こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

60歳代の夫婦二人でアメリカをドライブ旅行しようと思っています。アメリ

60歳代の夫婦二人でアメリカをドライブ旅行しようと思っています。アメリカには10年位前1度旅行したことあるのみ、向こうでの車の運転はしたことなし。これって無謀なことでしょうか。右側通行には慣れると聞きますがはたしてどのようなものでしょうか。また特に注意することや気をつけるべきことなどのアドバイスもお願いします。行き先はケンタッキー、バージニア、ウエストバージニア、テネシーなどの田舎が主です。

投稿日時 - 2010-03-28 15:21:14

QNo.5785279

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

No.5 です。
無謀だとアドバイスされる方が増えているようですが、慣れない場所(交通量の多い場所、道路構造の複雑な場所)での運転などをご心配なさるのは、もっともなことだと思います。
がしかし、偉大なる田舎であるアメリカは、お年寄りでも結構な幹線道路をお走りになっておられます。しかも、万全ともいえないようなお車で。(笑)
ですので、前回のアドバイスでも「個人差がありますので」と書かせていただいた通りです。
1日に数時間以上、500マイルだとかを毎日走ろうとなさるのであれば、これは無謀かもしれませんし(アメリカにも慣れた元気な若者以外には)、1日に数時間以内、せいぜい200~300マイルを毎日でないくらい走るのであれば、熟練ドライバーにとっては、さして問題ではないでしょう。
もちろん、事前に交通規則などについて要点は確実に熟知しておくとか、交通の流れに乗るテクニックなどに関しても、現地ですぐに馴れるかどうかなど、押さえておく問題もあります。

前回のアドバイスにあるように、道を間違えてパニックになったり、自分の能力を越えるような技術や勘を要するような運転は、極力避けることが大切です。
それは、事前の計画でかなりの部分、カバーすることができます。
避けるべきことは、行き当たりばったりで、予定外の時間や予算などのロスを生じることで、無理無謀な行動をしなければならなくなることです。
他の方がお寄せになったアドバイスは大変参考になるでしょう。

ご質問にある州を回るには、観光旅行としては回るだけで5、6日は必要ですので、それぞれの場所で何をどれくらいの時間をかけて見て回るかを考えると、いろいろ見る所がある場合には10日間以上の日程がないと行程が厳しくなるのではないかと思います。
また、行動範囲が広くなると、事故や故障、また体調不良などのケースを考えると、そのための準備や余裕(時間、金銭等)も考慮する必要がありますね。
9日間の旅程であるとすれば、せいぜい4日間のドライブで回れる範囲、たとえばバージニアであればDCからウェスト・バージニア程度、テネシーであれば、テネシーとケンタッキー程度というように、アパラチアを越えないような範囲でまとめた方がいいかなあ、という気もします。

その他、ドライブに関する注意点では時差ぼけが影響しますので、到着日(その日じゅう)と翌日(特に夕方がきつくなると思います)は、運転は控え目になされた方がよろしいと思いますし、3日目以降も注意すべきでしょう。
これには個人差がありますので大丈夫な人は大丈夫かもしれませんが、頻繁にアメリカに旅行する方であっても、時差ぼけがどのように出るかは予測不能であろうと思います。

日程に無理が生じた場合は、大きな都市にいるうちであるとか行動しやすいときに即座に判断して旅行を中止することも必要かと思います。
都会を離れて人気のない場所で迷うことだけは避けなければなりません。

投稿日時 - 2010-04-06 02:50:41

お礼

懇切丁寧なアドバイスを有り難うございます。以下、私の計画を説明して多少の補足します。アトランタで入国、テネシー,ヴァジ゛ニア州境のTri-CitiesRegionalAirportからレンタカー乗り出し、1日の走行距離は50から200kmに設定、総距離700km11泊、最後レキシントンで3泊レンタカー乗り捨て、アトランタから出国。宿泊地はブリストル、ヒルトンズ、ブルーフィールド、ベックレイ2泊、パイクビル2泊、ウインチェスター、レキシントン3泊、道路不案内が不安ですがナヒ使用で対処可能と思っています。事前の入念準備で行き当たりばったりは出来る限り少なくするが予測不能なこともあり。上記2箇所の空港は、大都市でないこと、レンタカー、特に乗り捨ての関係から。時差ボケは以前のアメリカ旅行では解消に約1週間を要しました。体調、個人差など大きいのだと思いますがこのことも不安要素で、2,3日経過してから運転するが無難かと考慮。運転は家内共々毎日しております。この歳になると連続運転は結構疲れます、遠出は1時間程度運転、休憩でやっています。英語力については私は若い頃に英検2級を取りましたが普段使っていないので、ペラペラとしゃべられるとだめで、家内は全くしゃべれない、読むのはいくらか出来る程度でしょうか。また即座の判断、決断についてもまさにそのとおりと思います。以上お分かりにくいかと思いますが補足です。またお気づきのことありましたらお願いします。

投稿日時 - 2010-04-07 11:19:52

ANo.15

このQ&Aは役に立ちましたか?

