こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

起業、得意先確保どうすればいい

起業(個人事業)するかどうかでまよっています。
職種はSP関連のデザインから製造まで、データベース作成等。
仕事自体はいままでも一線でやってきており、だれにも負けない自信はあるのですが、外回り経験がほとんどなく、どうやって得意先を確保していけばよいのか分かりません。
お客様がつかない事にはどうにもならないのは分かっています。
今いる会社の得意先を退社後あたっていくのもてなのでしょうか?

投稿日時 - 2010-02-17 01:36:47

QNo.5683089

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

顧客の目処も無いのに自立されても短期間で行き詰まるのが見えていますね。
今の仕事もあなたが第一線で仕事されていることを顧客はご存じないでしょう

さてさて、一般大衆を相手にする店舗ではありません
特定の顧客に限定される業務なので先行きが不透明ですね…

今の会社の得意先?
このリスト、名簿は現在の会社の企業情報です
守秘義務はあなたが退社後も厳守する必要があります
よって、退社後に訪問すると問題になるでしょうね。

*顧客があなたの退職を知って訪ねてくれば問題ありません
 あなたが先に動けば顧客情報の持ち出しになると言うことですよ

ただし、ライバル社の顧客にあなたが訪問するのは自由ですね
今の会社が一社独占で無いから訪問先は多いでしょう
でも、企業間の取引は複雑な関係で続いています
思っているように出来ないのが得意先です。

関係業界の中で独立された方があると思うので、よく勉強してみてください。

投稿日時 - 2010-02-17 09:35:16

お礼

ご回答ありがとうございます。

退社後に訪問することも問題なのでしょうか?色々見て来ただけに…。
なにわともあれ慎重に行動していきたいと思います。

投稿日時 - 2010-02-17 23:02:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

勘違いや意気込みだけでは、どんな商売も成立しません。あなたが質問している事は、
[独立してもすぐに行き詰まる]と
公表している様なものです。
仕事は誰にも負けないつもりだ、とか そんなはずはないでしょう。
少し勘違いをなされているようですね。本当に心底、仕事ができると思うなら大きな勘違いです。エンドユーザーにしろ、メンバーにしろ、依頼、発註がなければどうやって仕事をするんですか?最初にそれを考えてもいいぐらいの問題なのに、呆れています。誰にも負けないつもりは、程々にして、もっと視野を広げた方がいいですよ。頑張るのは誰でも頑張るんですよ。問題はその後です。負ける負けないじゃなく、自信と誇りを持って仕事をして下さい。

投稿日時 - 2010-02-17 21:28:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
おっしゃる通りだと思います。
行き詰まらないようにします。

投稿日時 - 2010-02-17 22:07:57

ANo.3

PU2

地道な営業です。

方法は飛び込み営業だけじゃなく広告宣伝であったり
いろいろな催し物に積極参加して人脈を広げる事であったりいろいろです。
営業を雇うという手もある。

ただ、他の方もおっしゃってますが
>>仕事自体はいままでも一線でやってきており、だれにも負けない自信はあるのですが、
は貴方の勝手な自負です。たぶん脆く崩れるでしょう。
だって前の力は会社の営業力や名前があってこそできた事
自分でやるという事はそれらもないと簡単に他社に負けます。

厳しいけどこれ職人が起業すると必ずぶち当たるものですね

地道に広げていくしかないよ

投稿日時 - 2010-02-17 12:23:26

お礼

ご回答ありがとうございます。

>>厳しいけどこれ職人が起業すると必ずぶち当たるものですね
そうですね、失敗した職人を何人も見てるだけに、私もそうならないか心配です。

投稿日時 - 2010-02-17 22:13:57

ANo.1

新規開拓経験がないのであれば、無料で参加できる営業訓練に
参加してみるのも、ひとつ今後の武器になると思います。
有名なところで、人材紹介会社のJAICが、そのへんの訓練を
行ってくれるサービスを提供しています。

JAICを通した転職、が前提ではありますが、
自分にとって得するものは強かに使いましょう。

なお、目先の得意先ですが、会社の人が独立にポジティブで
経営との仲も良いのであれば、正直に聞いてみるのが一番の近道です。
「独立したいのだが、得意先が了承したら引き継がせてもらえないか」と。

それが到底無理な場合、予め得意先への根回しが必要でしょうね。
しかしその場合、会社への背信行為にもなりうるので
味方がいなくなります。

根回ししておうたほうが良い理由の一つとして、たとえば、
「腕は見込んでいるが、個人事業となると取引の稟議がおりない」
ということもあります。
ある程度しっかりしている会社ほどそういうものです。
BtoBのビジネスなら特に、法人成しておいたほうが良いですよ。

まず先に、そのような簡単なマーケティングをしてみてください。
独立したとして、今の得意先は自分と契約してくれるのかどうかを。

投稿日時 - 2010-02-17 02:40:43

お礼

ご回答ありがとうございます。

>>「腕は見込んでいるが、個人事業となると取引の稟議がおりない」
たしかに、実力だけではどうにもならないことが多いですね。

投稿日時 - 2010-03-09 01:12:39

あなたにオススメの質問