こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

子供の映像を30年保存するのに適したメディア

こんにちは。
他の方も同様の質問をしておられましたが
子供のビデオやデジカメ動画を30年は保存したいと思っています。
結論として複数のメディアに保存したほうがよいとのことで、
DVD-RAMとDVD-Rに保存していこうかと考えていますが、
古いタイプのHDD&DVDレコーダーで保存したものが、
レコーダーを買い換えた後に見られるのか不安でどうすべきかとても悩んでいます。
どうぞよろしくお願いいたします。

今あるのが
○7年前購入の
  東芝HDD&DVDビデオレコーダーRD-XS30
○15年前購入のブラウン管テレビ
なのですが、
近い将来にどちらも買い換えることになると思います。

特に東芝HDD&DVDビデオレコーダーRD-XS30について、
DVDーRAMが使えるのはよいのですが、
DVD-Rが古いタイプのものしか使えないということで、
最近普通に売られているDVD-R(デジタル?)は使えません。

今は古いタイプのDVD-Rしか使えなくて、
将来は新しいタイプのDVD-Rしか使えなくなるのだとしたら、
どうやって映像を保存すればよいのでしょうか?

今あるレコーダーと新しく購入する例えばブルーレイをライン等でつないで、DVD-RAMやDVD-Rから直接ダビングするなんていうのはできるのでしょうか?

それからDVD-RAMは一般的にパソコンで読めるのでしょうか?
うちはノートパソコン2台なのですが、どちらも読めません。

とりとめのない文章で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2010-02-01 16:42:33

QNo.5640892

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

以前から言及されてはいましたが背景にはこういった
http://miyaneta.exblog.jp/8035814/
(本家の記事は既にアーカイブされているので、これはコピー)
ことがあるので光学メディア+光学メディアのバックアップは脆いんです。

ハードディスクも脆いといえば脆いですけど放熱に気を使い、NGとなることさえしなければ長く使えます、動画データには最も適性があります。
容量があり突然死した時の喪失リスクが大きいので光メディアに多重バックアップします。
ハードディスクのみでの保存はやはり綱渡りになります。

VideoモードとVRモードの違いについてはこの辺
http://kaden.johowave.com/dvd-rec/b-kiroku.html
を参考にしてください。

確かにans.5さんのいうとおりメーカーは自己録再のみ保証しています。
VRでの他機種読み込み不可というのはレアケースなのでほぼ大丈夫と読んでいい気もします。

-Rにビデオモードで記録したディスクはいいとして、-RAMの記録をどうするか?ですけど…
USB2.0の外付けスーパーマルチドライブは機種が減ったので限定されてしまいますがポータブルタイプでも読めれば別にかまいません。

添付ソフト付きもありますが使い勝手があまりよくないので、編集→ ディスク化を考えるならこの辺
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/taw4.html

ファイル同士の分割・結合ならこれ
http://tmpgenc.pegasys-inc.com/ja/product/tme3.html
がお勧めです、結合はこちらでのみ行えます。
(動作条件などかなり制限もありますから体験版で確認してください)

投稿日時 - 2010-02-02 10:39:14

ANo.6

私ならパソコンへ移して外付けHDDへ保存します。
光学メディアは劣化や読み取りエラーが怖いです。

投稿日時 - 2010-02-02 04:56:10

ANo.5

はじめまして。

>RD-XS30
この時代の東芝の製品は光学ドライブが自社製で、ディスクの選り好みが激しく、他社との互換性も著しく悪い特徴があります。
もっとも記録型光学ディスクはメーカーが保証しているのは基本的に自己録再だけで、他機での再生は保証していません。ただ単にその光学ドライブがその媒体の記録・再生に対応し、ディスクに記録されたデータを再生できる機能があれば再生できる可能性が高くなるとの仕組みです。

>DVD-Rが古いタイプのものしか使えないということで、
最近普通に売られているDVD-R(デジタル?)は使えません。
XS30の対応は×4(4倍速)のRまでと言うことですか?
CPRM(デジタル放送対応)の記載があるものでも、データ用のものでも中身は同じです。
単にデジタル放送の際に通常では書き込めない最内周にCPRMのコードを記録するだけなので、アナログ記録やビデオカメラ映像を記録する際は別け隔てなく使用可能です。なのでドライブが×8以上のディスクでも光学ドライブが対応さえしていればCPRM表示のあるものにも記録は可能です。

>今は古いタイプのDVD-Rしか使えなくて、
将来は新しいタイプのDVD-Rしか使えなくなるのだとしたら、
再生は関係ありません。
コピーも関係ありません。
一応ディスクの記録状態さえ良ければ新しい機器で利用可能です。
新しい機器でも昔のものの再生には対応しています。問題はディスクの相性だけです。

>今あるレコーダーと新しく購入する例えばブルーレイをライン等でつないで、DVD-RAMやDVD-Rから直接ダビングするなんていうのはできるのでしょうか?
可能は可能です。
但し通常の映像出力経由でリアルタイムかかります。1時間ものなら1時間。
それにこのXS30はiLINKもUSBもないので、記録する際もアナログ端子経由ですよね。

>それからDVD-RAMは一般的にパソコンで読めるのでしょうか?
うちはノートパソコン2台なのですが、どちらも読めません。
DVDスーパーマルチドライブ搭載のPCならば読めます。
国内メーカーのほとんどは比較的早くスーパーマルチドライブに切換わりましたが、DELLなどの海外メーカーはしばらくDVD±RWドライブ(海外での主流はDVD+R/RWです。DVD-RAMはほとんど普及していません)だったので、この場合はRAMは使用できませんし、SONYはDVD+R/RWの推進者当人だったので、スーパーマルチへの対応は遅れました。
5年ほど前にはほとんどのメーカーが全てのディスクの読み書きに対応しています。
但しPCによってはDVD-ROM/CD-R/RWのDVDは再生のみのドライブもあり、DVD-RAMはDVD-ROMと構造が全く異なるので、このタイプのドライブでは読取はできません。
最近のPCではスーパーマルチドライブでないものを探す方が難しい位です(一部企業向けではまだある)。

