こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

windowsの圧縮・解凍機能について

windowsの圧縮・解凍機能について

winにもとから入っている昨日の「圧縮」「解凍」の機能ですが
※フォルダから新規でzipファイルを作成し、データをドロップする機能。
これは、+Lhacaとどう違いますか?
普通仕事で使用する程度ではwinに入っているもので問題ないですか?

と、いうのも
画像10枚(計6メガ)ほどの、画像を一回のメールで送信しようと
したとき、圧縮したら、その圧縮データも6メガと表示されました。

メール送信であまり負荷をかけたくないのですが、
これって、意味あるのでしょうか?
3回に分けて、1回2メガとかで送ったほうがいいのでしょうか?

※データ一括送信宅ファイル等は無視した場合でのご解答よろしくおねがいします。

投稿日時 - 2010-05-18 15:56:02

QNo.5903891

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No1さんが書いたように BMP以外の一般的な画像形式(JPG,PNG,GIF)はすでに圧縮されている為ファイル容量を小さくするという意味での圧縮効果はあまりありません。

ただしZIPなどは圧縮だけじゃなくてひとまとめの書庫ファイルにするという意味もあります。
複数のファイルやフォルダを一つにまとめる機能としてはJPGなどの複数の画像をZIP化する意味はあります。

最近は回線速度の向上から、添付ファイルの送受信時の時間的負荷は低減されてますけどそれでもメールサーバーでの容量制限などもある為、一般には1MBを超えるファイルを送信したい場合あらかじめ相手に送っても良いかどうか確認を取る事をおすすめします。

+Lhacaによって生成されるZIPファイルもWin標準の圧縮で生成されるZIPと変わるモノではありません。
+Lhacaの場合は他にLZH(LHarc)というファイルの生成や解凍もできます。LZHは国産のアーカイバー(圧縮書庫)ソフトで、以前国内での圧縮ファイルのやり取りでは標準的なファイル形式として認知されていましたが、WindowsがZIPを標準として組み込んだ事もあり最近では見かけることが少なくなってきました。互換性や認知度というのは大切なので特殊な事情がない限り標準のZIPを使用すべきと考えます。

大きなファイルを相手に送信する方法として、サーバーへの一時的なアップロードをお奨めします。
私は ファイルポスト( http://file-post.net/ )というサイトサービスをよく利用します。
ここの「ファイル送信」を使えば、250MBまでのファイルを一時的に保存してくれます。
相手先にはダウンロード用のアドレスとパスワードを送信します。
こういったサービスを利用する場合、全てをZIPでワンパック化してダウンロード作業が1度で済むようにするとこちらも、相手も作業負担軽減になります。

投稿日時 - 2010-05-18 18:21:39

お礼

ご回答ありがとうございます。
+Lhacaって、もう、昔の存在なんですね。

>WindowsがZIPを標準として組み込んだ事もあり
便利になりましたよね。

そうですね。認知度という意味でも今後はwinでのzipを
使用しようと思います。

また、大量のファイルデータは 別サーバーサービスを
利用しようと思います。
ご指示いただきありがとうございました

投稿日時 - 2010-05-19 10:52:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

画像ファイルはJPEGですか?
JPEGの場合、もともとの圧縮率が高いため
圧縮してもサイズはさほど変わりません。

分割して送付するか、画像編集ソフトを利用して
解像度を下げて送付することをお勧めします。

投稿日時 - 2010-05-18 16:04:41

お礼

簡略にご指示いただきありがとうございます。
大変わかりやすかったです。

投稿日時 - 2010-05-19 10:49:09

あなたにオススメの質問