こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

母が、相続で、株・投資信託などを相続しました。

母が、相続で、株・投資信託などを相続しました。

自分自身も母も、株・投資信託の取引をしたことがなかったので、
あまり知識のない状態でしたが、相続税支払いのため急いでいたこともあり
証券会社の人にどれを現金化した方が良いか相談し、
お薦めされた物(購入時より値下がっている投資信託)を売り、現金を用意しました。(2月のことです)

その後、急に現金が必要となることはなく、株・投資信託を保持し続けていますが、
母はあまり株・投資信託に興味がもてないため、このまま保持し続けるのが良いのか、
現金化して定期などにかえた方が良いのか迷っています。

ポートフォリオ的には、株・投資信託のパーセントは高くなく、資産の一部を
株・投資信託で持っているのも悪くはないとは思うのですが。。

また、証券会社からは、税金面で、損は、3年間繰り越せるので安心してください的なことを
言われていますが、

今後、現金化していくとした場合、ある程度、含み益のでているものを、3年以内に、
利益確定していった方がいいのでしょうか???

漠然とした質問で申し訳ありませんが、アドバイスを頂ければと思います。
(また誰に相談したらいいのでは?的なアドバイスでも嬉しいです。)

どうぞよろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-05-02 10:03:08

QNo.5865773

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

39人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

human21です。
補足の中の新たな質問についてお答えします。

よく分からない状態では全部、国債や定期にした方が良いのかという
質問ですが、可能であればそのほうが良いと思います。
何かの金融商品に投資されるのであれば、自分で勉強される
ことが絶対条件だと思っています。
私が20年以上、投資を続けてこられたのもそのおかげです。

ちなみに証券会社の人が言われている分散投資の考えは、
私の考えと違っているので言われているような分散投資はしていません。

今回の相続を機会に投資の勉強をされるのも良いのではないでしょうか。
相続された金融商品をどのように扱うかを決める為にも、
勉強は必要かと思います。

投稿日時 - 2010-05-11 10:51:27

ANo.8

証券会社は、相続後も取引を継続してもらいたいのです。
しかし、それは証券会社の都合で、お母様には関係有りません。
機械的に、株式、投信の比率を下げていって下さい。

     定期  株式  投信
1年目  33% 33% 33% 
2年目  50% 25% 25%
3年目  65% 17% 17%  
3年目  80% 10% 10%  

ただ、資産の管理は、お母様がされるのでしょうか?
それだと、証券会社の言いなりになりそうですね。
リスクの高い商品を、売りつけられそうで心配です。
同じ様に、銀行にも気をつけて下さい。
あまり表面化してませんが、金融商品のリスクを理解していない方に、
高リスクの商品を買わせて、多大な損失をさせている、現状があります。
くれぐれも、お母様に注意を払ってください。

投稿日時 - 2010-05-09 22:13:14

お礼

ありがとうございます。
本などを読んでると、バランス良く持つのが大事なのかと思っていましたが、殆ど定期で持つのが良いのですね。
資産管理については特に委任されていないため、母が管理することになりますが、実際は証券会社からの電話は母は出たがらず全て私が取り次いでいる状態です・・・。(私も詳しくないのですが。)

投稿日時 - 2010-05-09 23:51:40

ANo.7

human21です。
お礼の中の新たな質問についてお答えします。

お金が必要になるまで確定損にしない方が良いのか?と言う
質問についてですが、結論から言えば確定損にしても良いと思います。
質問者さんが精神的・金銭的に許容できる範囲内であれば、
確定損にして下さい。
合算してマイナスでなければと提案したのは、所有されている
金融商品の具体的な名前が分からなかったからです。

投資は基本的に未来を予測して行うものです。
未来の予測が困難な場合、投資系の金融商品は出来るだけ
所有しないほうが良いと思われます。

投稿日時 - 2010-05-08 09:30:44

補足

ありがとうございます。
証券会社の人の話を聞いていると、今の低金利時代に、国債や定期なんてナンセンス!と言われて、
バランス良く保有することが大事と言われましたので、(株は別としても)投資信託ぐらいは中身を良く分からない状態でもバランス良くもっていれば良いのかと思っていました。。
教科書通り(?)、国内・海外・株・債権でバランス良く持っていれば、特に考えなくても良いのかと思っていたのですが、よく分からない状態では、全部、国内債券(国債+定期)にしてしまった方がよいんでしょうか??
投資信託と株は、様々な種類を持っており(20種類ぐらい)、数が多くて理解するのも大変です。。(が、その分、分散投資されているのかと思って、勝手に安心していました。。 また、証券会社の作ってくれた円グラフによると、うまく分散投資されているようです。)

投稿日時 - 2010-05-09 18:43:12

ANo.6

>購入時より値下がっている投資信託を売ったのは、そういうもの(リーマンショックの下げを回復できなかったもの)は、今後も徐々に下がる可能性が高いから、という理由でした。
亡き父は、リーマンショック前から長期所有しておりました。

お父様の購入価格は、考慮しない方がいいです。
相続した時点の、価格で考えた方が、スッキリします。

>また、元々の母の資産が全て定期預金であったことから、全てを定期預金にするのではなく、ある程度バランス良く持っていた方が良いかと思いました。

定期と、株、投信の比率は、どのくらいですか?
よかったら、教えてください。

>含み損の出ているものは、お金が必要になるまでは、含み損のまま保有しておく方が、損を確定してしまうよりはいいんですかね・・・?

