こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

Firefox3.6.3 Java Deployment toolki

Firefox3.6.3 Java Deployment toolkitプラグインの削除についての質問です。よろしくお願いします。
 本日、Firefoxを起動中に警告メッセージが出現しました。内容は「プラグインのJava Deployment toolkit 6.0.190.4はセキュリティ上の問題があるため、ユーザ保護のために無効化します」という具合で、再起動して確認すると確かにそのプラグインは「ユーザ保護のために無効化されています」という表示があり、無効化されているようなのです、が。
 名称からしてJava関連なのは間違い無いと思いますし、バージョンを見る限り、先日重大な脆弱性が発見されたと言うv6 Update19に関連するプラグインなのだと思います。ですが、私は既にUpdate20をインストールしており、Java Deployment toolkit 6.0.200.2というプラグインも確かに存在しています。つまりどうやら、Update20をインストールした際に、 Update19の分のプラグインが削除されなかったようなのです。
 別に無効化されているのなら放置しておいても害は無いのかもしれませんが、脆弱性があるとわざわざ警告までされているような物を残しておくのも気分が悪いので、ツール→アドオン→プラグインタブから削除を試みたのですが、「無効化」は出来ても、「削除」することが出来ません。「プログラムの追加と削除」を見てみても、Update20しか表示されていませんでした。C:\Program Files\Mozillla Firefox\pluginsも覗いてみたのですが、該当しそうなファイルはありません。無効化されているせいで一時的に消えているのかもしれませんが、そうすると今度は無効化されたままロックされているプラグインを有効化する方法がわかりません……。
 Firefoxのプラグインは、このような状況の場合、どうやって削除すれば良いのでしょうか。知識のある方、似たような状況が発生した方がおりましたら、アドバイス頂けると助かります。

投稿日時 - 2010-04-18 05:32:18

QNo.5833807

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

綺麗な削除方法かわからん。

about:config → plugin.expose_full_path を trueにする → about:plugins
場所確認して、ファイルを移動させる。
http://kb.mozillazine.org/About:plugins

#About:pluginsでは無効になっているプラグインは出てこないので有効にしてね

何でも、Windowsではpluginsフォルダ以外にも特定のフォルダを探すようにしてあるんだとか。
http://kb.mozillazine.org/Plugin_scanning

#どこまで追ってくるのかわからないが、C:\直下とかは特に探されないようだ。

投稿日時 - 2010-04-18 06:46:17

補足

 回答ありがとうございます。
 Java Deployment toolkit 6.0.190.4なんですが、「ユーザ保護のために無効化されています」と表示されていて有効化する事が出来ません……。そのためやはりAbout:pluginsに出て来てはくれないようです。

投稿日時 - 2010-04-18 13:54:03

お礼

 他の方へのお礼でも報告しましたが、Javaの再インストールでなんとか解決しました。
 この手のトラブルは初めてでしたが、さすがにちょっとFireFoxの微妙な不便さというか、ツール→アドオンからプラグインも削除できるようにして欲しいものです……。
 回答を頂き、まことにありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 22:29:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

追加です。

Javaに0-day、Webブラウザで見るだけで攻撃されるおそれ ―
http://puppet.asablo.jp/blog/2010/04/14/5016629

上記サイト内の方も言って居られますが・・
「Java Runtime Environment (JRE)」の「アンインストール」もお考え下さい・・

その方が確実です。
不安な気持ちで居るよりまだ良いかと思います。

投稿日時 - 2010-04-18 19:25:43

お礼

 回答ありがとうございます。
 Update19の時点で指摘されていた脆弱性は、とりあえずUpdate20の段階で修正されているようです。
 それで問題のプラグインなのですが、Firefoxのヘルプを見ながらプラグインデータベースの初期化なども試しましたが、中々消えてくれません。そこで、ダメ元でjava自体を再インストールしてみたところ、プラグインのリストからの削除に成功いたしました。個人的にはなるべくブラウザ上の操作だけで解決したかったので、最終手段だったという感じですが……。
 色々とご助言を頂き、参考になりました。本当にありがとうございます。

投稿日時 - 2010-04-18 22:25:59

ANo.3

追加です。

Javaに未修正の脆弱性、Webページを閲覧するだけで攻撃を受けるおそれ
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20100413_360951.html

投稿日時 - 2010-04-18 19:07:08

ANo.2

>本日、Firefoxを起動中に警告メッセージが出現しました。
>内容は「プラグインのJava Deployment toolkit 6.0.190.4はセキュリティ上の問題があるため、
>ユーザ保護のために無効化します」という具合で、再起動して確認すると
>確かにそのプラグインは「ユーザ保護のために無効化されています」という表示があり、無効化されているようなのです、が。

>私は既にUpdate20をインストールしており、Java Deployment toolkit 6.0.200.2というプラグインも確かに存在しています。

以前に、
・アドオン「Microsoft .NET Framework Assistant 1.0」
・プラグイン「Windows Presentation Foundation」
が、ブロックリスト入りした事が有ります。

それと同じような事だと思います。

Microsoft の Firefox 向けアドオンがブロックリスト入り
http://level.s69.xrea.com/mozilla/index.cgi?id=20091017_MS_Plugin

・上記は以前にあった事です。


下記サイト内に、「ブロックリスト」入りされています。
Add-ons Blocklist
https://www.mozilla.com/en-US/blocklist/

・Java Deployment Toolkit, versions 6.0.200.0 and older. Reason: security vulnerabilities
ブロックリスト登録されています。

有効にしておきますと危険と判断されてるようです。
無効にされているようですので問題はないです。
今は、そのままで良いです。


問題がなければ、
・アドオン「Microsoft .NET Framework Assistant 1.0」
・プラグイン「Windows Presentation Foundation」
同様に、解除されるはずです。
(問題がなければ・・です。)

投稿日時 - 2010-04-18 18:43:00

あなたにオススメの質問