16人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

こんにちは。 No.11です。 実は私は質問者さんに近い年齢なんです。 このカテゴリーで「アメリカでレンタカーを運転したい。」という質問が出るたびにほとんどの回答者が「やってみなさい。」「行動範囲が広がる。」「アメリカの広さを実感できます。」などと回答します。 おそらく、若い人だと思います。
回答者さんは60歳代ということで、私もですが若い人と比べると反射神経もちょっと鈍っているかもしれないし(失礼!!でも、私もです)順応性もネ、そういうことも考えたほうがいいです。

ほかの回答にもあるように、KY周辺だとLouisville空港とシンシナティ空港(Ohio州にはなく実はKYに位置します)は空港をでてすぐに高速道路に乗らなければなりません。それもかなり複雑です。 Lexington空港は牧場の近くにあり、運転しやすいと思います。 そこで車をかりて一日走ったとしても緑の牧場や州立公園などにいけて景色や「アメリカ~」と言う感じを堪能できると思います。
テネシー州もNashvilleの空港から町に行くにしても、KYに向かうとしてもはじめてだとちょっと難しいです。 こちらの主要な高速は時速70マイル~75マイルでみんな走っていますので(キロにすると110キロ)レーンを間違えただけでパニックになります。
アメリカの高速を走っているトラックは日本のものとは大きさ長さが全然ちがって、私はトラックを追い越そうとして「こりゃ、無理。」とあきらめたことがあります。長さは2倍ほどあります。

あと、余談ですがカナダのバンフ~ジャスパー間の「アイスフィールドパークウェイ」という道路なら海外運転初心者でも大丈夫です。

以上のことから、1日レンタカーを借りて楽しみ、あとは普通に観光なさってはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-04-05 23:40:14

お礼

再度の懇切なるアドバイスを有り難うございます。まさにこの歳なので、行け行けよりも様々な不安が先に立ってきます、がそれでも行きたいのです。それからドライブは手段であって、目的はさまざまな見聞体験ですが、このような地は交通機関による旅行は効率が悪くどうしても車を使うことになると思っている訳です。No5さんの2度目のアドバイス電への補足に示しましたような計画をしております。これをご覧になるとある程度お分かりいただけるでしょうか。今回は手始めとしてもう少し短い行程にすることも考えます。カナダ・バンフ「アイスフィールドパークウエイ」についてのご呈示有り難うございます。調査、検討したいと思いますが、何か手がかりになるURL等ご呈示いただけると有り難いのですが。

投稿日時 - 2010-04-07 11:43:09

ANo.13

私も11番目の方と同じで無謀だと思いますね。
アメリカって実は「大きな田舎」なんです。
大陸の中で町になっているはほんの少しの部分だけで
隣りの州に行ってもどこまでもどこまでも何にも無い田舎道がずーっと続くのです。
しかも、思っている以上にアメリカは大きいですよ。
5つもの州を跨いでドライブするのはロングドライブ過ぎて
苦行以外の何物でもない気がしますね。
計画で行けば最後の州でレンタカーを乗捨てするんですよね?
とすると途中で体調などを壊して運転が出来ない状態であっても
最後まで運転し続けなければならなくなるのでは?
もっと規模を小さくして、ちゃんと楽しめる行程にした方が良いと思います。

投稿日時 - 2010-04-03 18:10:21

お礼

アドバイスありがとうございます。実際的内容でよく分かります。体調の失調や様々な予期しないトラブルに遭遇する可能性とそれへの対処を現実問題として考えることが必要と思います。計画全体を短くするなどでしょうか。旅行日数は9日間を考えていますが。

