こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

エクセルにおいての関数について質問させていただきます。

エクセルにおいての関数について質問させていただきます。

添付画像上で例えば、1~10の間(赤枠内)の行には、どれだけ1(青枠内)の数が存在するかを別のセルに反映させたいのですが、お勧めの関数をご教授願えませんでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-03 00:58:21

QNo.5941032

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答No3です。
規則的に60行が1グループとして入力されていれば先の回答を工夫しても良いのですが、多数のグループがある場合には次のような式がよいでしょう。
例えばA列ではA700セルの間に数値があり、A列で10から40までのうちで、D列からF列に有る1の数を数えるのでしたら、

=SUMPRODUCT((A$1:A$700>=10)*(A$1:A$700<=40)*(D$1:F$700=1))

投稿日時 - 2010-06-04 07:30:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

A1からA600の間に1や2や3が記入してある,それが1から10までの数字が記入された行で,EFG列に記入されている1の個数を数える

=SUMPRODUCT((1<=A1:A600)*(A1:A600<=10)*(E1:G600=1))

投稿日時 - 2010-06-03 23:20:20

ANo.3

図がよく見えないのでこちらで仮定して答えます。
例えばA列に1から連続した数値が並べられているとします。
また、DからFの列には1を含めて数値がいくつか入力されているとします。
そこでA列で1から10までの行でD列からF列の範囲にある1の数は次のような式で計算できます。

=COUNTIF(INDEX(D:F,MATCH(1,A:A,0),1):INDEX(D:F,MATCH(10,A:A,0),3),1)

MATCH関数の中の1を5に10を15に変えることでA列で5から15の間でDからF列の範囲にある1の数を数えることができますね。

投稿日時 - 2010-06-03 06:30:00

補足

大変申し訳ありませんが、肝心な説明が抜けてしまっていたので追記させて下さい。

例えばAの列に1から60まで連続した数値があるわけですが、実はそのすぐ下にまた10サイクルほど1から60までの数値を繰り返し、その10サイクル中から、1から10の間だの30~40の間にはどれだけ、数値がカウントできるかということなのですが、このような操作は可能でしょうか?

投稿日時 - 2010-06-03 19:49:58

お礼

大変ご丁寧な説明をしていただきありがとうございます。
あともう一歩で、目的が叶いそうです。

投稿日時 - 2010-06-03 19:51:48

ANo.2

1しかないなら、難しいことは考えずにsumで良いんじゃない?

投稿日時 - 2010-06-03 02:05:22

補足

sumで済ませたいのですが、条件範囲設定場所が途切れ途切れであるために使うことができないのです。

投稿日時 - 2010-06-03 19:55:36

ANo.1

COUNTIF

投稿日時 - 2010-06-03 01:13:02

補足

COUNTIFを使ってやるのは大体予測はついていたのですが、その後の設定の仕方を教えていただけないでしょうか?

投稿日時 - 2010-06-03 01:56:54

あなたにオススメの質問