>子供のビデオやデジカメ動画
PCを利用した方が良い気もします。
アナログ接続ではなく、デジタル処理が可能なので画質の劣化が抑えられます。
但しDVD-RAMが使用できない(PCで利用するならばRAMは絶対必要なわけでもありません。Rで充分です)ようなPCなので、PCの買換ともなりますが。
注意点はビデオカメラがminiDV方式の場合は、最近PCにIEEE1934(DV端子)が省略される傾向があるので装備しているPCを探すことです。一応まだあります。返って増設の方が困難な状況です。

投稿日時 - 2010-02-02 00:53:30

ANo.4

メディアとしては、パソコンのハードディスクを使うのが、簡単ですし分かり易いと思います。
DVDやブルーレイ等の光磁気メディアは新陳代謝が速すぎて、付いて行くのが大変ですよ。

投稿日時 - 2010-02-01 23:12:12

お礼

ありがとうございます。
本当ですね。
子供の成長記録はビデオかDVDと思っており
ハードディスクに残すなんて考えてもみませんでしたが、
それが一番やりやすそうですね。
近いうちに電器店に行って必要なものをそろえたいと思います。

おっしゃるとおり光磁気メディアの新陳代謝が速すぎてどうしていいかわからなくなっていましたが、希望の光が見えました!
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2010-02-02 00:11:41

ANo.3

MOくらいでしょうね,30年持たせられる記憶媒体は。

投稿日時 - 2010-02-01 19:01:13

補足

言葉足らずでした。
いろいろなメディアにダビングし続けながら、せめて30年後に映像を残しておきたいということでした。

投稿日時 - 2010-02-01 22:18:16

ANo.2

30年を一つのメディアで、というのは無理です。
光メディアディスクの経年による劣化(酸化、空気中の水分によるポリカーボネートの剥離)は10年以内と言われています。
http://www.jushikakou.com/news/2008/08/post-106.html

光+光メディアで保存ではなく、ハードディスク+複数の記録方式の光メディアなど、形態の違う保存方法で備えます。
一般的にハードディスクはテンポラリの置き場、と考えられていますが使い方によってはある程度持ちます。
5年の消耗品と考えてください、ただ突然死があるのでミラーリング(自己複製)などができるものがベターです。

光メディアは10年を区切りとしてヤドカリのようにその時の標準的なメディアにデータをコピーし続けます。

BD・DVDレコーダーはディスクからHDDにデータをコピーできない仕様(すべてそうなっています)なのでディスクに依存することになります。
Uラインダビング(再生中のものを自己録画)ができる機種もありますが、ラインを介す分映像の劣化が起きます。
レコーダー to レコーダーをラインで繋いだ場合も同様です。

残念ですがRD-XS30に無劣化で他レコーダーにデータをコピーする方法がありません。
録画した機種でのファイナライズが必要だと思いますが、VR型式で記録されたディスクは他の全てのレコーダーで読み取れることになっています。

DVD-RAMについてはパナソニック・東芝の機種でサポートは続くはずです、殻(ケース)入り対応はさすがに少なくなりました。

PCでDVD-RAMが読めないのはドライブが対応していないからです、またソフトウエアレベルでレコーダーの録画型式を読めないと扱えません。
これがクリアになると(著作情報に関係のない映像は)自由にPCで扱え、再加工して保存、ディスクへの戻しができるようになります。

投稿日時 - 2010-02-01 17:45:33

補足

言葉足らずでした。
いろいろなメディアにダビングし続けながら、せめて30年後に映像を残しておきたいということでした。

投稿日時 - 2010-02-01 22:20:45

お礼

詳しいご説明ありがとうございました。
>VR型式で記録されたディスクは他の全てのレコーダーで読み取れることになっています。

VR型式というのは初めて効きましたが、録画設定でできそうですね。

>DVD-RAMについてはパナソニック・東芝の機種でサポートは続くはずです

心強いですね。

>PCでDVD-RAMが読めないのはドライブが対応していないからです、またソフトウエアレベルでレコーダーの録画型式を読めないと扱えません。これがクリアになると(著作情報に関係のない映像は)自由にPCで扱え、再加工して保存、ディスクへの戻しができるようになります

外付けDVDでRAMが読めるものを電器店で購入すればいいのですね。パソコンで自由に加工でき、またDVDデッキで見られるのならとても便利で快適ですね。
そしてパソコン経由で外付けハードディスクにもバックアップを取れれば完璧ということですね?

投稿日時 - 2010-02-01 22:33:24

ANo.1

ひとつのメディアで30年持たそうという考えはやめたほうがいいです。
VHSが開発、発売されたのは1976年で、ほぼ30年前です。
ですが、DVD発売が1996年でそれから数年で切り替わったことを考えると
30年持たなかったともいえます。

また、DVDメディアも30年保存可能かすらわかりません。
その時代の最新メディアに移し変えていくことを考えたほうがいいでしょう。

投稿日時 - 2010-02-01 16:56:24

補足

言葉足らずでした。
いろいろなメディアにダビングし続けながら、せめて30年後に映像を残しておきたいということでした。

投稿日時 - 2010-02-01 22:33:59

あなたにオススメの質問