こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗

海外の新幹線はなぜ揺れも少なく静かなのですか?昨年スペインの新幹線に乗りました。
東海道新幹線にはよくのりますが、比べてびっくり!驚きました。最高速は300KMを
超えるときもありましたから日本の新幹線と同じくらいだと思います。マドリッドとバル
セロナはちょうど東京と大阪の関係ですが運転本数は日本に比べればうんと少ないです。
連結車両数も半分くらいでした。

投稿日時 - 2010-04-18 01:43:23

QNo.5833617

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

私も、AVEに乗ったときは、東海道新幹線より静かだと思いました。ツーリスタクラスの座席の前後間隔は狭かったですが。

線路については、すでに皆さんが述べておられるとおりです。

日本の新幹線は、踏切を避けるため大半が高架路線ですが、東海道新幹線は開業が1964年と古く、線路の大半が土を盛った上に砂利をひいて敷設されています。

その後に建設された山陽新幹線や東北新幹線等は、コンクリートの足を立てた高架橋の上に、直接線路が精度良く固定されています。また、カーブの半径も大きくとられています。

この構造上の違いで、東海道新幹線より新しい山陽新幹線や東北新幹線の揺れは少なくなっています。AVEをはじめ、ヨーロッパの新幹線は地平を走っている部分もあり、線路の精度が良いと思われます。

日本の新幹線は、一般の電車と同じ構造で、客室の下に車輪の付いた2組の台車があり、その中に騒音源のモーターが入っています。

一方、スペインのAVEや韓国のKTX等、フランスのTGVをもとにした車両は、先頭車と最後尾車がモーターの付いた機関車となっていて、その間にはさまれた乗客が乗る車両には騒音源のモーターはありません(KTXは編成が長いため機関車に隣接する客車の機関車側の台車にモーターがあります)。

また、連接車といって、隣の車両との間にある1台の台車を共有している構造です。下記は、AVEの在来線バージョンのユーロメッドの写真です。AVEも同じ構造です。
http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/spain6.html
写真でおわかりのように、台車は客室部分にはなくデッキの下にあります。従って、デッキとドアで仕切られた客室内に、レールや車輪からの騒音が伝わりにくい構造になっています。

投稿日時 - 2010-04-18 15:26:26

お礼

C575様。静かなのは電車の構造上のためもあるのですね。東海道
新幹線は開業が古い分、線路でもハンデがあるということですか。
ということは東海道ではしばらくは揺れが少なくなったり静かに
なるのは難しそうですね。たいへんよくわかりました。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 20:32:18

ANo.7

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

こんにちは!

私もバルセロナ~マドリッドを新幹線で移動しました。
スペインの高速鉄道は揺れ少なかったですね!
すいません、回答しておきながら理由は知りません。
しかしスペインのEuroStarはかなり揺れました。少し酔ってしまうくらい。

電車の運転本数が少ないのは、飛行機が安くて本数があるのも関係していると思います。
ミラノ~バルセロナなんて夜行列車の座席より飛行機のほうが安いです。
またEasyjetなどは、行きは70ユーロ帰りは1ユーロみたいなチケットも売ってるらしく、そっちのほうが早いのでそちらを使ってるのではないかと思います。

とはいうものの、今は火山の影響で飛行機飛んでないのできっと列車は混んでるでしょう!

投稿日時 - 2010-04-18 15:11:48

お礼

na7o7ya77様。スペインでもAVE以外の特急は揺れますね。
飛行機の安さは日本では想像できないくらいです。鉄道も
ネット購入だと早期割引があって相当に安くなります。日本の
価格は鉄道も飛行機も安くないです。東海道新幹線などはあれ
だけいつもたくさんの利用があるのに少しも安いという気が
しませんね。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 20:24:13

ANo.5

真っ直ぐで平な岩盤に敷設しているからです。

おとなりの国(半島)は日本の新幹線では無く、TGV方式を採用しましたが、トンネルの風圧やカーブに対応出来ず、故障しまくっているそうです。在来線の「セマウル」号の方が早いんだそうです。

