こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ISDN主装置内蔵型電話機で光回線を

現在個人商店を営んでいます。
ISDN主装置内蔵型のビジネスホンを使用しています。NTT AXです。(固定4、コードレス1)
このたび光回線を考えているのですが、
この電話機では対応できないとの説明を受け、
新規の電話機、リースを勧められています。
やはりこの方法しかないのでしょうか?
電話機を総替えしなくても使える方法はないのでしょうか?
教えて下さい。

投稿日時 - 2010-03-29 08:31:08

QNo.5786960

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答番号:No.9 の補足に回答させて頂きます。
現状FAXについて、ADSLをアナログに回線変更して利用する場合、電話機システムとは独立しているわけですから当然BSLAPは不要です。
しかし、電話機のISDN回線とFAXのADSL回線をまとめてひかり電話(Wチャンネル+マイナンバー)にするのでしたら、電話機システムの中にFAXを組み入れることになりますので、BSLAPの追加が必要になります。
また、AXに外線2本必要ではないというのであれば、ひかり電話ルータ(RT-200KI等)のTEL1ポートにAX、TEL2ポートにFAXという接続方法で済みますので、BSLAPは追加せずに済みます。しかし、質問者様は電話の外線2本をご希望しているように思われるので、この方法は使えないと考えられます。
BSLAPもオークションで結構出ていますので、入手は可能かと思います。あとは工事費がどれくらいかかるかが検討のポイントになるのではないでしょうか?
NTTに工事を依頼すると、工事費は割高になります。
(ちなみに、NTTの工事単価は私の工事単価の約2倍ほどです。)
電話帳で地元の電話工事業者を探し、見積もりをとってみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-30 19:38:03

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
とてもわかりやすく参考になりました。
早速地元の電話工事事業者にあたってみます。
素人では判断できない事が多々あり高い買い物をするところでした。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-30 20:37:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.9

私は宅内の電話工事をしているものです。
FAXがBSLAPというアダプタを介して親機とつながっているのでしたら、親機のみの交換で対応することも可能かと思います。
現在、親機はAX-IRMBTELという型番だと思いますが、これをAX-ARMBTEL(アナログ用主装置内蔵電話機)に換えれば、端末(親機以外の)はそのまま使用できます。
AX-ARMBTELはオークションでも安く手に入れられますので、システムを総入れ替えするよりは、ずっと安く出来ると思います。
(とは言っても、ひかりルータからの配線と親機の設定が必要ですので工事費がかかりますが)
もし、FAXがTAで接続されているのでしたら、BSLAPも新たに用意する必要もありますし、配線工事がさらに必要となるので、費用的に判断に迷うところですが。

投稿日時 - 2010-03-30 08:07:08

補足

補足させていただきます。おっしゃる通り親機はAX-IRMBTELです。
表現は正しくないかもしれませんが
FAXは単独で番号を持っていてADSLでパソコンと一緒につながっているようです。この状態で親機のみ交換でも大丈夫なのでしょうか?
だとしたら販売委託業者・NTTの説明は疑問ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-30 08:20:50

ANo.8

>電話機を総替えしなくても使える方法はないのでしょうか?

 費用対効果の面で、ご判断されますように、お願いいたします。
(1)現状機器+ひかり電話オフィスタイプ(ISDN対応アダプタ追加)
(2)現状機器+ひかり電話対応社外アダプタ(アナログ-ISDN変換)
(3)機器交換

>ISDN主装置内蔵型のビジネスホンを使用しています。

 NTT東西の光IP電話で、ISDNインターフェースに対応出来るのは
「ひかり電話オフィスタイプ」になります。(同ビジネスタイプも
可能ですが、回線数を考えると質問者様には、該当しません。)
http://flets.com/hikaridenwa/office/charge/index.html
 それでも、「ひかり電話」に比べますと、ランニングコストが
かかりすぎますね。

 社外品になりますが、逆TAという機器が一時期リース業者にて
使われた事が有ります。
 回線はアナログ2回線なのですが、それをINSネット64回線に
変換する機器で、ISDN対応ホームテレホン・ビジネスホンに追加
する事で、IP電話アダプタ等を利用可能にする機器でした。
 現在の機器は下記URLの製品になります。
(価格を考えると現実的ではないと思いますね。)
http://www.alexon.co.jp/products/ipgw/hds5000/hds5000_point_frame.html 

 他の回答者様が、書いてあるように、代理店を通さず直接NTT東西の
中堅・中小営業担当者に、相談するのが良いかと思いますよ。

蛇足ですが、
http://www.ntt-east.co.jp/aboutus/group/keniki.html#01
 現在のNTT東日本の会社構成は、本社ならびに、(県名)支店
 地域会社としては、NTT東日本-(県名)会社になりますので、
元NTTさんは、組織編成の再確認をされますよう、お願いいたします。

