こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ダイハツ軽トラハイゼットS81P(平成2年車)を最近手に入れレストアご

ダイハツ軽トラハイゼットS81P(平成2年車)を最近手に入れレストアごっこしています。
エンジンはEB60型550ccでポイント点火の旧型です。エンジンがかからないので点火系を
疑っています。先輩に聞いたところ過去日産L型エンジンではポイント点火式から純正品のセミトラ
CDIがポン付けできた。と聞きました。 ダイハツでも上位エンジンのCDI、セミトラのポン付けが
できないのか? と思いますが、情報をお持ちの方おられましたらご教示下さい。
”古い車は捨てろ”とか言わないで下さいネ。かわいいヤツ(車)なので。

投稿日時 - 2010-05-26 12:48:14

QNo.5922981

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

17人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No2です。火は飛んでいるのですか、弱いとのこと、赤く細いのでしょうかね?
ポイント式は地道にせめていくのがいいのではないでしょうかね、ポイントの荒れやギャップにも影響されますから、あとはコイル2次側の抵抗が基準値内かどうかやクランキング速度にも影響されますよ。
ダイハツではないのですが、昔にディーラーの技術課に居まして整備工場さんから依頼があれば整備解説書の必要ページをよくFAXで送ったものです。
詳細な整備上の数値(コイルの抵抗値)などはそれなりの車両情報があればディーラーでFAXくらいはしてくれないでしょうかね、私だったら対応はしていましたね。一度試してみてもいいのではありませんか?

投稿日時 - 2010-05-28 21:38:04

補足

ありがとうございます。2次側の抵抗値ですね。ディーラーに尋ねてみます。S81Pの部品(樹脂パーツ)を頼みに行った時、昭和時代のデータベースが古くて候補が複数出て一か八かの手配でした。紙の整備書は一切残っていないらしいです。めんどくさがられるでしょうが、地道に人脈構築して情報を集めます。

投稿日時 - 2010-05-29 21:21:49

ANo.3

20年前の車ですからキャブ仕様と思うのですが、長期間放置されていた場合キャブの燃料
流路をガソリンがガム状になって塞ぎ、エンジンがかからないという事も起こりえます。
点火系という根拠は何でしょうか?プラグをヘッドから外してプラグコードに挿し直し・接地
電極を金属面が露出しているヘッドカバーやブロックに付けて火花が飛んでいるかも確認
されてみて下さい。

投稿日時 - 2010-05-26 20:35:26

ANo.2

ポン付け情報は持っていないのですが、プラグに火が飛ばないのでしょうかね、せっかくの「レストアごっこ」ですからポイント式のままで原因を探っていくのも面白いですし、というより勉強になると思われるのですがいかがでしょうか?
IG・ONでポイントに12Vは来ていますか?手動でポイントの開閉はやってみましたか?コイルからの火は確認しましたか?コイルに12Vは来ていますか?などなど・・・・この過程が面白いのですよ。
いろんなサイトや本などで調べるのもいいでしょうし勉強になりますよ。ご参考まで。

投稿日時 - 2010-05-26 20:28:13

ANo.1

メカニックを23年間やってた者です。
貴方のメカニックとしてのスキルをお教えください。話はそれからです。

投稿日時 - 2010-05-26 13:23:05

補足

私は素人です。ガソリンタンクを外し古ガソリンを抜いて綺麗にしたつもりです。燃料ポンプまではガソリンはきていました。キャブまでには届いています。プラグを外してスパークを見ましたが一応点火はしていますが、火が非常に弱い。プラグはかぶり気味(黒く)です。インターネット(これが先生)で調べて順を追ってやっていますが(確かにこれが楽しい)会社の先輩から”ポン付け”情報を聞いたのでそちらに興味が移ってしまったのです。もちろん純正での整備が先かとは思っています。

投稿日時 - 2010-05-27 08:50:04

あなたにオススメの質問