こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の国債がこのまま増えたらどうなりますか?

日本の国債(国+地方)が1000兆円間近なようです。
しかし、現在の日本はデフレ状態であり、Wikipediaによると日本の円はインフレ率がマイナス1.8%なんだとか。(要するにデフレ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86_(%E9%80%9A%E8%B2%A8)

個人金融資産(個人事業者の運転資金も含む)は1400兆円強だという事で、国債の持ち分は90%以上日本人だとも聞きます。
しかし、日本の国債の個人向けの消化に関しては最近は低調になっていると読みました。
元々、バブル経済崩壊後からは大量の国債が発行されているわけで、また消費税導入後でも全く増収にはなっていません。

小泉政権下でも30兆円以内に抑えるという文言があったとおり、もう歳入と歳出のバランスが大幅に崩れているんですが、個人所得も十数年前に比べると20兆円/年は減っているとも聞きますし、35歳で200万円の収入がここ十年の間に減ったという、記事もありました。
http://books.hankyu-com.co.jp/_ISBNfolder/ISBN_09200/09243_sukue/sukue.html
少子化もそうですが、もう日本には余裕が無い状態だと思います。

そこで質問ですが、箇条書きにしますので、番号を付けて解答をお願い致します。(わからないものは飛ばして下さい)

1.このままの経済状態で国債が増えた場合、インフレに向かうのかどうか?

2.禁断の果実とも言える政府紙幣や○○共通紙幣(仮:AMERO)のような物が出てくるのかどうか?

3.インフレになった場合に、社会保障、年金や円の動向などはどうなるのか?

4.財政破綻した場合、政府が所有している海外の国債はどうなるのか?

5.ジンバブエと違い、経済が発展している日本でインフレが起こるとすればどのようなインフレが起こるのか?

6.現在の歳出と歳入をイーブンにするには、本当に消費税しかないのか?
またその影響について。

7.最後に国債が買われない、もしくは外国人投資家などが主になると、金利等が上がる事が考えられますが、日本に与える影響について。

以上です。
長くなりましたが、よろしくお願いいたします。

以下のついては政治論になるので、お断り致します。
※「民主党の政策では」、「中国寄り」だとか安易な政治に関する感情論は持ち出さないで下さい。
※国債の発行が多かった小渕・小泉両元首相を置いといて、「小沢や鳩山も元々自民党の幹事長だった」とかいうようなくだらない書き込みもご遠慮致します。
※外国人参政権(民主)・移民計画(自民・経団連)というような問題は書かないで下さい。

投稿日時 - 2010-01-28 12:02:37

QNo.5629713

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>問題の趣旨は、このまま国債が増え続けたらどうなるのか?

 国債が増えれば、国債の信用が落ちます。そうなると国債の長期国債の金利上昇や短期債の買い手が付かなくなります。
 すななち日本経済の破綻になるのは単純理屈です
 そして『なんとかなる』とは言ってません。国債を減らす方法はイクラでもあります。しかしどの方法でもとてつもない副作用があります。
 方法は多種多様です。
  最も効率的なのが、小泉、サッチャ-、レーガンのとった『新自由主義』と呼ばれる政治形態です
 質問者が小泉を嫌ってるようですが、ちゃんとPB数値をみてますか?
http://image.blog.livedoor.jp/nikonikoblog/imgs/5/6/56b5e57d-s.gif


>経済は為替相場や先物市場など外的要因も大きいでしょう。

 為替が経済に影響されるのではなく各国間の経済の格差が為替に影響します。為替の専門用語でいうならファンダメンダルズですね。
 今回の異常な円高はは米国の経済がリーマンショックなど米国経済状態の悪化が原因です。
 先物も経済に影響します。例えば、金はドルの代替通貨といわれてます。ドル安と金先物上場は必ずセットです。
 つまり経済が為替相場や先物市場の変化を生むのです。逆ですね

>また日経連などの圧力団体の存在や、官僚、年次報告書で要望を出してくるアメリカなど、内にも外にも圧力はありますので。

 決定機関は日本政府ですよ?外圧があるのは日本に限らずどの国にもあります。しかしその政府の方向性が決まらない以上、予測はできません。
 例えば外圧は米国以外に中国の外圧もあります。しかもその方向性は違うものが多いですよね? どの依頼を汲み取って方向性を決めるのかそれは政府の選択です。
 外圧なら全部受け入れるとでも思ってませんよね?

>は結局姥捨て山なんですかね? 多くのお年寄りは医療制度改革で自己負担が上がったので病院にかかる割合が減っているそうですが。
日本の福祉は別に税金などの負担率(55.1%)を考えれば高水準とは言えないと思います。

 それは質問者が最初に言った『安易な政治に関する感情論』ではないですか?
 日本の今の出生率と将来の老人人口を考えれば、医療費は異常なほど増大します。将来の国家収支を考えれば、医療費から削るのは当たり前の方法です。
 方法の1つとして例を提示したのに・・意味が分かりません
6.についてもそうですよね
 国家収支のプライマリーバランスの健全化を図るのに収入と支出両方触れるのが当たり前の事です。
※平成21年度一般会計補正後予算の概要
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/002.htm
 国債費を別にすれば社会保障が一番多いですよw
 これは単純な支出で収入にはなりません
 公共事業も景気の浮揚高価・経済効果もあります。公共工事を極端に減らせば税収が減ります。
 (感情論を全く抜きにすれば)国家財政のプライマリーバランスの健全化を計るとすれば社会保障費が一番削れます。
 2050年の老人人口をみてください
http://www.ipss.go.jp/syoushika/seisaku/html/111a2.htm