気持ち的には、損失は受け入れがたいと思いますが、保持していてうまい具合に、利益が出るとは限りません。
安全商品に移行していく時点で、損切りはやむおえないでしょう。


>株と違い、投資信託は長期保有を基本として考えれば、大きく損することはないように思っていたのですが、そうでもないのでしょうか・・・?

証券会社等は、「投信は長期保有・分散投資」を、販売トークにしています。
購入時期により、利益が出るかは決まるでしょう。安いときに買えばいいだけです。
時期は誰にも、わかりません分かれば、誰でもお金持ちになれます。

お金が少ない人は、ある程度のリスクをとって、投資します。
損失を、覚悟してない人のほうが、多いですが。

お母様の場合は、リスクをとる必要は無いと、考えられます。
御心配なら、お母様のキャッシュフローを、作成してみたらどうですか?
エクセルで、簡単に作成できます。資産の、増減を、年次で把握することです。

投信、株は、徐々に安全資産に移行されたほうが、いいです。
ネット定期、個人向け国債、国内MMFが候補です。
中間商品で、個人向け社債。
期待利回り,0.5~1%ぐらいで、運用できるでしょう。

ここ数日の、ギリシャ問題を発端とした、世界経済の不安定さを、ご覧になったと思いますが。
リーマン、ブラックマンデーと同じくらいの、ショックです。このようなことが、何度も起こる可能性が有るのです。

投稿日時 - 2010-05-08 08:24:49

お礼

ありがとうございます。
定期と、株、投信の比率は、1:1:1ぐらいではないかと推測しています。
(詳しくは、母が話したがらないので、推測ですが。)
家は、父の権力が絶対で、母は父から都度生活費を貰って生活していたので(母が家計管理していなかった)、母は家計管理が苦手で、キャッシュフローを掴むのは困難です・・・(私に公開するよう頼むのは難しいです)。

投稿日時 - 2010-05-09 18:49:50

ANo.5

>お薦めされた物(購入時より値下がっている投資信託)を売り

何か、逆のような。
価格が、上がったものを、売却した方が良かったかも。
過ぎてしまってるから、戻れませんが。

>損は、3年間繰り越せるので安心してください

利益が出ないと、損失は繰り越しても、意味がありません。

>今後、現金化していくとした場合、ある程度、含み益のでているものを、3年以内に、
利益確定していった方がいいのでしょうか???

それで、いいと思います。
状況を考慮すると、投資するのは、止めた方がいいと思います。
ただ、うまい具合に、利益が出るとは限りませんが。
定期的に、売却してください。
例えば毎月、●●●万円を、3年間に渡って、売却する。
多少の、損失もやむなしです。
全額、定期預金とかの安全資産にして下さい。
もちろん、1行当り、1000万以下で預金を。

投稿日時 - 2010-05-04 12:06:49

お礼

ありがとうございます。
購入時より値下がっている投資信託を売ったのは、そういうもの(リーマンショックの下げを回復できなかったもの)は、今後も徐々に下がる可能性が高いから、という理由でした。
亡き父は、リーマンショック前から長期所有しておりました。

また、元々の母の資産が全て定期預金であったことから、全てを定期預金にするのではなく、ある程度バランス良く持っていた方が良いかと思いました。。

含み損の出ているものは、お金が必要になるまでは、含み損のまま保有しておく方が、損を確定してしまうよりはいいんですかね・・・?

株と違い、投資信託は長期保有を基本として考えれば、大きく損することはないように思っていたのですが、そうでもないのでしょうか・・・?
(それぞれバランス良く持っているので、悪くはないのかと思っていましたが。。)

投稿日時 - 2010-05-07 21:00:21

ANo.4

質問者さんは投資の勉強をされる意思があまり無いと言う事なので、
保持されている株・投資信託が合算してマイナスでなければ、
全て売却するのも一つの方法かと思います。
税金云々より、この先の値下がりリスクの方が怖いからです。
また、保持している事による精神的負担も大きいと思われます。

投稿日時 - 2010-05-03 09:59:47

お礼

保持している株・投資信託は、合算してマイナスです。

リーマンショック前に買っているので仕方がないと、証券会社には言われました。

その場合は、お金が必要になるまで、確定損にはしない方がいいものなのでしょうか?

投稿日時 - 2010-05-07 21:02:11

ANo.3

証券会社の営業社員は手数料目的のため信用できません。自分なりにある程度勉強された方が良いか、利益が出ているならすべて売却してリスクのない金融商品にしたほうがよいかと思いますが?