投稿日時 - 2010-04-03 19:39:57

ANo.12

レンタカー会社はお決まりですか?
自分はいつもハーツレンタカーにして必ず「日本語音声ナビ」である「Neverlostネバーロスト」をつけますよ。
日本でごくふつうに普及しているナビとは違いますが全く土地勘のわからない外国ですから不安もたくさん。でも、これがあれば楽ですよ。
操作は初めはちょっとアレ?と思いますが慣れればとっても便利です。
特に道を間違えたときに重宝します。
なんか現在キャンペーンをやっているようですよ。
https://www.hertz.com/rentacar/specialoffers/index.jsp?targetPage=Try_Never_Lost.jsp&Category=T&TabLink=tlink6

投稿日時 - 2010-04-01 02:24:34

お礼

アドバイスありがとうございます。ナビはガーミンのが良いという話を聞いていて、それを日本から持っていこうかと思っているところですが、neverlostがが良ければ再考の余地ありです。

投稿日時 - 2010-04-01 13:53:36

ANo.11

回答しようかどうか迷っていました。 私は在米11年です。毎日車を運転しています。
みなさんが、車を運転することを前提に注意事項とかを書いていらっしゃるので質問者さんはレンタカーを借りることをきめていらっしゃるのでしょうか。水をさすようで申し訳ないのですが、 某回答者のかたと同じく私が質問者さんの娘なら反対します。 回答者のかたの友人が毎日練習して最後に空港まで行った、とありますがそれも同じ道を何度も練習したからです。
質問者さんは毎日、違う道を運転しますよね。 それから、交通法規の日米の違い以外にもサインの英語が読んで理解できないといけません。 たとえば、yield「譲る」・・・日本では「優先」と言う言葉になりますが。このサインはしょっちゅうでてきます。 あと、右側通行ですから原則的に右折は左から車がきていなければ赤信号でもOKなのですが、これも、その交差点によってちがいます。(すでにほかの回答にもありますが)

私ははっきり申し上げて「無謀」だと思います。 質問者さんの書かれている「田舎の州」に住んでいますが、環状線の高速道路は片側5車線のところもあります。ジャンクションも複雑で(スパゲッティジャンクションと呼ばれている)私はそこを運転できるようになるのに2~3年かかりました。
私の住んでいる州のひとは方向指示機を使わないので怖いです。

私の主人もこちらで毎日車を運転していますが、日本に一時帰国したときはもう、車は運転できません。左側通行の道路が怖いからです。

ただ、残念なことにあなたの行き先である州は車がなければ、町の中心地(バスが走っている)だけしか観光できないでしょう。 それから、アメリカの広さはご存知でしょうが、ケンタッキーからバージニアまでは9時間くらいかかります。(町にもよりますが)

もし、レンタカーなさるのなら日本の免許証と国際免許証の両方を持ってきてください。「国際免許」は紙切れ、と書いている方がいっらっしゃいますが、アメリカのポリスは日本の免許証の日本語は読めませんから両方必要です。
あと、事故や故障のときの対応が英語でできますか? あってはならないことですが、これは大切なことです。
日本からの観光客が「アメリカで車を運転したい。」と L.A.とかで運転しますが、私はそういう人のそばは走りたくないです。こっちの方が怖いです。

もし、レンタカーを借りられるのならどうぞ、気をつけて運転なさってください。

投稿日時 - 2010-03-31 14:45:24

お礼

アドバイスありがとうございます。実はこういうアドバイスを欲していたのです。おっしゃることは一面において真実でそのとおりだと思います。ただこのアドバイスでかなり消極的になっています。実情が分からないので決断難しいです。

投稿日時 - 2010-04-01 14:00:35

ANo.10

#1です。
せっかくの御夫婦の旅行です、安全の安全で運転してらしてください。
運転が出来れば、行動範囲も広がります。

私が知り合いなら、本当に運転手を勤めます(^^)v
かなり運転は好きですから。

ゆっくり走っていても、日本のように意地悪はされませんから・・・大丈夫ですよ。
馴れないと、右によりがちになりますが、お互いで「右よったよぉ~~」って掛け声のように掛け合っていけばいいでしょう。
実際、私が友達にしました。
そして、ローカルから見れば、レンタカーで旅行者とわかるのか・・・走っていても、周囲には車が少なくなりますね。(^^;)もちろん、段々なれてくれば違いますけどね。


是非、楽しんでらしてください!

