こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

借入金の仕訳について教えて下さい。

借入金の仕訳について教えて下さい。
社長からの借入金なのですが
社長が個人で100万借りて、会社がそれを借りている場合なのですが
例えば
100万借りて2万の利息を引かれて98万入金、会社に入金するのは98万
社長に返済する時には100万といった場合、
2万の利息は計上して良いものなのでしょうか。
あくまで社長から借りたのは98万で、2万は社長からの借入残高のものを
返したという考え方をした方が良いのでしょうか。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-30 12:45:03

QNo.5932301

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

社長から借りた際の利息は社長の個人的な支出であり会社とは関係ありません。ご質問の場合、あくまで会社は社長から入金した98万円を借りただけです。
経営者には会社の資本充実義務がありますから、経営者からの借入金に対して必ずしも利息を支払う必要はありません。利息を支払う場合には、具体的にその取締役との間に金銭消費貸借契約を交わして市場金利程度の妥当な利率を取り決めて支払うのでなければ、費用として認められない可能性があります。
そのような手続きを踏んでいないのなら、98万円は社長借入金の返済で、2万円は社長に対する賞与とされる可能性が高いでしょう。

投稿日時 - 2010-05-30 12:53:48

補足

回答有難うこざいます。
2万円は社長に対する賞与とされる可能性が高いという事なのですが
社長からの借入残高が100万以上あるのですが
借入時
現金 98万 / 短期借入金 98万
返済時
短期借入金 100万 / 現金 100万
としても賞与という問題は発生するのでしょうか。
それとも利息を計上している場合にのみ
賞与という問題は発生するのでしょうか。
すいません、ほとんど素人なものですから。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-30 13:22:07

お礼

回答ありがとうございました。
補足の件は、回答をもう一度よく読み返してみると
利息を支払う場合には、という風に書いて頂いている事に
気がつきました。

投稿日時 - 2010-05-30 15:31:41

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問