投稿日時 - 2010-05-02 21:02:12

お礼

ありがとうございます。

今のところ、(1)今の株・投資信託の一部を減らして、国債を買う (2)今の株・投資信託は全て保有しておく の2つの選択肢で考えています。

利益が出ているなら売却とありますが、利益が出ていないものは、確定せずに、含み損のまま放置しておいた方が良いのでしょうか。

投稿日時 - 2010-05-07 21:05:31

ANo.2

実際のところ、貴方の説明では資産の全貌はわかりません。
年齢のことを考えると、銀行預金もしくは個人向け国債程度で運用するのが無難だと思いますが。

投稿日時 - 2010-05-02 13:12:51

お礼

ありがとうございます。

母は高齢で残りの人生でお金が足りなくなることはないと思います。母の貯金分だけで足りそうなので、父からの相続分は全部余剰資金と考えて頂いて良いです。

投稿日時 - 2010-05-07 21:08:09

ANo.1

>母が、相続で、株・投資信託などを相続しました。
今後、現金化していくとした場合、ある程度、含み益のでているものを、3年以内に、
利益確定していった方がいいのでしょうか???
(また誰に相談したらいいのでは?的なアドバイスでも嬉しいです。)

          ↓
飽くまでも、貴方様並びにお母様の資産管理・資産形成とかポートフォーリオ・リスク分散・財テクへの考え方、価値観等で決まると思います。

不動産と動産、株や国債や転換社債や各種の投信、定期預金や外国預金、アパート経営他の選択肢と組み合わせがあります。
また、目的と価値観にも関連して、リスクとリターンの問題もありますので、関心度・ある程度の知識やノウハウや経験によっても、例えば同じ株式でも大型株・小型株・店頭株や値上がり益期待の短期売買か配当や株主優待の長期保有、様々な対応・商品がり、選択肢には個人差があると思います。

そして、銘柄の選定と投資態度で言えば・・・<私見・主観が入りますが>
◇知識なり興味のあるセクターかどうか?
◇有配・増益基調かどうか、業績と財務諸表で今後の見通しは?
◇お仕事によって、どれだけ時間(適切な分析と投資判断・タイミングの良い売買)がとれるかどうか?
◇保有銘柄数や時価総額で資産全体の構成比が妥当かどうか?
株式へのシフト(投資ウエート)が多ければ売却方針、少なければ購入方針。
その場合の銘柄の選定は投資態度や方針にて決める&窓口証券会社に相談。

最後は、売買・損益は、最終ジャッジも時期も指値注文や成り行き注文等、すべて自己判断・自己責任です。
ベースを相続時の簿価とするか、どの時点をコストにするかどうか、手数料や税金を加味して何パーセントで売却・買い増し・損切りするか、今後の経済見通し、株価動向、銘柄のトレンド予測等の自分なりの戦略方針・予測・覚悟が必要だと思います。

3年が良いのかどうか分かりませんが・・・日々・月々・半期半期・年毎にチェックしたり、報告書の精査で目標と工程表をギャップを埋め、同軌化させて行くのがリスクヘッジと資産運用に繋がると思います。

その上で,個別商品や銘柄の対応方針を、資産全体のポートフォリオに形成して行くに向けて調節していかれては思います。
また、取引先や預け入れ利用している中から、資産管理ファイナルプランナーや投資コンサルタント、銀行や証券会社のアドバイザー部門等があると思いますので、ご相談されてみては存じます。

投稿日時 - 2010-05-02 10:48:34

お礼

ありがとうございます。

追加でこちらの状況を言いますと、

母は、全くお金に興味が無く、財務諸表やタイミングを読むといったことを
したがらない人です。
また高齢ですので、今後お金を増やしていくことには興味がない感じです。


私はといえば、ある程度は、得なようにしたいとは思っていますが、
投資の勉強に時間をかけるよりは、仕事の勉強に時間をかけて
収入UPを狙った方が良さそうな環境にいると感じており、
投資の勉強にそれほど時間をかけたいという意欲はありません。。。


父は、財テクが好きでしたので、今のところポートフォリオ的には上手く分散されている
感じはあります。

ただ、そのとき、どういう意図でそのファンドや株を買ったのかまでは
理解できないので、
今後売り時とかをどういう風に考えていけば良いのか思案しています。


証券会社の意見は聞いていますが、
父がよく家で「証券会社の意見を参考にしたらダメだ」と言って、
毎日、新聞や財務諸表をメモしたりしていた姿をみていますので、
証券会社の意見は良くないのかなと漠然と思ったりしています。。
(自分はやりたくないなぁと思っていたのですが)


証券会社の窓口みたいに、利害関係がある人ではなく、
一般的な話をきける人とかっているんでしょうか。

ネットや紙面で自分で調べていくのが一番良いのですかね。。

投稿日時 - 2010-05-02 12:23:27

あなたにオススメの質問