こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

仮定法未来?

英文法の問題集で

1.If the boss would ask me to, I would leave on my business trip tomorrow.
という文と、

2.Should the boss need more information,he will contact you directly.
という文が出てきました。

自分は
・仮定法で過去形を用いるのは現実から離れている感じを持たせるため
・「should」を用いた仮定法は非常に低い確率を示す
という風に仮定法を教わりました。

なので、shouldの有無から言うと確立の高さは1>2と考えましたが、
1では未来の事をわざわざ過去にして仮定法である事を強調しているのに、2ではそのまま未来形が使われていることに違和感があります。

また、if節が仮定法過去なのに主節が未来になるというのはままある事なんでしょうか?

ご教授願います。

投稿日時 - 2010-04-18 10:20:16

QNo.5834044

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

If it is fine tomorrow, we will go on a picnic.
明日は晴れの可能性が十分あるので、仮定法でなく単なる条件を表す文です。
このように、未来のことはどうなるかわからないので仮定法にはならない。

It it were fine now, we would go on a picnic.
一方、今のことは確定しているので、現実は雨だが、逆に「もし晴れているなら」というのは仮定法過去になります。

should というのは「万一」と訳すように、未来のことですが、その実現がかなり低い場合に用います。
万一はほとんど可能性がない、と感じていれば仮定法で
後半は would などになる。
それでも、未来である以上、どうなるかわからない。
単なる「万一~すれば」という条件にすぎないと感じれば would でなく、will となります。

学校文法でも、should の後の帰結節は would, could, might でも、will, can, may でもよいと習います。

should で仮定法と決まるわけでなく、would を用いた時点で仮定法。
will を用いるということは仮定法だと感じていないということです。

should の段階では単なる条件とも、仮定法とも考えられます。
もっとも学校文法では、will, would どちらでもよいが、should は仮定法だと習います。
昔は仮定法未来と言っていたのですが、過去形を用いるから、今のことでも仮定法過去という名前と比べると、矛盾しているので、いつからか用いられなくなりました。

1と比べて可能性が低いのに、というのでなく、1とは別に判断する必要があります。
1は可能性はあるけど、強調なり、丁寧さのために仮定法過去になっています。

投稿日時 - 2010-04-18 12:57:49

お礼

ご回答ありがとうございます、非常に判りやすかったです。

ifやshouldが付いたからといって仮定法というわけじゃないんですね。

投稿日時 - 2010-04-18 13:47:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

Should ... は「万一」みたいに訳し「確率が低い」と言われますが、これはあまり正しい理解ではないと思います。

例えば Should the boss need more information, は会議や出張の準備は十分やったというニュアンスでの発言と見えます。でも (he will contact you directly) と言われた人は「確率が低い」などと安閑とは出来ません。つまり本当に「確率が低い」かと言えば聞き手に取っては全くそう言い切れないのです。「万一地震が東京に来たら Should an earthquake...」「都庁は多分倒れる will ...」と言われて「確率が低い」と安閑と受け取れない都知事の立場と似ています。「確率」なんてそういうものです。

さて、主文が (he will contact you directly) と未来であることは自然で、よく使われます。情報が必要なときにも質問が「直接来る」ことはあまりないと期待されるならば will を would に変えるなり、もっとぼかすことも考えられます。でも「更なる情報が必要」かどうかははっきりしないとしても、「もし必要となったときに質問が直接来ることは確かだ」というニュアンスであれば、主文の方はあまりぼかさない方がよいでしょう。

さらに言えば will にはいろいろなニュアンスがあって、「単純未来」だけではなくて「決意」「可能性」(多分;かも知れない)などのニュアンスも持っています。つまり will を使ったとき文脈によって will surely 、will possibly の両方の意味があるわけです。今のケースではやや will surely の意味に近いとも思われる状況です。主文をこれ以上意識してぼかそうとはしない方がよいでしょう。

なお、if 節が過去形だからといって主文がそれに引きずられる必要はありません。未来のことを議論しているのですから will/ would を用いるのが自然ですし、その際 (if 節が過去形だから) will より would が良いなどと考える必要もありません。

投稿日時 - 2010-04-18 12:54:31

お礼

ご回答ありがとうございます。

>if 節が過去形だからといって主文がそれに引きずられる必要はありません。
とのことなのですが、それだと1.の英文は
I will leave on ~
でも良いということなのでしょうか?
空所補充でそういった回答もあったのです。

仮定法過去だとやはり過去形でないとまずいと思うのですが…
どうでしょうか?

