こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

時事問題やニュースについて

時事問題やニュースについて

就職活動中の学生です。
就職活動には時事問題を捉えている必要がある、とか話題のニュースを知る必要がある、とはよく言われるのですが、どの程度把握しておけば良いのでしょうか?
私自身時事問題やニュースが嫌いなわけではなく、むしろ詳しく知りたいほうです。
その為新聞を読んで興味のわいたことは只管掘り下げて調べていきます。
そうするともはや新聞にも載ってないようなマニアックな情報や、海外でしかニュースになっていないようなマイナーなニュースに遭遇することもあります。
そうなってくると、面接でどの程度まで喋っていいのか解らなくなってきました。

大学で就職活動の面接を練習することがあり、「興味のある時事問題は何ですか?」というような質問をされたとき、日本の新聞にのらないようなマイナーな話をすると首をかしげられます。
逆に新聞に載っていても、私がもっとも興味のある範囲にまで話しを掘り下げると「マニアックすぎるなぁ」と感想を漏らされました。
正直自分でもかなりマニアックな内容になっているなと思います。

私の興味ある時事問題と企業の聞きたい興味ある時事問題に差があるのでしょうか?
面接でははやりマイナーなネタや、マニアック路線(例えば政治家個人の歴史に詳しくない人ではないと理解できないような話)は避けるべきなのでしょうか?

投稿日時 - 2010-03-08 00:12:23

QNo.5733926

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

先ず、政治の話はタブーだと思った方が良いでしょう。どの政党が政権をとっても、企業は存続・発展することを目的として活動しているのです。企業献金廃止により、その傾向が強まるでしょう。
経済に無関心では企業人としての資質が疑われますから、国際経済と国内経済の両面に亘ってマスコミで報道されている程度の知識は持っていた方が良いでしょう。
業界情報が最も重要です。企業には事業目的があり、それが社会的にどのような貢献をしているのか正しく認識し、入社を希望する動機を企業の事業目的と関連づけて説明することが望まれます。

投稿日時 - 2010-03-08 00:45:44

お礼

回答ありがとうございます。
>政治の話はタブー
この話は聞いたことがあります。政治への考えは人それぞれですし、面接官の人柄によって受け取り方も違うということからも避けたほうが良いと教えられました。
しかし、私が今度受ける第一志望の企業は、政治と深い関わり(言ってしまえば政治家がYESというかNOというかで組織構造が大きく変わってくる、最悪なくなる可能性)のある企業なので、毎年面接で世間話程度に聞かれると大学のOBの方が仰っていました。
ここを質問で書くべきでしたね、言葉足らずでした。
OBの先輩の話を聞くと、恐らく今年は鳩山政権とマニフェストの話を出されるだろうと予測しています。

>業界情報が最も重要です。企業には事業目的があり、それが社会的にどのような貢献をしているのか正しく認識し、入社を希望する動機を企業の事業目的と関連づけて説明することが望まれます。
細かくOB訪問もして、色んな立場の方から内部のお話も聞くことができているので、社会との関連や業界情報の部分はしっかりと把握しているつもりです。
ですがまだまだ学ぶ価値のあることは多いので、しっかりと正しく認識していきます。
有難うございます。

投稿日時 - 2010-03-08 10:52:08

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問