こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

海外に住んでいても開設できる日本の銀行口座

現在アメリカに滞在し、日本の市役所には海外転出届を提出しています。
日本の銀行に自分名義の口座を開きたいのですが可能でしょうか?

調べた所、オンライン等で開ける口座は結構あるのですが、
口座開設には日本に居住していることが条件となっている所しか見つかりませんでした。
また、同じ名字宛ての公共料金等の請求書や住民票など、
自分の住所を証明する書類が必要とされています。

訳があり家族名義や家族の書類等を提出せずに自分で口座を開きたいのです。
当面すぐに帰国予定も無く、口座はすぐに必要なので困っています。

また、過去に持っていた日本の銀行口座があるのですが、数年使っていません。
日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?

ご存知の方、教えて頂けますと助かります。

投稿日時 - 2010-04-03 12:52:28

QNo.5799465

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

嘗て日本では大金持ちが所得を隠したいという要求があり、銀行は預金残高を増やしてくれるという思惑から銀行口座を十分な本人確認なしに開設できた時代があり、1人が1行で複数名義を持てました。
そのせいで脱税や犯罪に使われることが多発、また特にアメリカから「改善しろ!」と圧力もありました。
嘗ての日本のように本人確認をしないで銀行口座が開設できてしまうと、マネーロンダリングなどの国際犯罪やテロ国家支援のレッテルを貼られ、国際社会から強く非難されていました。

そこで、日本も「国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約」を批准する為に、平成15年に”必ず最初に本人確認をする”という法律が制定されました。
平成20年に改正されて現在の法律になっています。
この法律によって銀行口座開設時に本人確認をしないと銀行が罰せられるようになりました。
従って、非居住者の本人確認が難しいので、非居住者の銀行口座開設は難しくなっています。
銀行側から言えば、マネーロンダリングなどに悪用されるリスクが多すぎて割が合わないからです。

また、「租税条約」とかいう日本と相手国との国際取引上のことで、二国間の税金に関する約束事です。
これに銀行はあまり良い気分をしたがらないのです。
源泉地国(ここでは日本)の所得は、居住地国(あなたの場合はアメリカ)で課税対象になりますから、日本の課税を確定申告で控除しないと二重課税になる場合があります。(分りやすいように簡単に言いまわしています)
従って、日本の銀行では税金徴収が減り、支払い猶予時の保留量が減り増すから。

よって、本人が帰国するしか本人名義の銀行口座を開設することができません。
しか~し、私は2つ考えました。
彼方が過去に持っていた日本の銀行口座が復活できないのであれば、私の案を読んでください。

私は非居住者で無いので試せませんが、もし私が非居住者であったらやってみようと思っていました。
これは単なる妙案です。
正しい回答ではないですから、先ずこのことを頭に入れて置いて下さい。

1つ目の案:
彼方の近くに日本の銀行の海外支店はありますか?
海外主要都市の大手銀行がいいでしょう。
先ずそこで相談します。
その海外支店の顧客になって、日本の支店に口座開設できるかどうか
本人確認の件で進まないなら、日本大使館にも相談すると良いかもしれません。
もしかしたら、本人確認の書類を作成してくれるかもしれません。
それを持って海外支店経由で、日本の支店で開設できるかどうかです。
(本当に相談されるなら、その相談内容や回答を教えて頂けませんか?)

2つ目の案:
彼方は日本国籍でしょうか?
海外転出届を出しているのだから日本国籍なのですが、もし日本国籍から外国国籍へ移籍しているのなら、次のができのうです。
日本に居ながら海外銀行口座開設ができるこのと逆ができそうです。
もし結婚して国籍が変わったのであれば、日本支店のある外国銀行にそのサービスがあれば可能と言えます。
ごめんなさい、私はアメリカの銀行にそのようなサービスがあるか知りませんので、必ず確認してください。



>日本で開いた口座を全く使用していないとどの位で使用できなくなりますか?
という質問ですが、日本の銀行の場合、長く使用していない口座は停止口座になることが多いようです。
強制解約にはならないと思います。
データはバックアップされ、直ぐには出てこないらしいです。
外国銀行では1年以上入出金していないと口座管理手数料を徴収されるところもあります。
その点、日本は基本無料です。
一度、過去に取引していた銀行に相談の上、小額の電信送金をしてみては如何でしょうか?
受取人(ここでは彼方)が受取れないで、組み戻されるケースもあるかもしれません。



変な回答になってしまって、すみません。

投稿日時 - 2011-04-11 03:24:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

海外赴任中に、子どもが生まれ、
お祝い等でいただいたお金を貯金する為の、子ども名義の口座を作ろうとした事があります。

いろいろ調べましたが、やはりどの銀行でもダメで、
結局、私が持っていた口座のある銀行に相談し、
取引内容制限付での口座開設をしてもらえました。
私の口座番号を伝えただけで、
日本在住者が口座開設する際に必要な書類の他に、何か特別な書類を提出したという事はなかったです。
ちなみに、2年前の事です。
ご両親やご兄弟などがご利用されている銀行に問い合わせてみても良いかと思います。

また、私自身の口座で、10年近く使っていない口座があったのですが、
こちらは帰任後に、ダメもとでATMに入れてみたところ、普通に使えてビックリしました。
使えるかどうか、銀行に問い合わせてみては?

投稿日時 - 2010-04-05 21:38:07

お礼

ご回答、また貴重な情報をありがとうございます。
口座開設、可能性ゼロではないようですね。
銀行側も口座開設はありがたいので、規定は守っても帰国予定がはっきりしていれば、
担当者によって多少の優遇をしてもらえる可能性があるのかもしれませんね。
また、10年近く利用していない口座が閉鎖されてなかったとは驚きました。
私も2-3口座を持っていたのでそのまま利用しない状態で長いですが、
ぜひ問い合わせてみます。
どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-06 03:06:24

ANo.2

基本的には、日本国内の銀行では日本国内に居住している人しか口座が開けないようです。国内居住者でも、大手銀行だと居住地域か勤務地域の近くでしか口座を開かせてくれないことすらあります。
どのような訳があるかわかりませんが、何をしたいのかが分かると、日本の銀行に口座を開く以外の対策を考えられるかもしれません。

投稿日時 - 2010-04-03 21:54:06

お礼

ご回答ありがとうございます。
やはり日本国内居住者でないと開けないのですね。
自身でも調べてみたのですが、ネットバンキングの口座も全て日本の住所証明が必要でした。
家族から仕送りを送ってもらう際、国際送金は送料も高く受領にも料金がかかるので、
帰国後も継続できる自分名義の口座を開きたかったのですが。
情報どうもありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-04 02:13:53

ANo.1

口座で預け入れ/引き出しなどの操作がまる5年間ないとその口座名義は停止されます。
これは日本に住んでいても海外に移住していても同じです。

その場合でも、その口座に入金するのに

普段使っている銀行口座→日本の銀行の海外支店→日本の銀行の日本の支店

と送金するのに手数料やら面倒な手続きも必要になります。

日本の銀行の日本の支店宛にも米国に移住していることと米国内の住所への変更届が
必要です。

投稿日時 - 2010-04-03 14:34:03

お礼

ご回答ありがとうございます。口座は5年で停止されるのですね。
多分5年以上は全く使用していないので再利用はできなそうです。
以前はシティバンクの口座で、
日本の口座から海外のATMで引き出して使えるサービスを利用していましたが、
それももう出来ません。
あきらめて他の方法を探してみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-04-04 02:19:35

あなたにオススメの質問