こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

すいませんが皆さんのお知恵を貸してください。

すいませんが皆さんのお知恵を貸してください。

母の死亡保険金がおりたのですが、保険会社に勧められるまま、その保険金を使い、契約者父、被保険者父、受取人父の一時払い(500万)終身保険と契約者父、被保険者兄弟、受取人父の一時払い終身保険(1500万)に契約してしまったとの事です。事前の話では、すぐ子供(私と兄弟)ですぐ必要なお金でもないですし、定期預金よりも利率がいいので、保険会社の勧めに従って、契約者父、被保険者父、受け取り人父の一時払い(2000万)終身保険のみにする予定でした。しかし、保険会社が訪問して来たときに、3/4を兄弟が被保険者の終身保険にした方が長い目で見ると利率が良いと言われ、そうしてしまったとの事です。兄弟の保険は、途中解約しても5年以降であれば、元本より多く戻ってくるものです。元々母の保険金は、父が受取人になっていましたが、母の意向もあり、父、私、私の兄弟(1人)で、法定相続分で分ける事になっていましたが、父はこのお金は必要ないので、父の意向で父の終身保険にするつもりでした。契約した保険にして、父が亡くなる時に、解約して兄弟で分ける事を考えたそうで、この方が利率が良いからとそうしてしまったそうです。私は今は仕事の関係でかなり遠方に住んでいるのでこの契約の時にいませんでした。兄弟間の仲は良く、兄弟はきっちり分けてくれるはずですが、この話をきいた私は勿論不機嫌です。税務の面を全く考えず、保険会社の口車に乗せられているからです。

この場合は、父が亡くなる前に途中解約した場合は、元本以上の分が、一時所得の計算に基づき、所得税を課税される。そのお金を父の口座に入れておけば、父が亡くなった時に、相続財産となり、相続税の対象となる。しかし、控除額が大きいので実際には非課税。

もし父が亡くなった後に解約した場合は、戻ってきた額に対して、贈与税がかかる。金額からして50%。さらに私に渡す時に私に渡す分に贈与税がかかる。金額からしてたぶん20%。

この理解でよいでしょうか?

まだ契約したばかりです。この場合はクーリングオフで解約できるのでしょうか?

もしコストが掛からず解約できるなら、元の予定通りにした方が税務の面から良いと思っていますが、正しいでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-24 10:08:19

QNo.5702080

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

(Q)クーリングオフで解約できるのでしょうか?
(A)申込日を含めて8日以内ならば、クーリングオフができます。

(Q)この理解でよいでしょうか?
(A)いいえ。間違っています。

「父が亡くなる前に途中解約した場合は、元本以上の分が……
控除額が大きいので実際には非課税」
実際に非課税になるかどうかは別として、考え方は正しいです。

「父が亡くなった後に解約した場合は、戻ってきた額に対して、
贈与税がかかる」
こちらが、誤りです。
御尊父様が被保険者=受取人の契約は、保険金額(500万円)
そのものが相続財産となります。
死亡されて保険金支払いの対象となるので、「解約」ということは
あり得ません。

次に、ご兄弟が被保険者の分(1500万円)は、
御尊父様が亡くなられた時点で、この保険は、解約払戻金相当額が
相続財産となります。
この場合、本当に解約する方法と、ご兄弟が契約者となり、
契約を存続させる場合の2つが考えられますが、
どちらも解約払戻金相当額の相続となります。

例えば、質問者様が契約を相続した場合……
契約者=保険料負担者=被保険者=質問者様
受取人=質問者様の親族(受取人は御尊父様から変更してください)
という形態になります。
質問者様が亡くなれば、受取人が保険金を受け取り、相続税となります。
(死亡保険金は、受取人固有の権利であり、相続財産ではありませんが、
税金は相続税の対象となります)
質問者様が中途解約をすれば、一時所得となります。
(解約払戻金)-(相続時の解約払戻金)-50万円
が課税対象となり、この二分の一が他の所得と合算されて
所得税が課税されます。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2010-02-24 10:33:38

