こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

扶養に入ったまま、個人事業を始めようと思います。私と義父どちらが事業主

扶養に入ったまま、個人事業を始めようと思います。私と義父どちらが事業主になるか迷ってます。
私(専業主婦)と義父(75歳年金受給者月額6万円程度)どちらが個人事業主になるのが得か分かりません。(個人事業主とならなかった方は青色専従者にしたいと思います)
二人とも夫の扶養に入っています。年末調整でふたりとも扶養控除されていました。義父は健康保険は自分で国民健康保険に加入しています。義父が事業主となった場合、年金支給額は減らされるのでしょうか。
はじめる事業は、収入で年間50万ぐらいを見込んでいます。将来収入が増えることも考えて、どちらが得か教えていただきたいと思います。

投稿日時 - 2010-05-17 16:50:59

QNo.5901648

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

23人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>扶養に入ったまま…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)

それぞれ別物で認定要件も異なり、相互に連動するものではありません。

>年末調整でふたりとも扶養控除されていました…

舅はともかく、妻の分で扶養控除を受けることはあり得ません。
税法上の「扶養控除」は、親子や祖父母、孫などに適用されるものです。
夫婦間は、「配偶者控除」または「配偶者特別控除」です。

「配偶者控除」は、配偶者の「所得」が 38 万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm
38万円を超え 76万円以下なら「配偶者特別控除」です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

>どちらが個人事業主になるのが得か分かりません…

損か特かの問題ではなく、事業の主体者は誰ですか。
事業のいちばん責任者となる人が事業主です。

>義父が事業主となった場合、年金支給額は減らされるのでしょうか…

年金の種類が書かれていないので確実なことは言えませんが、減額はないでしょう。

>はじめる事業は、収入で年間50万ぐらいを見込んでいます…

「収入」(=売上) でなく「所得」(=利益) はいくらほど見込めますか。
【事業所得】
「売上 = 収入」からその仕事をするのに要した「仕入」と「経費」を引いた「利益」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1350.htm
【(年金による) 雑所得】
支給額から一定額を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1600.htm

所得が 38万以下、あるいは 76万以上なら、どちらでも夫の税金に変化なし。
38~76万だと、妻が事業主なら夫は配偶者特別控除を取れるが、舅を事業主にして「扶養特別控除」などというのはありません。

>将来収入が増えることも考えて…

鳩ポッポ政権がこのまま続けば、来年には配偶者控除、配偶者特別控除は廃止されますが、(子ども以外の) 扶養控除は残る予定です。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2010-05-17 17:07:23

大いにやってください。お一人年収130万以下なら、社会保険の被扶養者になれますが、年末調整の配偶者控除は103万以下です。
お父さんは、後期高齢者の保険になりますから社会保険の被扶養者になれません。所得税控除も予定されてる金額なら問題ないでしょう。
どちらが事業主になるかは、現在収入の少ないほうです。

投稿日時 - 2010-05-17 17:01:30

あなたにオススメの質問