投稿日時 - 2010-03-30 00:18:47

お礼

再度のアドバイスありがとうございます。安全の上に安全は分かっているつもりですがどうなることやらですね。

投稿日時 - 2010-03-30 19:21:08

ANo.9

気をつけていってきてください!!私も留学時代はよくドライブしました。過去の経験を元にアドバイスを・・・。

アドバイスとしては、
●小銭を持っていく。特に25セント。というのも、いきなり有料道路派知ってた!とか、トイレ行ったら有料だった!ってことがあるので。しかも有料道路に人がおらん!ってことも田舎に行けば多々あるので、両替がいらないくらい持っていってください。
●出発する前、道中ガソリンスタンドみつけたら必ず寄ってガソリン入れて、トイレは済ませておく。ただし、ファーストフードがついているところ以外はトイレは避けてくださいねー。あと夜も。あ、トイレットペーパーないところもあるので持参しておくといいかも。
●スピードには十分気をつける。私も何度か高速で警察に怒られました。ライトをピカピカつけられたら、路肩によりましょう。切符切られるために・・・。無視して走っていると逃走と間違われて大変なことになりますから。。。
●夜の運転の注意。アメリカのほとんどの高速は両脇にガードレールがないので、夜は鹿がでたり、昼間でもいろんな動物が死んでます・・・。鹿をひくと人間を引いたと同じくらいの罪になることが州によってはあるので注意してくださいね!特に夜は視にくいから。
●サングラス&日焼け止め持参。とにかく日中眩しいし、日差しが強い!から。
●ロードマップはアメリカで買ったものを!現地の人に見せて道案内を聞くもよし、日本のマップのとのギャップを避けるため。ガススタで買えます。
●アルコールはご注意を!州によってはアルコールに関わる法律があります。空のアルコールが積まれているだけでも逮捕とみなされることもあるので注意してくださいねー。運転はもちろんレストランへ行って、そのまま店から持ち出して外へ出たり、同乗者のみが飲んでしまってもNGのところもアウトとなることもあります。
●駐車について。レストランやスーパーでも車椅子マークは止めないように!もし車椅子関係の駐車場を日本でも利用しているならその証明書や札関係も持参していきましょう。


ちなみに右側通行が不慣れなら・・・日本で助手席に乗って慣れておきましょう!!慣れておけばそんなに不安になることはありません。駐車場も日本とは違ってめっちゃみんな前向き駐車でつっこんで止めるし、何より広いですから。


最後にーーー。
どうせ行くなら日本から予約して飛行機のマイルが貯まるレンタカーを選ぶのも案かも?!アメリカの空港でもできるけど、英語になるし、いちいちマイルのこととか面倒になってくるので・・・保険のこといろいろ細かく聞かれるから。免許は日本で国際免許(紙切れ)作るのを忘れずにー。

アメリカ人も老後はキャンピングカーでアメリカ1周をやっていますよー。羨ましいー限りです。後ろに乗せていってもらいたいくらい贅沢な旅ですねー。

投稿日時 - 2010-03-29 11:15:47

お礼

アドバイスありがとうございます。いろいろなアドバイス聞いていると、行きにくくもありまた行きたくもありです。

投稿日時 - 2010-03-29 22:07:13

ANo.8

こんにちは。中西部在住です。2年ほど前にケンタッキー、テネシーからジョージアへとI-75を走りましたが、テネシーはアパラチア山脈のグレートスモーキーマウンテンも有名で、山脈の景色が日本を思わせる風景でした。

また、I-75のExit29あるいはExit25から行ける、ケンタッキーのCorbinという町にはケンタッキーフライドチキンの1号店があり、中は飲食の他に、当時使っていたキッチンなどそのまま残してあります。
http://www.corbinkytourism.com/sandersKFC.htm

・・・と見所を紹介しましたが、運転で気をつけること、というと、他の方も挙げておられる赤信号の右折時ですが、右折不可は「No Turn on Red」という標識があるのでわかると思います。またインターステートの出口を出た後、2車線が右折できるところは、「No Turn on Red」の標識の下に、小さく「curb lane」を除く、というようなことが書いてあれば、これは一番右端の道路が赤信号でも(一旦停止後)右折可ということです。

インターステートの場合、Exitが番号になっていて、例えばI-75だと南から数が増えています。州が変わるとまた出口の番号が1に戻ります。出口の番号はマイル数も兼ねています。Exit20から入ってExit32で降りる時はその距離は約12マイル、ということで、時速60マイルで走っていたら12分、と距離と時間が簡単にわかるようになっています。

