こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

質問、(1)

質問、(1)

丁寧さの度合いについてですが、 

Would you like to study English? > Do you want to study English?になると言う事を知りました。

そしてDo you want to study English?の丁寧版のWould you want to study English?となり、

DoをWouldに変えれば丁寧な表現になると教わりました。

ここで質問なのですが、

上記の情報からして、

Would you like to study English? nearly= Would you want to study English?

になるのではないかなという私の仮説は正しいでしょうか?



あと、Would you want to study English?

にあるこのWouldに、依頼の意味が含まれる事はないのでしょうか?

つまり例えば、

 Will you open the window?(窓を開けてくれない?)

Would you open the window?(窓を開けてくれないでしょうか?)

この場合のwillをwouldにするという事は、依頼の丁寧さを変える為の行為だと思いますが、

その情報を基に考えて、

will you~(してくれませんか)の依頼の丁寧版

would you~(してくださいませんか)のwouldの意味合いを含むWould you want to study English?

意味は、「英語を勉強したくなってくれないでしょうか」(あまりこういう表現をする事はないと思いますが)

になる場合があるかどうかということです。

というよりそもそも、Do you want to study English?の丁寧版のWould you want to study English?、

のDoをWouldに変えて丁寧さを出すという行為は、正直この文ぐらいじゃないでしょうか?

例えば、

Do you play the piano?

意味は「ピアノ弾きますか」ですが、

Woud you play the piano?になれば、

意味は「ピアノを弾いてくれないでしょうか」になりますよね?

仮にこれを話している相手が目上の人であったとしても、

Do you want to study English?の丁寧版のWould you want to study English?

が丁寧の意味あいをもった時みたいに、

「ピアノを弾くのでしょうか」にはならないですよね?

つまり、DoをWouldに変えて丁寧さを出すという表現は、

Do you want to ~?の丁寧版のWould you want to ~?

以外あまり見られないと言っても過言ではないですよね?

ほとんどが依頼時のwillの丁寧表現wouldですよね?

こういった解説はどこの参考書にも載っていなかったので

もし答えがわかるという方がおられましたら

お願いいたします。

当方が疑問に思っている部分をわかり易く文章にしたつもりですが、

もし理解しにくい部分がありましたら回答の方でお知らせ下さい。

では、お待ちしております。

投稿日時 - 2010-02-20 12:08:41

QNo.5691532

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

これらの表現を完璧に理解するには仮定法を理解する必要があります。
英語は過去形や大過去などを使うと現在よりも遠のくイメージがあるので、ご存知かもしれませんが
If I were (was) you ~
と言えば、「もし私があなたなら~」という意味になりますが、この場合、「私があなたになること」というのはもちろん不可能で
非現実的(イメージが遠のく)ので時制をひとつ下げます。

例えば、
Do you want to ~ が、「~したい?」であるのに対して
Would you like to ~ は、「もしかして~したいですか?」のような感じで確信度を下げて話すので、結果的に「丁寧な表現」となります。

同様に、
Do you open the window? → 「(あなたは)窓を開ける?(現在形)」
ですが、
Will you open the window? → 「あなたは窓を開けますか?(未来系)」= 「窓を開けてくれますか?』
の場合は未来系を使うことによって現在よりワンクッションおいているので、Do you~ より丁寧に感じます。
そして、
Would you open the window?
では、その未来系からさらにワンクッションおく(過去形にする)ことによって仮想的に表現する(仮定法)ので
Will you ~ の文よりもさらに現実からかけはなれ、「仮定の話ですけど、ひょっとかして窓を開けたりしませんか?」
と言うようなニュアンスになり、「より丁寧な表現」となります。

よって、長くなりましたが、そもそもWould自体に依頼の意味が含まれている訳ではなく、
仮定法としてWouldを使うと、結果的に丁寧なニュアンスになってしまうだけです。

なので、英文を見て、このWouldは~で、このWould~。などと区別することは本来不可能です。

投稿日時 - 2010-02-22 12:17:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問