こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「エクセル」特定の行(セル)を計算から除外したい

EXCEL関数と考えますが質問があります。
よろしくお願いします。

或る集計表を作って
例えば、名前、NO.、性別、商品リストを基軸にして
    金額などを入れ込んだ表があります。
                D _ _ _ E _ _ _ F
1    名前  NO. ____ A商品 B商品 C商品
2   鈴木一郎 0001 男   500   600   400
3   山田花子 0002 女   700   300   200
4 以下つづく
               25300 ___ 52 
_____ (円)___ (人)             

Aは、SUMで金額を計算し合計を、BはCOUNTで個数を出す。
15、20、25、26、行はその計算から除外させたい場合
(セル単位だともっと複雑そうなので行または列単位)
関数SUBTOTALを使うといいという文を見たのですが
どうも使い方が分かりません。
一度試みましたがうまくいきません。(なんの変化もしない)
色を黄色なりにつけるか列の末に記号(文字)を入れるのは可能です。
なにか、いい方法を教えていただけないかと投稿しました。

投稿日時 - 2010-02-05 18:38:17

QNo.5651668

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1です!
たびたびごめんなさい。

↓の画像で説明させていただきます。
作業用の列としてA列を挿入し、除外したい行に仮に「1」を入力するとします。
(「1」以外で「×」などの記号でもかまいません。何かを入力し除外したい列を選択します)

そして、合計のI2セルには
=SUMPRODUCT((A2:A1000="")*(E2:G1000))

人数のJ2セルには
=SUMPRODUCT((A2:A1000="")*(B2:B1000<>""))
という数式を入れています。
これでA列が空白の行の集計ができると思います。
尚、数式は1000行目まで対応できるようにしていますが、
データ量によって範囲指定の領域はアレンジしてみてください。

どうも何度も失礼しました。m(__)m

投稿日時 - 2010-02-06 14:35:03

補足

tom04さん こんにちは
「=SUMPRODUCT」ありがとうございます。
質問の時点では関数の知識が無さ過ぎて理解できませんでしたが
やっとすこし理解できました。

その知識を踏まえてエクセルの得意そうな女性に聞いたら
個数については
「=V$171-SUMPRODUCT(($Y$2:$Y$169="抜く行")*(V$2:V$169>1))」
ってな式を作ってくれました。(数値は実際の表を見せて聞いたので複雑ですが)
最初は理解不能でしたが上記tom04さんの回答やみなさんの回答が
なんとなく理解できるようになり解決に至りました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-08 09:31:50

お礼

二度に渡りありがとうございます。
実は、A商品B商品C商品と金額欄に「0」または「-」と(空白セル)があります。
そしてそれぞれの商品別に(ここでは3っつ)、合計金額と人数が変わります。
自分の例はすこし単純化しすぎました。

教えていただいた関数もうまく使うとよさそうです。
が、
そのあとの検証にはすこし不安があります。
でも
SUMPRODUCT自体はいい関数ですね。

投稿日時 - 2010-02-06 16:03:53

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

SUBTOTAL関数は主にフィルタなどの操作で画面に表示されているデータについて操作する場合に使われませね。
ご質問の場合にはそのようなケースでもないようですから次のような式でもよいでしょう。
商品すべてについての合計額と、その個数を求めるのでしたら、例えば次の式でもよいですね。
金額
=SUM(D:F)-SUM(D15:F15)-SUM(D20:F20)-SUM(D25:F25)-SUM(D26:F26)
個数
=COUNT(D:F)-COUNT(D15:F15)-COUNT(D20:F20)-COUNT(D25:F25)-COUNT(D26:F26)

投稿日時 - 2010-02-06 09:45:08

お礼

質問より一歩進んだ回答ありがとうございます。
自分のエクセル表で検証しましたらうまくいきました。
なるほど応用もききそうです。
除外関数は無いようですのでこれでいきたいと考えます。

投稿日時 - 2010-02-06 13:56:31

ANo.2

SUBTOTALの使い方の例です

SUBTOTALはオートフィルターと組み合わせるとうまく行きます

図では、除外したい行に"-"を入れています
それをオートフィルターで「空白セル」を指定すると右の様になります

投稿日時 - 2010-02-05 23:32:46

お礼

SUBTOTALはオートフィルターとの合わせ技だったんですね。
先ほど計算自体は出来るようになりました。
ありがとうございます。

もうひとつの課題は、
フィルターをかけると行自体が消え去るということです。
紙に印刷して第三者に説明するにはこの技では理想形に
なりませんでした。オートフィルターについては習得できました。

投稿日時 - 2010-02-06 13:05:59

ANo.1

こんばんは!
なかなか回答がつかないようなので・・・

除外したい行の条件さえ判れば色々方法は考えられると思います。
理由もなく、15、20、25、26行を除外して集計というのであれば
コツコツ手作業で全体を集計したものから除外する行のデータをマイナスするしかないように思われます。

SUBTOTAL関数にしても他の関数(SUMPRODUCT関数が使えそうな気がするのですが・・・)
を使うにしても除外する条件が必要です。

以上、回答とまではいかないのですが
この程度でごめんなさいね。m(__)m

投稿日時 - 2010-02-05 22:55:42

お礼

回答ありがとうございます。
こんな優秀な計算ソフトにこんな単純な考え方(ある行を除く)
が出来ないはずがないとここ数日悩んでいます。
文字列にして数字を入れ直すという裏ワザは発見できました。

投稿日時 - 2010-02-06 12:59:14

あなたにオススメの質問