出口の番号がとんでいる時があります。例えばExit21が地図でも見当たらない、ということがあるかもしれませんが、ないということです。I-75のテネシー内の山間部を走っていた時は、次の出口まで十何マイルか離れているということもありました。

インターステートでは走っていて新しい州に入ると、Welcome Centerなるものがあり、地図やパンフレットなど無料で入手できます。また走っていて、次のRest Areaまで何マイル、というのも目にすると思います。Rest AreaはWelcome Centerのように売店はありませんが、トイレ休憩できるようになっていたり、自動販売機や外にはピクニックテーブルが置いてあったりして、ちょっとストレッチしようかなという時にはいいと思います。もちろん次の出口のFood やGasという看板の案内が出てきて、お店のロゴが描いてあるのでわかると思います。

給油に関しては、車に乗る前に、給油口がどちらかを見ておくというのは日本でもそうかもしれませんが、セルフは簡単ですし、窓ガラスを掃除するものも置いてあります。ガソリンスタンドによって給油の機械が少し異なりますが、「Pay Outside」を押せば、コンビニに入らなくてもクレジットカードで支払いができます。もし「Debit」か「Credit」の選択をしないといけない場合は、「Credit」を押します。レシートがいるかどうかという表示も出て、YesかNoを押すだけです。Car Washをしたいか、というのも表示されるところもあるので、したくなければNoを押します。もし印刷の紙が切れていて、レシートが出てこなかった場合は、給油スタンドのそれぞれに番号が書いてあるので、コンビニの中で、「No.○、レシートプリーズ」というような簡単な言葉でレシートがもらえます。

時差の上に疲労度も日本よりは増すと思うので、十分に休養をなさって無事のドライブを~。

投稿日時 - 2010-03-29 04:53:38

お礼

アドバイスありがとうございます。インターステートの出口について分かりました、またない番号のことも分かりました。

投稿日時 - 2010-03-29 22:11:40

ANo.7

多くの人たちが注意事項を書いているので、まだ出ていないやつを書いておきます。

1.アメリカの道は飛ばせますけど、所要時間はご自身の平均速度の8掛けくらいのスピードに基づいて余裕をもって旅程を立ててください。スピード違反の取り締まりはいろんなところで行われています。また、やっぱりずっと運転していると疲れますから、無理な行程は避けた方がいいでしょうね。適宜、休憩をとるようにしてください。インターステートのサービスエリアやハイウェイのビジターセンターを全部、あるいは2個所に1個所くらいのペースで覗いていくくらいのつもりでいてもいいんじゃないでしょうか。

2.右側通行ですが、奥様が隣に乗っておられるなら、いっしょに注意してもらうようお願いすればよいのではないでしょうか。私もこちらに住み始めた当初、間違って左側通行になりそうなときには家内に注意してもらうようにしていました。

3.夜の運転は極力避けましょう。動物のことを書かれていた方がおられましたが、動物の多くは夜行性です。暗いとドライバー側の認識が遅れて、動物が飛び出してきてもよけきれません。それから、こちらは飲酒運転にあまり罪悪感を感じていないので、夜は飲酒運転の車が非常に多いです。そういう車がぶつかってこないとも限りません。
また変な話ですけど、夜はそういう飲酒運転の車を取り締まるために警察車も多く走っていて、質問者様の車も呼び止められないとも限りません。呼び止められたときに応対の仕方が不審に思われると、何にもしていないのにトラブルに発展する可能性もないとは言えませんね。
暗くなったら運転しない。これだけでかなり事故やトラブル遭遇の可能性はかなり下がると思います。

4.一応私の住んでいるヴァージニアのDMVが出しているドライバーズマニュアルのURLを貼り付けておきます。もちろん英語です。ちなみに道路標識や電光掲示板のメッセージなどは全部英語ですから、この程度の英語には慣れておいた方がいいです。
http://www.dmv.state.va.us/webdoc/citizen/drivers/manual.asp
4方向ストップの話、手信号の話、車線の種類の話も全部出ています。道路標識は一通りチェックしておいた方がいいでしょう。また日本にはないものに、スクールバスのことがあります。スクールバスがSTOPサインを出している間は対向車であっても停止して子供の安全を確保しなければなりません。

5.車線変更するときは、直接目視を励行してください。こちらのドライバは結構無理な割り込みも平気でしてきます。サイドミラーやバックミラーを頻繁に確認していて、車がいないと思って車線を変えると、実はそこに別の車が潜んでいた、なんてこともよくあります。ミラーだけでなく、しっかりと直接確認をして、ゆっくり車線変更をする(危険だったら相手がクラクションをならしてくる)ようにしてください。

