こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の経済について。

日本の借金が実際に返せる額をはるかにオーバーしています。それとは逆に円も強い状況が続いています。しかし、国債の格付けが下がるそうです。これは、日本の経済が強く、政府の信用が低いということですか?
それとも、世界的にインフレ傾向にあり、日本がデフレという理由でしょうか?借金をすること自体がインフレに近づくと思うのですが、
収支の面から言って、経済の収入と政府の支出の採算が合わない。日本国の維持にお金が掛かるにもかかわらず経済の生産性がない。日本国のお金の水準を低くするしてみてはどうでしょう?中国は国として、元を安くコントロールしています。同じように、円の通貨を切り下げてみてはいかがでしょうか?

投稿日時 - 2010-01-27 04:01:28

QNo.5626461

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>日本の経済が強く、政府の信用が低いということですか?
いえ日本の経済は弱く、政府の信用も低いです。
しかし他国がもっと低いので相対的に高く見えてしまうだけです

>それとも、世界的にインフレ傾向にあり、日本がデフレという理由でしょうか?
 中国は極度のインフレです。そのため金利の引き上げ、人民元の切り上げが迫られています。
 しかしそうなると中国経済は下降するのが見えてますので、回避先の投資として円が買われています。
 今 円買い、ドル買いが中心です

>円の通貨を切り下げてみてはいかがでしょうか?
 米国が許しません。
 人民元の切り上げはEU及び、米国経済においても最重要課題の一つです。それを米国が強行しないのは、中国が大量に米国債の購入に動いているからです。
 現在の民主は反米政権です。米国の貿易赤字第2位の国がそんな事をしたら、昔のスーパー301条のように日本の車に300%の関税とかされますよw

投稿日時 - 2010-01-27 17:28:40

あなたにオススメの質問