こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

株式の買取について

知人Aから、Aの父親(故人)の会社(株式会社B)の株式を買い取ろうと考えています。知人AはAの父親(故人)の唯一の相続人で、その会社は非上場で実質上の休眠会社です。
ただ、ここで会社の全部事項証明書を見ると、役員が何名かいます。株券自体はありませんが、発行済み株式数は500株とあります。
しかし、Aの父親(故人)が全ての株式を持っていればAにその譲渡金額を払えば良いのですが、それをどうやったらAに証明して貰う事ができるのでしょうか?・・・質問1
ちなみに、既に株式会社Bの役員には連絡がつかないとの事です。(その役員のうち、Aの父親以外にも1名は他界しているとの事です。)
また、それを証明できなくても、役員の変更、住所の変更等の登記はできるのでしょうか?・・・質問2
実際に他の人が株式を持っていた場合、後から、その所有権を主張された場合はどうなるのでしょうか?・・・質問3
解りにくい、質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2010-03-29 02:16:36

QNo.5786760

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちわ。元プロっす。今は、プロではないっす。

休眠会社の買取は、当該会社が持つ免許や口座を取得したい人、社歴
を長く見せたい人や資本金を大きく見せたい人が買取をします。でも、
綺麗な休眠会社?って誰も確証はないので、質問者さんの質問だけ
でなく、過去の借金が出てきたらどうなるとか、過去のトラブルの
有無など、常に議論になるっす。

結論から言うと、私なら買いません。通常は、オーナーを信じて、
さらにオーナーから証文をとって買い取るのが普通っす。でも、
オーナーが故人で、実情を知らない息子から買うのは良くないっす。
勉強さえすれば、法人の登記は誰でもできることで、わざわざ
買うにはそれなりの理由が必要っす。その理由がとっても大きくない
かぎりは、事情を知らない息子から買わないのが原則っす。

投稿日時 - 2010-03-29 11:54:59

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問