投稿日時 - 2010-04-18 13:55:40

お礼

PENPENMAKKY様。もともとの大地の構造ですか、それだとJRの技術でも
かなわないですね~。お隣の国はそうですか、苦労していますか。地形が
同じようだったら日本式にすればよかったんですね。TGVも地形のこと
までは気にしなかったんですね。回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 20:17:21

ANo.4

スペインの軌道幅が日本の新幹線より広いと言う話がありましたが、同じ幅の標準軌(1435mm)です。
スペインの在来線の線路幅は特殊な広軌(1668mm)ですが、新幹線のAVEはフランス新幹線TGVと共通にするため、フランス新幹線の線路幅の標準軌にしてあります。
日本の在来線は狭軌ですが新幹線は標準軌を採用しています。

投稿日時 - 2010-04-18 11:37:37

お礼

bergstein様。新幹線はどの国も標準軌ですか。そうすると幅広のためではなく
あといくつか回答をいただいていますが、地形や電車の構造などによるのですね。
回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 20:10:48

ANo.3

地形が影響していると思います。
スペインのAVEやフランスのTGVは、平坦地(日本と比べて)に鉄道を設置していますから、ほとんどが直線です。
日本や台湾新幹線は、トンネルや橋を造って極力直線区間を作っていますがやはり経済的理由でカーブを入れています。
私も電車旅が好きなのであちこちの新幹線に乗りましたが、TGV,ユーロスター、タリスなど平地に作られている区間は揺れが少ないですが
ドイツが誇るICEは、南部のシュッツガルトやミュンヘンでは結構カーブが多く揺れが多いように感じました。

投稿日時 - 2010-04-18 09:09:30

お礼

nouenさま。地形ですか。直線はなかなか無いですから、日本は不利ですね。
そう言われるとスペインは直線が多くてトンネルも少なかったような・・・。
カーブでも揺れが少なくなるよう、JRの技術に期待することにします。
私も電車(鉄道)のほうが好きです。仕事で東京と博多だとさすがに飛行機に
なりますが。さっそくの回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 10:32:32

ANo.2

線路のメンテナンス、車両の新しさ(と性能)とメンテナンスの違いではないでしょうか。

昔、JRがまだ国鉄だった頃、新幹線によく乗ってましたが、揺れがひどかったです。荷物の棚から旅行用のバッグが落ちてきたりしました。
その後JRになって、車両がどんどん新型になったら、揺れが減って乗り心地が良くなりました。

今、スペインの新幹線に負けているとすれば、線路のメンテナンス力と車両の性の性能でJRがスペインの鉄道会社に負けている、と言うことだと思います。お金を払っているのだから、なるべく率直な意見を言い続けた方が良いと思います。

投稿日時 - 2010-04-18 04:37:29

お礼

MrCandyさま。車両は新しいと思います。メーカーはシーメンスと入口の下に書いて
ありました。日本ほど運転本数が多くないようですから、線路のメンテナンスの時間は
たっぷりあるでしょうね。東海道新幹線にはよく乗ります。いまはさすがに棚から
バッグが落ちることはありませんが、ビールのつまみがコロコロと落ちて困ります。
さっそくお応えいただきありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 10:15:33

ANo.1

まず 日本の新幹線と、海外の高速列車の線路の幅を見てください。 微妙に違います。海外の線路は幅広ですよ。 僕は中国の高速列車の線路を見た時そう思いました。
 で 、車と同じです。タイヤとタイヤの幅が広いと 安定して揺れがすくないですよね。

投稿日時 - 2010-04-18 03:11:25

お礼

takepu2415さま。線路の幅ですね、新幹線はどこも同じかと思っていました!
確かにクルマも幅が広いとそうですね。さっそくの回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-18 10:05:23

あなたにオススメの質問