投稿日時 - 2010-04-18 13:28:27

ANo.3

should に終始してしまいました

普通は would を if 節の中に入れることはありません。
ただし、人に何かをするように頼むと言う意味では使うことがあります

I would be very grateful if you would send me your brochure and
price list.
もし御社のパンフレットと価格表をお送りいただけましたら、うれしいです(商業文より)

"Shall I close the window?" "Yes, please, if you would."
『窓を閉めましょうか』『できたらお願いします』

If the boss asked me to,
もし社長から頼まれたら(依頼されたら)

Should the boss need more information,
=If the boss should need more information,
万が一社長が詳しい情報が必要なら(多分確立は低いだろうけど)

となります

投稿日時 - 2010-04-18 12:27:40

ANo.2

日本の英文法用語に詳しくないので恐縮ですが、経験からご参考までに一言。 質問者さんの

・仮定法で過去形を用いるのは現実から離れている感じを持たせるため
・「should」を用いた仮定法は非常に低い確率を示す

にも少し違和感を感じます。 

まず、1.の場合、「仮定法で過去形を用いるのは、現実から離れている感じを持たせるため」とありますが、私の理解・経験からこの表現は相手に対しする敬意(丁寧さ)を強調しているところがあります。 
「もし前から思っていたんだったら、私もそういうつもりだったんだけど、どうなの?」に対して、現在形の場合「(事前に予想もしてなかったけど)もしボスが行けと言うんだったら、私は明日行きますよ」と、今さっき言われたことに対する反応の違いです。

次に2.の場合ですが、英和の辞書にもあると思いますが、shouldが付くことで、義務が発生して「万が一、その必要があるのなら」ということになります。 確かに確率的にはかなり低くなります。 2.の文については「私」はボスから連絡があるとはほぼ100%思っていません。 したがって、「万が一かかってきたらその時(その時点で未来)に電話しますよ。」ということで「仮定法過去」の過去とは少し違うと思います。

文法用語は難しいですね。その文字自体が非常に confusing です。
以上、ご参考になりましたら幸いです。

投稿日時 - 2010-04-18 12:15:55

お礼

ご回答有難うございます。

仮定法過去に丁寧さの強調の意味があるのは初めて聞きました。
その仕組みも少し判った気がします、ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-04-18 13:08:59

ANo.1

この問題は should の使い方をしっかり理解してから考えましょう

ここに関係する should を取り上げます

A: Do you think you'll be late home tonight?
B: I don't think so. I should be home at the usual time.
『今夜は帰りは遅い』
『いや、多分いつもの時間に帰る』

Here, 'I should be home' means 'I will probably be home'
ここでは、多分~する、なるだろうを意味します

If...should (仮に、万が一)
If you should Tom this evening, can you tell him to phone me?
If you see Tom, と比べると、should を入れると、
The speaker is less certain. (話し手は確立が低いと思いながら言っている)

If it should rain, can you bring in the washing from the garden?
万が一雨が降ったら、庭から洗濯物を取り込んでくれる

Don't worry if I should be late home tonight.
今夜帰りが遅くなったとしても、心配しないで

if を使わないで、should を文頭に置いて同じ意味を表します

Should you see Tom this evening, can you tell him to phone me?
口語でこのように言うことがありますが、掲示板や仕事のマニュアルや法律文献などにはよく出てきます。

Should you park your car here, you will be obligated to pay fine.
ここに車を止めた場合、罰金を科せられることがあります

投稿日時 - 2010-04-18 12:05:35

お礼

手早い回答有難うございます。

書いてから誤解に気づいたのですが2.の方の英文はshallの過去形でなく、
単純にshouldという助動詞だから仮定法過去じゃないんですね。
その意味や倒置法については大丈夫です。

投稿日時 - 2010-04-18 12:59:31