こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

コンパクトフィルムカメラ入門

コンパクトフィルムカメラ入門


先日コンパクトフィルムカメラを購入しました。写真をとることを趣味としたいです。
カメラのこと、写真のことはほとんど分かりません。
絞りや露光、写真構成など基礎を勉強したい。

そこで、入門書やそういったサイトを探しているんですが、どれもこれも一眼レフ、デジカメのものばかりで、コンパクトフィルムカメラに特化した書籍もサイトも見当たりません。

そこで書籍でもサイトでもかまわないので教えて頂きたいのです。

投稿日時 - 2010-05-08 22:51:55

QNo.5881434

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ほとんどのコンパクトカメラは絞りや、シャッター速度を思うように変更できません。
だからそれに関する参考書も無いのだと思います。

TCIやGR-1のようなハイエンドコンパクトはそういう操作ができますが。(CONTAX Tシリーズ、ニコン28・35Tiも)
そのようなカメラを使うならば一眼レフ用の参考書でも原理は同じですから、応用で充分間に合うと思います。
応用ができないということはまだ基本原理がわかっていないということだと思います。でもそう難しいことでも無いのでしばらく試行錯誤しているうちに覚えると思います。
一眼レフでやっている操作をどうやってやるのか、の間を埋めるのは製品の説明書だと思います。
それとハイエンド機種の愛好家の掲示板などを探して教えてもらうのも考えられますね。
あとそういう機種の愛用者でブログやサイトを開設して、蘊蓄を開陳しているいる人もけっこういます。機種の名前で検索するのがポイントだと思います。ハイエンドコンパクトは簡素化のために機種ごとに独特の操作方法があるので、一般的な解説は言えないのではないでしょうか。

原理の理解用に激安中古マニュアル一眼レフを仕入れて、わかったら処分してしまってもいいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2010-05-09 12:42:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

リコーのフイルムカメラ時代のサイトです(まだ残しているところがえらい)。ここをきちんと読んでいただければ、カメラの基本はわかると思います。

参考URL:http://www.ricoh.co.jp/camera_lib/technique/index.html

投稿日時 - 2010-05-09 14:17:55

ANo.3

私も#2さんと同じで、情報を得る手段が全くなかった時代に完全マニュアル一眼レフから写真を始めました。小学生低学年の時です。唯一の情報源はカメラの取説とカメラを買った父親だけ。

コンパクトカメラだとファインダーは一眼レフとは違っていわゆる2眼タイプだと思います。
そういうタイプではファインダーと実際に写る範囲に差が生じます。
実際に撮って現像・プリントすればすぐわかることですね。

購入したコンパクトカメラが露出を自分で決めることができなければ露出について勉強しても活かすことができません。

まずは、カメラの取説をみてどういう事ができるか把握するところから始めましょう。
取説に書かれている単語がわからなければ調べましょう。

カメラというのは基本的な部分は100年前から全く変わっていません。
コンパクトだから特別と言うことはありませんから、書籍を購入するにしても特定機種向けのムック本以外ならどれでもいいはずです。
そういうことに気づかないと言うことは、ご自身でフィルターをかけて貴重な情報源を逃していることになります。

思いこみって奴ですね。

投稿日時 - 2010-05-09 07:48:25

ANo.2

コンパクトでも手の掛からないデジタルが一般的な時代ですから、フィルムカメラの種類は少ないんじゃないでしょうか?
Lupinus2さんの回答にありますように、どこまで自分で調整が出来るか?によりますが、オートでも良いから、先ずは「出来るだけ多く撮影する」事で、被写体を見る目、シャッターチャンス、構図力が養われてくるのは、間違いありません。まあ、カメラ雑誌の人の作品を見て、同じように撮ってみるのも勉強になりますが。。。
一眼レフを買った人でも、このような経験から自分のスタイルが生まれてきます。

そしてやっとうまいと人から言われる写真が撮れるようになる様になって行くわけですが、プロではありませんから、趣味として楽しめる=自己満足できる写真が撮れれば良いと考えています。

絞りやシャッタースピード、露出補正の効果等はその基礎の上に、更に自分が表現したい手法としてあるのですから、これが分からないとか、調整できないとかは次の段階と考えてみたら如何でしょうか?その時は一眼レフが欲しくなっていると思いますが。

ここで大事なことは、コンパクトカメラでも撮影時の絞りやシャッタースピードが表示される?でしょうから、フィルムの種類とISO感度と一緒に必ず記録に残しておくことです。それでなぜ自分の思う写真にならなかったのか?とか絞りとシャッタースピードの関係が身につくのです。

私は1970年頃から写真を趣味にしていましたが(買ってもらったのは一眼レフですが、オートなんて無い時代です)、その時には今のようなカメラ雑誌はなく、ともかく撮影する、記録する事で覚えて、今(もうデジタル一眼レフですが)、オートでなくても分かりますし、構図にも自己流ですが満足しています。

投稿日時 - 2010-05-09 00:28:53

ANo.1

コンパクトフィルムカメラとありますが、機種は何でしょう。
というのも、コンパクトカメラの多くは露出はオート。撮影者が絞りとシャッタースピードを変更することができません。
高級コンパクトと言われるカメラなら調整できますが、基本的に、絞りとシャッタースピード、絞りと被写界深度の関係は一眼レフと同じですから、そうした基礎的なことが書いてある本なら使えるかと思います。

投稿日時 - 2010-05-08 23:07:35

あなたにオススメの質問