6.あと予定の立て方ですが、長距離を運転するということになると、どうしてもインターステートを中心にルートの計画を立てがちです。でもこれは実はドライブ旅行としてはあまり楽しくないのでお奨めできません。
できればインターステートの利用は全行程の半分くらいにとどめ、あとはUS-***(国道)、VA-***、WV-***(州道)などの一般道をうまく組み合わせてルートの計画を立てられることをお奨めします。アメリカの町並みや人々の生活も少しだけ垣間見えて、充実したドライブ旅行になるのではないかと思いますよ。もちろん一般道は路上駐車も多く、インターステートより道路状況がごちゃごちゃしているので、その分緊張感が増してきますが、慣れてきたら絶対にお奨めです。

では楽しんできてください。

投稿日時 - 2010-03-29 02:09:43

お礼

アドバイスありがとうございます。家内と二人で行くのは運転と注意を分け合う、見張りを交代すること、もちろん一緒に旅行する楽しみも含めてです。

投稿日時 - 2010-03-29 22:18:32

ANo.6

みなさん、とても有益なアドバイスをしていらっしゃるので、私からは「運転」そのもの以外について。

「水分補給、暑さ対策、トイレに行けそうなところでは必ず行っておく」ことをお伝えしたいと思います。

健康面でも無理をなさらないように。

投稿日時 - 2010-03-29 02:06:13

お礼

アドバイスありがとうございます。何しろ歳ですから無理はしないようにします。

投稿日時 - 2010-03-29 22:20:29

ANo.5

個人差がありますので、まったく無謀なこととは言えない場合もあれば、やめておいた方がいいのではないかと思われる人もいることはいます。

標識ですとか、規則については、事前にしっかりと学習しておけば十分でしょう。止まらなければいけない場所、状況(たとえば、スクールバス)、徐行しなければいけない場所・状況、などなど。

右側通行に関しては、確かに慣れますが、対面通行や対向車線がない場所では、なかなか左側通行の癖は抜けません。
よく言われる右左折した後に左側に行ってしまうという問題も、通常の交差点では対向車両があるので、あまり間違えません。
ただし、自分が一方通行だとか対向車線と完全に分離された車線などを走って来た場合や、曲がる先がその種の一方通行車線などの場合には、うっかりする可能性もあります。
また、駐車場などの広い場所や車寄せなどで、つい右回り(時計回り)をしてしまう可能性もありますし、駐車場内の出会いがしらで相手の左に行きたくなるなどの問題もあります。
慣れてしまえば問題がなくなるということは、けっしてないので、この種の違いを、常に意識しておくことは重要です。

日頃運転されていない方が運転すると、運転者(ドライバー)が車線の中央を走りがちです。初めての車で車幅感覚がない上に対向車に対する恐怖感でついつい右側(路側方向)に寄ります。
すると、助手席側が路肩に乗り上げたり、路側のごみなどを踏むので非常に危険です。(路側の樹木、枝に当たることもあります。)
車線幅全体の中に車両がうまく納まるように、時々ミラーを見て走る位置を確認するとよいでしょう。

道を間違えた場合は、ある程度あきらめて、安全に戻れる場所まで走るしかないです。あわてて停車したり、脇道に折れて引き返そうとすると、先述のような右左折での間違いを犯す可能性が高くなります。
道を間違えたという失敗は失敗としてすぐに気を取り直して、その後の安全運転を心がけた方がいいでしょう。
もしも、こういう場合に、ご夫婦で相手をなじるような状況になることが予想される場合には、事前にお話し合いをして、異国での車の運転がいかに大変であるかを説いて、まずは安全運転のために運転の失敗で夫婦喧嘩にならないように、意思統一なされた方がよいと思います。^^;)

その他、警察関連では、アメリカでは日本のように管轄の警察が一つと決まっているわけではなく、州、郡、市町村などにそれぞれの警察(や軍)があり、ハイウェイには別の組織があったりします。
多種多様なパトロール・カーが走っていますので、お世話にならないように気をつけてください。

投稿日時 - 2010-03-29 01:45:12

お礼

アドバイスありがとうございます。右側通行についてはおっしゃるとおり慣れるようでなかなかそうでもないのかも知れませんね。また駐車場などのことについても別の方から同じような話を伺いました。

投稿日時 - 2010-03-29 22:25:51

一に安全、二に安全です。
日本の免許証を必ず持参すること、米国は国際免許は認めていません。
訪問予定の州では右折可です。一旦停止して安全を確認したらたとえ赤信号でも右折しましょう。ただ、時々赤では右折不可のサインがある交差点もあります。
黄色い2重のラインは超えてはいけません。

右側通行の秘訣はいつも運転席が道路の中心側にあるように運転すること、これは右側に運転席のある日本などの車で左側通行する場合も同様です。

できればこのうちのどこかの州のDMV(自動車局)のサイトで交通規則を見られたら如何でしょうか?

