こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

給料未払いで、社長が逃げています。

給料未払いで、社長が逃げています。
取り立てる方法ありますか?
小さな会社だったので、保険等には加入していません。
会社は倒産ではなく、停止状態になっています。

投稿日時 - 2010-03-10 12:25:22

QNo.5740277

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

形式的に3つの段階を踏みます。
まず、最寄りの労働基準監督署にご相談ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html

それで解決しない場合は、社長の住所を確認し、内容証明郵便で未払い分を督促してください。
http://www.post.japanpost.jp/service/fuka_service/syomei/index.html

それでも応答がない場合は、訴訟を起こします。未払い分が60万円以下であれば少額訴訟という簡単な手続きでできます。
http://www009.upp.so-net.ne.jp/law/

投稿日時 - 2010-03-10 12:48:51

お礼

早速の回答ありがとうございます。

3の段階までやっています。被告欠席のまま判決も出ていますが、何の効力もありません。
かかった費用だけ無駄になってしまっています( ノД`)シクシク…

もっと強力な手段はないものでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-10 12:59:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

社長の居場所がわからない以上、裁判で勝ったとしても取り立てることができませんので、社長から支払いを受けるのは困難だと思われます。

会社が1年以上事業を継続して行っていた場合、労働基準監督署で事実上の倒産状態であると認定を受ければ、退職から6ヵ月前までの賃金のうち8割程度は立替払を受けられる場合がありますので、早めに相談に行かれた方がいいと思います。

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/tatekae/index.htm

投稿日時 - 2010-03-10 23:41:44

お礼

ありがとうございます。

もう一年が経ってしまいました。( ノД`)シクシク…

投稿日時 - 2010-03-11 00:28:55

ANo.6

>会社は倒産ではなく、停止状態になっています。

 「倒産」ではないというのは、破産等の法的手続はされていないという意味ですね。中小企業であれば、労働基準監督署長に事実上の倒産状態であることを認定してもらって、独立行政法人労働者健康福祉機構の未払い賃金立替制度を利用するしかないと思われます。

参考URL:http://www.rofuku.go.jp/kinrosyashien/miharai.html

投稿日時 - 2010-03-10 23:37:18

お礼

ありがとうございます。

労働基準監督署には行ったのですが、倒産してないからだめだ と
バイト風なおっさんに言われたので、諦めました。

お前じゃ話にならん他の奴だせ!
と食い下がれば認定してもらえたかも だったでしょうか?( ノД`)シクシク…

投稿日時 - 2010-03-11 00:27:27

> 3の段階までやっています
そうでしたか、うーん。

未払い給料請求権は成立しているわけですが、時効はたったの2年です。
他の未払い給与者や、取引先で債権をもっている方々と組んで、警察に相談してみてください。場合によっては詐欺罪で告訴できるかもしれません。
そうすれば、居場所が確認でき次第、警察が確保してくれます。

投稿日時 - 2010-03-10 13:38:12

お礼

ありがとうございます。

連携プレーはなかなかとれず、弁護士を雇うお金もありません。
他の未払い給与者のかたも、ほとんどが泣き寝入り状態となってしまっています。

結局逃げるが勝ちということなのでしょうか?( ノД`)シクシク…

投稿日時 - 2010-03-10 13:54:03

ANo.4

> もっと強力な手段はないものでしょうか?

日本ではありません。

投稿日時 - 2010-03-10 13:25:25

お礼

ありがとうございます。

結局逃げるが勝ちということなのですね( ノД`)シクシク…

投稿日時 - 2010-03-10 13:56:40

ANo.2

難しいですね。
ただ、「会社=社長」ではありません。
会社が停止状態とはいえ存続しているのであれば、預貯金や資産等の差し押さえは出来ると思います。
それ以上のことは、社長が捕まらない以上無理ですし、社長が捕まっても「ないものはない」で払ってもらえない可能性が大きいです。
(給料は最優先債権ですが、例えば死んで生命保険で払えとまではいえないので。)

投稿日時 - 2010-03-10 12:34:24

お礼

ありがとうございます。
万一所在を発見できた場合、また逃げられないように
その時にどのような処置をしておけばいいでしょうか?
何か方法はありますか?

返済する金はなくても、生きているということは、なにかしら金があるか収入があるということですよね。

投稿日時 - 2010-03-10 13:07:44

ANo.1

雇用保険に入っていたのであれば未払い分の給料の一部を行政が負担してくれたと思います。近くの労働局に相談に行かれてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2010-03-10 12:32:03

あなたにオススメの質問