こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

扶養のまま、個人事業+アルバイト

現在、給与所得者の夫の扶養家族ですが、近々個人事業主として、ネットショップを開業しようと考えています。

ネットショップが軌道に乗り、夫の扶養からはずれる程の収入(所得?)があれば一番いいのですが、今のところどうなるのかも、全然わからない状態です。
私個人として月7,8万程度は稼ぎたいと考えていまが、ネットショップのみでの収入で7,8万というのは当面は難しいと思いますので、アルバイトでの収入も考えています。

妻が夫の扶養のままでいたい時、個人事業+アルバイトという形で収入を得るとどうなるのでしょうか?
(例として・・・
個人事業分所得:10万円(収入)ー20万(経費)=ー10万円
アルバイト収入:60万
とした場合、どういう風になりますか?)

当分扶養から抜けられるほどの収入も得られないと思いますので、できれば完全に独立できるまで、夫の扶養でいた方がいいのではないかと考えています。

税金の関係上、
(1)給与所得者の夫のサイドビジネスというカタチで、夫を個人事業者にする。(実際に運営していくのは妻)
(2)開業届・青色申告申請をしないまま、ネットショップを運営する。
という方法を取った方が、いいのでしょうか?

投稿日時 - 2003-06-21 15:03:56

QNo.581179

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

アルバイトなどの給与所得の場合は、給与所得控除が最低でも65万円ありますから、給与収入が65万円までは給与所得は0円です。
給与収入が65万円を超え180万円以下の場合は、収入金額×40%になります。

事業所得については、収入-経費が事業所得となります。

この、給与所得と事業所との合計が38万円以下であれば、夫の扶養(控除対象配偶者)になれます。
なお、事業所得が赤字であれば、給与所得から控除出来ます。

開業届と青色申告については、先の質問の回答の通りです。

なお、社会保険の扶養については、給与収入と事業の利益が、今後12ケ月間で130万円を超える見込みになったときに扶養から外れて、ご自分で市の国民健康保険と国民年金に加入することになります。

投稿日時 - 2003-06-21 17:24:59

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-07-01 05:47:43

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問