投稿日時 - 2010-03-28 22:39:05

お礼

アドバイスありがとうございます。一に安全、二に安全、三にも安全を心がけて行きたいと思います。

投稿日時 - 2010-03-29 22:28:07

ANo.3

まず、故障の少なさと親しみという点から車は日本車を借りることです。
ただし、左ハンドルですから、ハンドル周りのワイパーやウインカーのレバー類は逆位置ですから、最初はもたつくでしょう。乗り込むときには、どうしても右側のドアに手をかけてしまいがちです。
私の経験では、3車線の大きな交差点で右折して、クロスする車線の右側車線に入ってしまい、向こうから車がどーっと来るのにびっくりして、進行方向の左側車線に戻りました。中央分離帯が低かったので、何とか戻れましたが、ひやりとしました。逆に、小道から右折しなくてはならないのに、うっかり左折して逆走したり・・・。これも向こうからの3車線の車列を見て、あわててすぐ左折して脇道に逃げた・・・・などなど、向こうに住んでしばらくたっても、油断すると逆走することがありました。なかなか習慣は抜けません。特に疲れると注意力が散漫になりますから・・・。
中西部の田舎道は確かに信号もなく、交通量も少ないのでのんびり運転するにはもってこいです。「次の信号を右だよ」と言われて、1時間走っても信号がないなんて広さですから。
右左折レーンに入る時(右左折するとき)、ウインカーを出さない車も多いですから注意してください。
あと、2ウエイストップ(交差点でどちらか一方方向のみ一時停止)、4ウエイストップ(交差点で全方向一時停止)が多いので、注意してください。ほぼ同時に停車した場合は、自車の右手の車が優先です。手で軽く合図してあげてください。また、自分がされたら、手を挙げて答える(Thanks)ことも必要です。この一時停止は日本に比べるとかなりみんな厳格に守ります。信号で停止線を越えたら、バックして停止線の後ろまで戻る車も少なくありません。
ダウンタウン(市街地内)は、何車線あってもすべて一方通行の場合が多いです。つまり通りによって車の流れる方向が違うわけです。ダウンタウンでの右左折には注意してください。
インターステート(州間高速道路)や一般のハイウエーでは、この田舎地域でも交通量は多いので注意してください。
ガソリンスタンドは、当然セルフです。だいたいコンビニとセットになっているので、そのコンビニの中で支払います。(現金かクレジットカード)
日本のセルフ方式の機械のように丁寧に手順表示などありません。ハイウエーのジャンクション付近には、たいていスタンド、ファミレス、モテルがかたまっています。
田舎道では、鹿やスカンク、その他の小動物が道を横断する場合があり、注意が必要です。高速はだいたい制限速度65~70マイルです。100キロ以上のスピードで鹿にぶつかると、車も大破です。そのためにも、保険は、フルカヴァーのものに入ってください。スカンクを弾くと、特に後続車は悲惨です。ごま油を生臭くしたような強烈な臭気が襲ってきます。
この地域のドライブは、夏のケンタッキー、見事な牧場風景の中のドライブももいいですが、秋のドライブも特筆モノです。赤、黄など見事な紅葉の中のうねった田舎道は、中西部のドライブの醍醐味でしょう。
ケンタッキーの北端シンシナティ国際空港、商業都市ルイビル国際空港体とすぐに環状線のハイウエーなので、方向や合流地点などいきなりでは難しいのではないでしょうか?レキシントン空港なら、その点比較的に楽です。
ケンタッキーからヴァージニアまでは、アジア系人口の少ない地域(アパラチア山系の中)を通ります。日本人は物珍しく見られるかも知れません。
ケンタッキーからテネシーまでは、I-75が有名ですね。北はミシガンから南のフロリダまで続く州間高速道路で、巨大なトレーラーもたくさん走っています。
ともあれ、安全で快適な旅になるよう準備をしていってください。

