こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

電子証明書のファイル

手元に2つの電子証明書のファイルがあります。ひとつは拡張子が.p12のファイル、もうひとつが.pfxのファイルです。

プロバイダで電子証明書を申し込み、プロバイダ経由でVeriSignより電子証明書のファイルをダウンロードしました。これが.p12ファイルです。

これをダブルクリックしてシステムのしかるべき場所にストア(インポート)しました。その後メールソフトの設定も行っています。

そしてIE8を立ち上げ、「ツール」-「インターネットオプション」-「コンテンツ」-「証明書」から操作して証明書をバックアップ(エクスポート)しました。そのファイルが.pfxファイルです。

パソコンをバックアップソフトで復元したり、OSを再インストールした後はこの.pfxファイルから証明書をインポートし、メールソフトを設定すれば再びメールの署名、暗号化ができるようになることは確実のようのようです。

この場合、最初にVeriSignよりダウンロードした.p12ファイルを使って再度インポートするということもできるのでしょうか?

要するに、拡張子の違う2つの電子証明書のファイルがあるが、どちらもバックアップとして使えるのでしょうか?という質問です。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2010-02-03 16:56:39

QNo.5646265

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

pfxはマイクロソフトが規格化した電子証明書のファイルです。
それをもとにPKCS#12で汎用的な規格にしたのがp12です。

が、実際のところはどっちも同じです。
renameして、pfx←→p12 に書き換えても問題ないハズです。

VeriSignからp12が来てるなら、それだけ残しておけばエクスポートする必要は無いですよ。

投稿日時 - 2010-02-05 00:15:41

お礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。

pfxとp12の関係、良く分かりました。
助かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-18 10:37:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問