西日本エリアは、下記のとおりですね。
http://www.ntt-west.co.jp/corporate/group/

投稿日時 - 2010-03-29 20:12:30

補足

補足なのですが、通話は同時2回線出来ればOKなので、
お答えから考えると電話機は現状のままで光電話+複数チャネル(西日本)で大丈夫ということでしょうね。今一度NTTさんに聞いてみます。

投稿日時 - 2010-03-30 08:03:44

お礼

ご回答ありがとうございます。
(1)現状機器+ひかり電話オフィスタイプ(ISDN対応アダプタ追加)
という方法もあるのですね。
販売業者もNTTも総替えの方法しかないと言うのですが、
こういった方法を知らないのか、知ってて勧めないのか、
自分自身勉強する必要性があるとつくづく感じます。
ちょっと先が見えてきました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-03-30 08:10:06

ANo.7

元NTTです。

NTTの名をかたり、ロゴマークをコピーして名刺に載せ、いかにもNTTの者だという悪徳業者は後を絶ちません。
IP電話が普及し始めたときなど、電話の裏側の番号を教えてくれとか、いまの市販の電話機は使えないなど嘘八百並び立てて、契約させ、自分のところで保守するのいやだから、本物のNTTの保守の電話番号を教え、いざ機械が壊れたら、局には契約上知りもしない人から電話がかかってきて
契約の名義関係で一切修理できないと言うと憤慨し、保守外の高額で別業者に依頼をするか
わかるようであれば、保守外料金でNTTの修理部門を動かして一切の保守契約を業者に委託したまま、契約違反の他社修理を行い、期間内保守なしで泣き寝入りするか
クソ業者が今でも後を建ちません。(契約期間はNTTでも回線権利上いじることが法的に出来ないので、取替えは出来ない)

知りもしないで、自宅(商売してる)や、知っている人に業者から電話かかってきたときは
その業者をオトリでだまして、説明させ(隠し撮りして)、会社を突き止めて、局本社の弁護士軍団つれて、委託業務権利(リースの権利)の一切の剥奪と、刑事裁判(詐欺罪)をして、すべて見せしめに罰金で尻の毛まで抜いてやったんですけど、相変わらず多いです。
何件か、個人営業のだまし営業を摘発してで、多額の罰金とって一家首吊りとか心中とかさせたけど、こんなのはかわいいほうだといわれました。死んだ悪徳業者の家族なんぞは気にもしてませんが、だまし業者も気にも留めてないそうです。
ソレくらいリースの継続権利ってのはもうかってオイシイので。

NTTでは、正直それほど、契約に関しても儲けをどうのこうのするほど、逼迫してませんし
社員もそれほどノルマも無いので、わけもわからない委託業者ではなくちゃんとしたNTTの業務部に相談してください。
本物のNTTの職員は、胸にネームプレート、名刺にはNTTのマーク 電話番号には「~支局」「本局」と
(~会社 ~支社 ~営業所ではなく局で統一している)が記載してあります。
また、電話を掛けると必ず NTT~ の何々と名乗るように教育されていますので、クソ委託業者とは一線を記しておりますので、コチラにご相談下さい。

あと、会社がある場所は、雷の通り道や停電などが夏頻繁に起こる場合
又、ガスメーターやセキュリティなど、一般回線をブリッジして使用している場合、必ず非常用アナログ回線は1本ターミナルに入れる必要があります。

光IPにすると、すべて掛けるほうの電話はIP経由になり、全国一律3分8円の料金になります。
プロバイダーのサービスによって携帯に掛けるときにサービス割引になる場合もありますので
契約の際はご検討下さい。

投稿日時 - 2010-03-29 14:26:12

ANo.6

#5です。
私の友人も個人商店ですが、貴方様の業種や規模が不明ですから比較は出来ませんが、
・ISDNは解約
・新規に「フレッツ光」+「ひかり電話」
にしました。

この切り替え過程で、
・番号は「ひかり電話」に移し替え(ボーダビリティ)
・一回線で、「マイナンバー」、「ダブルチャネル」のオプションで自宅と店舗で使い分けしています。
・「加入権」は、何時かアナログ回線が必要になるかも知れないので「休止」扱いにしました。

・「ひかり電話」の泣き所は、使えない番号がある事や停電時に使えないのですが、使えない番号なんか商売上無関係ですし、携帯もあるし停電時も問題なしです。第一、災害になれば携帯だってアウトになるのですからねぇ。

NTTによく相談されるのがベストだと思いますよ。

投稿日時 - 2010-03-29 12:28:42

補足

ありがとうございます。
いろんな方法があるようですね。
1度NTTさんに「マイナンバー」、「ダブルチャネル」について
相談してみます。

同時に2台の電話機で外線通話したいとなると
ビジネスホン(ホームテレホン)か
家庭用を2セット用意するかの選択でしょうね?
(現実的ではないですが)
色々と参考になりました。