投稿日時 - 2010-03-28 21:15:01

お礼

沢山のアドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-29 22:30:17

ANo.2

旅行の経験と自動車の運転はあまり関係無いです。右か左かは単なる慣れの話ですから心配しても意味がありませんが、食事後にレストランの駐車場から出るときや交差点の左折時などに反対車線に入ってしまうのもよく聞く話しで、「右側通行」などと書いた紙を運転中に見えるところに貼っておくというのも何度か聞いたきいたことがあります。私は乗り始めてからしばらくは「左折は右折」と念仏のように唱えます。
一番危ないのは運転に飽きてボケッとしていたり道や建物を探して「どこだろう?」と注意が散漫になったときです(日本でも同じですが)。助手席の人が地図を読んで、たとえ間違いであっても明確に行き先を指示することができれば良いでしょう。
あとは距離感と速度感でしょうか。広域地図で計画を立てると毎日嫌になるくらい運転する羽目になるかもしれません。私は西部しか知りませんが、田舎へ行くと中央分離帯の無い、時には砂の浮いた砂漠の道で対向車と相対速度160マイル/hですれ違います。「飲みながら運転するな」という標識が立っていたりします。家を積んだトラックとすれ違ったりもします。「オーバーサイズ」といって先導車が付きますが、日本の感覚では反対車線にはみ出している荷物、ましてや家を積んだトラックが走ってくるとは思いませんから、最初は「なんだなんだ??」という感じで慌てて速度を落としたことを覚えています。
>また特に注意することや気をつけるべきことなどのアドバイスもお願いします。
全てについてです。いちいち具体例を聞いて対策を考えていたらキリがありません。事故はもちろん盗難などの犯罪に遭わないよう慎重に、疑ってかかり、手間を惜しまず用心する行動が良いでしょう。たとえば私は常に「私に話しかけてくる人は悪人である。」という前提で一次対応します。

投稿日時 - 2010-03-28 20:50:51

お礼

沢山のかつ具体的なアドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2010-03-29 22:32:13

ANo.1

普段、運転はされていますか??
それによりけりになります。
確かに、慣れますが、最初はドキドキでしょう。
空港から借り出した場合は、小さい空港ならそんなに複雑ではないですが、大きな空港はかなり複雑になります。そのヘンのとこはクリアーされていますか?
また、英語はいかがでしょうか?多少は出来たほうが、いろんな事に遭遇しますので、必要になります。

地域的にも、NY等の繁華街ではないようなので、大丈夫かと思いますが・・・

自分の両親ならば「やめて・・」と言ってしまうかもしれませんね。
私なら、一緒に行って、私が運転手をしますけど(^^;)

それでも、大丈夫、車を借りるというのであれば、保険はフルでかけてください。そして日本から日本語サイトで予約することをお勧めします(値段も安くなるし、日本語の緊急アシスト電話番号も使えます、アメリカサイトの場合、日本語アシストでも対応できない場合もあるので)

私事ですが。。。
昨年、友人に依頼され、メインランドで車の運転がしたいということで、渡米しました。
空港から、郊外の目的地までは、私が運転しましたが、翌早朝から、彼女の運転練習をしました。
このために近所には何もモールがないとか、そういう条件にしてホテルを決め、小一時間も同じコースをやったり、ハイウェイを何度も短い距離で往復しました。
最初は、やはりなれないものです、3日~してきたら、段々落ち着いてきて、最終日は空港まで運転させました。でも、顔を見れば、ドキドキだったのはわかりました。事故も無く帰国しましたが、かなりしんどかったと思います。この友人は30代半ばで毎日運転してる女の子です。(長距離は得意ですね。)
今年の6月、この友人の件を知ってる妹から、「私もやりたい!」と言われて、また渡米です(ハワイですが・・)彼女のために、離島で、みっちり4日間練習してから、ワイキキへ戻り、本番です。

もし、可能であるなら、どこかホテルの近所(それも繁華街でない・・)で練習をしてから、されるといいと思います。

参考までに。

投稿日時 - 2010-03-28 17:35:48

お礼

アドバイスありがとうございます。車は家内とも毎日運転しています。英語は実用英検2級持っていますが、余り役には立たないと思っています。田舎を選んだのは運転しやすさを考えてなのですが。それより「私なら一緒に行って私が運転します・・・」の文はお願いしたくなる衝動かられますね。

投稿日時 - 2010-03-29 22:38:14

あなたにオススメの質問