で画像を扱うか決めたいと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-07-10 14:22:21

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

保存したepsを再度Photoshopで開いてみて下さいな
Illustratorで配置したときと同じようにカラーの値変わっていませんか
詳しい事は忘れちゃいましたが変わるんです
K100は絶対そうならない
ベタ塗りの画像はIllustratorで作った方がいいです

投稿日時 - 2010-07-07 17:40:54

お礼

ありがとうございます。
その後色々試してみたのですが、配置ではなく、開く、で.epsファイルを開くとCMYK値がかわらなかったので、とりあえず今回はそれで回避しました。

投稿日時 - 2010-07-07 18:15:14

あなたにオススメの質問