こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

どの時点で人に話してもいい??

今私のアイデアを元に、実用新案の出願書を弁理士に書いてもらっています。

妻しか知りません。
下記のフローチャートのどの時点で人に話してもいいでしょうか。
http://www.saka-pat.com/utility-flow.htm

投稿日時 - 2010-04-15 11:08:51

QNo.5827419

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 事務手続き上は、登録された後、特許庁が発行する
実用新案公開公報にあなたの登録実用新案が掲載
されますので、実用新案登録を受けていることを
宣伝に使いたいなど人に話すのはその後です。
 弁理士さんがやられているなら間違いないとは
思いますが、登録後、特許庁に実用新案技術評価書の
請求をし、肯定的な評価(否定的な場合もある)を
もっらった後のほうがいいかもしれません。
 また、あなたの実用新案の出願の1日以上前に
同様の内容を含む特許が出願されていると
それが審査請求後権利化されてしまう場合があり
ます。先に特許出願した人が、あなたの実用新案
に気づかず、審査請求期間の3年間何もせず
放置してくれれば、放棄とみなされ
先願の地位が残りません。
 ですから、あなたのほうも出願から3年は
誰にも言わないという方法もあります。

 また、あなたが重要でないと考え
権利化していない内容が、他人には
非常に参考になる場合もありますから、
宣伝と警告以外には他人に実用新案の
内容を話さないという考え方もあると
思います。

投稿日時 - 2010-04-16 10:48:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

22人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

http://www.isokanet.com/tokususu/sengan.html
を読めば「出願日が先なら勝ち」であると判ります。

但し、拒絶査定・審決が確定した場合は「先願の地位を失う」ので、念の為「登録完了」までは他言無用にしましょう。

投稿日時 - 2010-04-15 11:21:30

あなたにオススメの質問