投稿日時 - 2010-03-29 12:58:47

ANo.5

私は違った観点からのコメントです。

今まで、リース契約だったそうですが、商売上効果はありましたか?
たぶん、業者のセールスポイントは「リース料の経費算入」でしよう。
しかし、今やその文言も「死語」で、「少額資産の経費算入特例」もあって、一括処理を行い資産計上をしている方は殆どおりません。

懇意にしている税理士か、税務署(わが国で一番親切な役所です)にお尋ねになれば教えてくれます。

今までのリース料の総額は、対象物件価格の二倍以上になっているでしよう。折角働き出した利益でリース業者やその裏に居る銀行員の給料を払っていたようなものです。

リース契約するのであれば、その仕組みを熟知していなければなりません。利率の算定や対象物件の仕入れ価格だって、貴方が仕切る位の知識が必要です。そうでなければ、貴方は美味しいカモになります。

最近、通信設備を主体にする悪徳リース業者が氾濫しています。注意しましよう。

投稿日時 - 2010-03-29 11:59:59

ANo.4

業者は嘘をついている訳では有りませんが、費用対効果が高くなる
装置への取り換えをされた方が良いと思いますよ。
(他メーカの機器とも比べてみる)

拡張性も考えられた方が良いと思われます。

投稿日時 - 2010-03-29 10:43:38

お礼

ご回答ありがとうございます。
以前電話機のリースで嫌な思いをしており、
新規リースに慎重になっています。
現在の商売の状況で本当に必要なものは何か
今一度考えてみます。

投稿日時 - 2010-03-29 11:58:04

ANo.3

回答の補足ですが

一般の電話での多回線はできないですよ。 たとえば外線1とか外線2ってついてる電話が
普通の電気屋で売ってるの見たことありますか?
一般回線が2本も3本も必要な「一般家庭」ってありますか?(商売をやってることは一般とは言いません)

メーカー側も、そんな需要のない電話は作りませんし、使うほうでも数万世帯に1件程度のものでは
必要もありません。

電話割り込みの場合は、キャッチホン使えば出来てしまいますし、一般家庭では、1回線で内線を含め親機1台 子機2~3台もあれば解決できてしまいます

複数回線での電話応対の、なり分けや、Iナンバーでの回線分配や、掛ける際の回線振り分けなどは
セットボックス内で行われているため、それに対応する6芯4線の対応できる電話は
ビジネスフォンしか存在しないのです。

投稿日時 - 2010-03-29 10:32:03

お礼

ありがとうございます。
以前無知のあまり電話機リースで苦い思をしており
どうしても踏み切れない部分がありました。
今一度ビジネスフォンを検討致します。

投稿日時 - 2010-03-29 11:53:57

ANo.2

もとNTTです 交換機内に光電話回線を入れて、交換が出来ない(ISDN用ではできない、アナログ回線専用であれば、交換機外部より、光終端機と、光電話対応ルーターをつけて、線だけひっぱて来てくること)が出来たのですが、もともとISDN時代に光IP電話なんて世に出てくることがだれも想像もしえなかったのでしょうがないと思います。

ISDNタイプだと、交換機内は非常回線が1本無いし2本 ISDN回線とISDNモデムが入っており
主要回線はISDNユニットからの回線となるので、基板上の改造は無理なんです。

光が出回り始めたときに、何件ものお客に言われました。

投稿日時 - 2010-03-29 09:15:01

補足

早速のご回答ありがとうございます。
もうひとつお聞きしたいのですが、
現在電話番号は1つで
ISDNを使って1つの電話が通話中でも
もう一つの電話機で通話出来るようになっています。
このようなことを市販の家庭用電話機で対応できないものでしょうか?
たとえばターミナルアダプタをアナログ3ポート云々で・・・
これは他のサイトで見たのですがこういう事は可能でしょうか?

投稿日時 - 2010-03-29 09:30:15

ANo.1

その方法しかないと思いますよ。

光回線とISDNとは根本的に回線そのものが全く別物なので。
(一般導線と光ファイバ線)
光回線は、光ファイバ線を直接家屋に引き込む形になり、家屋内ではLANでの接続のみとなります。
そのため、一般の電話回線は一切使いません(使えません)。

基本的に線種(一般回線/ISDN/ADSL/FHHT(光))毎に使える機器は限定的と思っておいたほうが良いでしょう。
(唯一、一般電話回線とADSLはスプリッタで分線可能(ADSLが一般電話回線網を使う為))

投稿日時 - 2010-03-29 09:03:09

お礼

早速のご回答ありがとうございます。
今一度光のメリットとリースの必要性を検討してみます。

投稿日時 - 2010-03-29 09:30:00

あなたにオススメの質問