こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

バイブルは日本語で「聖書」ですが、この「聖書」の「聖」という言葉はどの

バイブルは日本語で「聖書」ですが、この「聖書」の「聖」という言葉はどのように選ばれたのですか?

バイブル自体はレバノンの「本」を意味するビブロスという町が語源になっているようですが。

どのような経緯で日本で「聖」の文字が、バイブルに充てられるようになったのか教えてください!

投稿日時 - 2010-06-12 18:25:05

QNo.5963624

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

漢語としての聖と言う文字の原意は知りませんが、頻出語「聖とした」「聖別した」、神道のお清めのイメージと結びついてるようですが、他と切り離した、区別した、という天主さまの強い意思を表した動詞に「聖」をあてたということです。すると、「聖」書は、天主さまの意思の表れの書ということでしょう。

投稿日時 - 2010-06-13 07:04:55

お礼

回答、ありがとうございます!
お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

神の言葉であるから、「聖」なる書物、ということなんですね!

ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-06-16 19:11:41

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

以下、私の独自研究です。

『聖』はひじりと読み、本来は仙人とか万物に精通した人という意味です。
微妙に神でないところがミソです。

それでバイブルを『神書』と和訳してしまうと、『神』という言葉を用いる事自体が明治時代(大日本帝国時代)にはいろいろ問題があったのでジェームス・ヘボンが『聖書』にしたのです。アーメン!

投稿日時 - 2010-06-12 19:28:40

お礼

ご回答、ありがとうございました。

「聖」の文字は「神」そものもを指すわけではないのですね。

ジェームス・ヘボンさんに興味を持ちました。いろいろ調べてみます!

投稿日時 - 2010-06-16 19:25:26

あなたにオススメの質問