 失礼ですが、質問者氏は感情で話していて経済を客観的にみていないと思います

投稿日時 - 2010-02-02 19:01:55

補足

それは貴方の方ですね。
感情論よりも具体論がありません。
客観的に見られていないのは貴方の方なのは6を読めば分かるでしょう。
また不明を連発された事をどう説明するんです?
ぶっちゃげ読む気もしないので読みません。

投稿日時 - 2010-02-02 20:21:58

ANo.2

1.不明
 国債が増えるととインフレには直接の結びつきはない。
 国債に対して政府がどのような政策を取るので、内容は決まる。
 現時点の民主党では政策を明らかにしていない以上、不明としか答えられない

2.不明
 米国の場合は機軸通貨の強みはある。しかし民主の場合藤井の円高容認路線、管の円安誘導路線と大臣個人での判断が多く、党ならではの方向性が見えてこない。又、小沢は財政赤字容認路線と同時に選挙以外に関わらない立場をとっている。この場合カジを取るのは鳩山だが、鳩山はこの問題に対し異常なほど興味がない。

3.不明、
 インフレと社会保障の直接的なつながりはない。社会保障は景気と老人人口比率、国家財政より変動するが、インフレによって左右されるものはないから。
 円の動向についてもそうですね。インフレになるとき→好景気になることが最近の世界経済の動向です。つまりインフレになるから為替が動くのではなく、景気により為替が動くのです。先にインフレになるから為替が動くのではありません

4.不明
 日本が破綻した場合、日本の通貨、いわゆる円の価値が低下します。これは円安に通貨は動きます。ですのでちょうど介入としてもいいし、売るのに非常にいい時期なのですが、問題として日本が保有してるのは米国債ということです。日本が破綻すれば世界にもその影響は伝播し米国経済においてもダメージをうけます。そんな中債権を売却すれば、日本は支援を受けられうなる可能性があります。つまりどっちに転んでもマイナスの面があるので、その時の政府の考え方次第です。

5.不明
 日本の場合はインフレを起せば日銀の政府金利引き上げをします。そうやってインフレを抑えます。日本の場合世界同時不況で日本の円に逃げたように、日本の金融機関はバブルを極端に恐れます。日本はインフレが非常におきにくい土壌にあるのです。

6.それ以外にもあります。
 現在の日本の支出の殆どは社会保障費、まぁ医療費ですね。老人負担金の引き上げなどいくらでも方法はあります。
 ですので、各種様々な方法がある以上、影響も個々の政策により異なります。

7.金利が上がれば、ぞれだけ財政破綻に近づきます

※質問者は政治の問題が嫌いなようですが、政治と経済は密接な関係があります。ある程度経済は政治によって左右されます。
 ジンバブエがいい例ですね。
今回の民主党のマニュフェストには支出(国民生活)に関してはいろいろ項目がありますが、経済に対しては非常に少ないです。
 又どのような経済政策を取るのか未発表又は、大臣によって詳細な内容が異なり、まず目指すべきゴール地点がみえてきません。
 民主の目指す方向性が明確ではない以上(例えば円高容認なのか? 円安誘導なのか? 日銀の紙幣発行額は?)経済についてのゴールは答えられないのではないでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-29 23:35:36

補足

出かけるので、お礼は後で書きますが・・・。
>※質問者は政治の問題が嫌いなようですが、
違いますよ、政治が経済を決めるのはわかっていますが、若い人達は”民主党は売国奴だ”、”外国人参政権で国を売ろうとしている”とか、”民主党に任せたら国が滅びる”とか質問の趣旨に関係無く平気で言ったり書いたりするので予防線を張っただけです。(個人的には言いたい事はわかるけど、質問内容と違う事は望ましくありません)

民主党の政策がわからないから答えようがない・・・という文言が多いですが、日銀の独自性などが求めてられているように政府だけで事が進んでいるわけではありません。(まあ圧力等はかけられていますが)

問題の趣旨は、このまま国債が増え続けたらどうなるのか?
という事です。
このまま増え続けるのは確実ですね。
回答者さんは、金利政策などでなんとでもなるみたいな感じで書いていますが、こうなるという具体例が書かれてい無いので何とも言えません。

先に書いたとおり、政治が経済を決めるというのはわかりますが、経済は為替相場や先物市場など外的要因も大きいでしょう。
また日経連などの圧力団体の存在や、官僚、年次報告書で要望を出してくるアメリカなど、内にも外にも圧力はありますので。

6.は結局姥捨て山なんですかね? 多くのお年寄りは医療制度改革で自己負担が上がったので病院にかかる割合が減っているそうですが。
日本の福祉は別に税金などの負担率(55.1%)を考えれば高水準とは言えないと思います。

解答ありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-30 08:11:06

お礼

よく読むと、外的環境などは全く考慮されておらず、不明のオンパレードで説得力がない文章で残念でした。
特に6についてですが、官僚と同じで本題には触れずにただ周りが悪いと書いているだけ。
>現在の日本の支出の殆どは社会保障費、まぁ医療費ですね。
について、それ以上にアメリカの2倍以上ある公共事業費など、嘘八百で全く参考になりません。
防衛費だって5兆円弱ですよ?

感情論で罵倒するような文章を書かれる方もいますが、それ以上にタチの悪い文章で呆れました。
アドバイスにもなりません。
こちらもせっかく書いて頂いてなんなんですが、こんな文章を書くのは初めてです。
これは事実誤認等がある内容ですので、質問自体を消去したいのでOKWAVEと相談させて頂きます。

投稿日時 - 2010-02-02 17:32:03

文章はもっと短めに質問は少なくした方がいいんじゃないかな
長文なのに質問がたくさんあると気が滅入るでほんまに。

投稿日時 - 2010-01-29 00:48:53

あなたにオススメの質問