こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

2週間前に火傷しました。今からでも湿潤療法可能ですか?

2週間前に火傷しました。今からでも湿潤療法可能ですか?
昼間一人でいる84歳の父が火傷をし、一人で毎日皮膚科に通っています。離れて暮らしているため、それを私が知ったのは火傷をしてから10日後でした。初めて病院につきそって行った時、医師の説明は「このままだと移植したほうがいいかもしれません。もうしばらく様子を見ましょう。」でした。
太ももに手のひら大のあかむけの火傷が生々しく、痛みを感じない様子が不思議でしたが、深い火傷の場合そのようなこともあるようで余計に心配です。高齢のため麻酔や入院といったことへの不安もあり、できるだけ体にダメージのない治療を探して「湿潤療法」を見つけました。
火傷をしてもう2週間もたっているのでこれから始めても効果があるものかどうか、どなたかご存知の方教えてください。今からでも効果がありそうでしたら、湿潤療法を行っている病院に行ってみようと思います。

投稿日時 - 2010-05-03 10:57:14

QNo.5867985

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も下の回答者さんのリンク先に登録してある病院で両手の深い火傷(深達性II度)を湿潤療法で簡単に治して頂いた経験者です。

湿潤療法は、通常の治療(ガーゼと軟膏)よりも感染症のリスクは少ない治療法です。
処置内容も、患部を洗って被覆材を貼るだけの簡単な物ですが、これでもちゃんと自然治癒力で治って行きます。
現在治療中と言う事であれば、もちろん湿潤療法は有効だと思います。

私の場合も最初の大きな総合病院では植皮のためにもっと大きな総合病院に紹介状を書いて頂いた程でしたが、転院して19日後(受傷23日後)には治療終了でした。

私の時もそうでしたが、一般に通常の治療を行っている湿潤療法に無知な不勉強の医師は火傷についても無知ですので教科書通りの説明をします。

決まり文句はこうです。
『火傷の症度は、すぐには判らないし、痕が残るかも知れません。とりあえず2週間様子を見て上皮化しなければ、瘢痕拘縮(ヒキツレ)を起こす可能性が高くなるので、手術をしなくてはいけないかも知れません。今は感染症を起こさないようにする事が一番です』
これは教科書通りの説明で、2週間の期日が近づいてくるとやたらと植皮を勧めるようになります。

この病院のサイトに従来の治療の考え方が詳しく出ています。
http://www.myclinic.ne.jp/nms_prs/pc/free.html
深達性II度以上は、上皮化までに2週間以上掛かりますので、これらの病院では確実に植皮となります。

下の回答者さんのリンク先での<78歳,広範3度熱傷の治療経過と治療法>
http://www.wound-treatment.jp/next/case/952.htm

上記リストにある<岐阜外科>での症例です。
http://www.gifugeka.org/cgi-bin/gifugeka/siteup.cgi?category=5&page...

このように湿潤療法ではIII度の熱傷でも外来通院で上皮化させるようにします。

その他ネットで<火傷 湿潤療法>で検索されればたくさん出てきますので是非参考にして頂いて、治癒までに時間は掛かると思いますが、一日でも早く、痛くない治療を受けさせてあげて下さい。

投稿日時 - 2010-05-04 00:09:28

お礼

ありがとうございます。「ooyakedo」さんの書き込みは他でも色々見せていただいていました。10日も経過していたので、まず相談をしてからと思った次第です。早速「湿潤療法」をしている病院にメールでに問い合わせ中です。連休明けには返事をいただけると思っています。
父は、もう以前から階段や長時間の歩行は困難な状態でしたが、太腿の火傷でもこれまでと変わりはないようです。できるだけこれからも自分の足で歩ける状態を保てるよう考えていきたいと思っています。

投稿日時 - 2010-05-04 18:09:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ここでシロウトの意見を聞くより、
湿潤療法を専門的に手がけている医師に
一度相談してみてはいかがでしょうか。

湿潤療法の権威あるサイト『新しい創傷治療』から、
熱傷を湿潤療法で治療している医師を検索できます。
http://www.wound-treatment.jp/burn.htm

広範囲熱傷・3度熱傷に対応できる病院と、
対応できない病院がありますので、
広範囲熱傷・3度熱傷の場合は必ず事前に電話などで
連絡してください。

お父様が早く良くなられるといいですね。

投稿日時 - 2010-05-03 11:54:47

お礼

ありがとうございます。いずれにしても連休が明けるのを待ってからの行動になると思います。連休中に情報を集めてできるだけよい方法を考えます。

投稿日時 - 2010-05-03 12:00:34

ANo.1

湿潤療法は、感染のリスクが無い場合で毛包と表皮基底層が残っている場合のみ可能です。

貴方のお父さんの場合は不可能でしょう。

投稿日時 - 2010-05-03 10:59:07

お礼

早速の回答ありがとうございます。移植手術の覚悟を決めて今後の予定を考えます。

投稿日時 - 2010-05-03 11:15:12

あなたにオススメの質問