お礼

迅速な回答大変ありがとうございます。

被保険者が兄弟でも契約者が父なので、契約者の財産であり、父が亡くなるとそれは相続財産となるということで良いでしょうか。言い方を変えると被保険者が誰であれ、保険料負担者=受取人の終身保険の場合は、保険料負担者が亡くなった場合は、それは法定相続人の相続財産となる。その場合は法廷相続人が私と兄弟になるので、法的には、この財産を2分の1ずつに分けないといけないという事ですね。

父が亡くなった場合は、私もしくは兄弟が契約を相続するととても先の長い話になるし、後々ややこしい話(相続が孫(私の子供)の世代になりかねない)になるので、契約の相続はないと思いますが、もし相続した場合で、契約者=保険料負担者=被保険者=受取人としたら、契約を相続した方は、相続しなかった方に、相続時の解約払戻金の半額相当を支払う、もしくは、この保険契約の相続時の解約払戻金の額も込みで他の遺産と合算し、双方が総額の半分を得られるようにするで正しいでしょうか?

保険の受け取りで贈与税の考え方としては、保険料負担者と受取人が違う場合にのみ贈与税が発生するでよいでしょうか?

終身保険の相続の場合は、法定相続人X500万が非課税枠になりますが、私のケースですと非課税枠は1000万で枠を越えます。これは、普通の相続税の非課税枠5000万X法定相続人、私のケースですと7000万の控除額とは別物なのでしょうか? それとも、超えた分は、相続税の控除額に加算するが正しいのでしょうか? 別物というのは、これは他の相続資産と分けて考えて、越えた部分に相続税分が掛かるという意味です。

お手数をおかけいたしますが、もし答えを頂ければ、幸いです。

投稿日時 - 2010-02-24 12:00:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

一般論で話をすると、話がややこしくなるので、
質問者様のケースに限定してお答えします。
仮に……
(1)契約者=保険料負担者=被保険者=受取人=御尊父様
(2)契約者=保険料負担者=受取人=御尊父様、被保険者=質問者様の兄
と2つに分けます。

(Q)被保険者が兄弟でも契約者が父なので、契約者の財産であり、父が亡くなるとそれは相続財産となるということで良いでしょうか。
(A)(2)の保険について、解約払戻金相当額が相続財産となります。

(Q)被保険者が誰であれ、保険料負担者=受取人の終身保険の場合は、保険料負担者が亡くなった場合は、それは法定相続人の相続財産となる。
(A)誰であれ……という話をするとややこしくなるので、
被保険者が死亡している(1)の場合、保険金は相続財産です。
(2)の保険の解約払戻金については、相続財産です。

(Q)その場合は法廷相続人が私と兄弟になるので、法的には、この財産を2分の1ずつに分けないといけないという事ですね。
(A)いいえ。割合は二人の話し合いで決めれば良いです。
お兄様が100%独占しても、法的には成り立ちます。
だから、遺産相続の争いが生じるのです。
法律で割合がきっちりと決まっていれば、問題は生じません。

(Q)保険の受け取りで贈与税の考え方としては、保険料負担者と受取人が
違う場合にのみ贈与税が発生するでよいでしょうか?
(A)保険の受け取り……保険「金」の受け取りとして、
はい。同じならば、贈与税は発生しません。
ただし、保険料負担者と受取人が違えば、贈与税となる、とは限りません。
贈与税になる場合とは、AからBへお金を渡したときで、
AもBも生きている場合です。

(Q)終身保険の相続の場合は、法定相続人X500万が非課税枠になりますが
(A)保険金について言えば、
まずは、「500万円×法定相続人」の枠が優先します。
ここで引ききれなかった場合には、次に、
5000万円+1000万円×法定相続人という相続の控除枠で
引くことになります。
ただし、生命保険の枠が余ったら、相続の枠に加算できる……
ということはありません。
生命保険は、生命保険だけの枠です。
また、これを利用できるのは(1)の保険の保険金だけです。
(2)の保険の解約払戻金は、被保険者が生存しているので、
生命保険金の控除の対象外です。

投稿日時 - 2010-02-24 17:53:57

お礼

大変丁寧にご説明して頂きありがとうございます。

とても助かりました。安心しました。

投稿日時 - 2010-02-25 21:35:03

あなたにオススメの質問