こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DTMについて

DTMソフトのことでお尋ねします。10年以上のブランクを経て、DTMを再開したいのですが、ソフトやハードを何にするか迷っています。
じつは近しい業界の方からスタジオのシステムと互換の高いPro Toolsが有利だと聞き、少し前に、友人のPro Tools LEをセットで借りて使ってみたのですが、これはどうも性に合わないものでした。
その理由は、まず廉価版システムのADDAの音質に不満があったことと、ファイル書き出しの際に専用ハードのDSPを使うが故か実時間がかかってしまうこと、そしてプロテクトキーが厳重すぎて(気持ちはわかるけれど)セットアップが面倒くさいこと、などです。正規の使い方ではありませんが、音質改善のため、試しにとSPDIFにローランドの旧いデジタルミキサー(M1000)のデジタルアウトを入力してみたら、そちらのほうが良く感じたので、やはりプリプロ用のクオリティなのだな、と実感させられました。なので、インターフェイスは少なくとも選択の自由があるシステムが良いと思っています。
ソフト部分に関しては、以前にMacで使用していたPerformerにChunkという、ブロック単位でシーケンスを作って、それをカンパケのシーケンスに配置して作っていくノンリニア的な概念が取り入れられていて、非常に作業効率が高かったというか、僕には向いていたので(これはPro Toolsでも出来たのかもしれませんが)、そういうものが良いと思うのと、キーボード奏者ではないので、MIDI部分はステップ入力でガリガリ入力していって、あとでフィジコンなどで抑揚をつけて仕上げたいと思っています。オーディオ部分は使ったことがないのでよくわからないのですが、重視したいのはレイテンシーの少なさと編集のしやすさ、わかりやすさ、です。シーケンスソフトではありませんが、サウンドフォージのインターフェイスが気に入っています。わかりやすいです。
プラットフォーム的にはMacProで、OSXと、BootCampで64bitのVistaも入っているので、Win Macどちらでもかまいません。
主な目的は、オリジナル曲の作成です。ジャンルはプログレ(笑)の濃くて長くて奇数連譜や変拍子を多用するもの。社会人なので、実際に会ってレコーディングというのが時間がとれず難しいので、シーケンスやオーディオデータをネットで送受信して仕上げていくことが予想されます。その際に、昔はSMFとGS機器を組み合わせて使用していたのですが、今だと先頭合わせのAIFかなんかで書きだすのかな?そういう意味での互換性も、少し気になるところではあります。それと、プラグインやフリーウェアの流通数なども気になります。そんな我儘勝手な要求は無理だから全部買えや、と言われそうですね。
Pro Tools,Logic,Cubase,Nuendo,Sonarなどいろいろあると思いますが、主観でも思い込みでもけっこうです。やっぱりPro Toolsのほうがいんじゃね?という意見でも結構です。各ソフト/ハードの得意不得意なども教えていただけると助かります。いろいろとご意見をいただければと思います。

投稿日時 - 2010-01-25 05:15:09

QNo.5621045

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

基本的にはPro Tools,Logic,Cubase,Sonar(Nuendoは敢えて外します。)から選択されれば間違いないと思います。昔はそれぞれ特有の個性がありましたがバージョンアップを重ねるにあたって機能的にはそれ程差はありません。
 その上で敢えてアドバイスをするのであれば、PRO TOOLS以外のものをお勧めします。(当方はSONARユーザーですが、Macを使われているとのことですのでCubaseが良いのでは?)
 Pro Toolsが業界標準とされていますが、業界標準という表現が漠然としています。一般的には1つの作品を仕上げる為には以下複数の工程があります。

(1)リズム、メロディー、ハーモニーを作成、
(2)編曲
(3)レコーディング
(4)MIX
(5)マスタリング

PRO TOOLSが業界標準とされるのは上記過程の(3)(4)のレコーディングスタジオで行われる部分です。PRO TOOLSのMIDIが弱いとされるのは元々がレコーディング・MIXの為のシステムであったのでMIDIでの作曲・編曲が重要ではなかった為です。
 つまり、作ろうとしている作品が生楽器の録音を主として、且、レコーディングスタジオに自分のファイルを持ち込んで作業したいという人であればPRO TOOLSは非常にお勧めです。一方でMIDI中心で作品を作ろうとしているのであれば、シーケンサーから進化したCubaseやSONAR、Logicの方がMIDI編集に於いては若干の利があります。

その他のPro Toolsを選択される場合の注意点として、オーディオインターフェイスが基本的にDIGIDESIGN製のものしか使用できません。音質や操作性、コスト面で好みと合えば問題ありませんが注意が必要です。

最後にファイルの互換性についてはあまり考えなくても良いかと思います。というのも現状のDTM事情ではプラグイン(音源・エフェクト問わず)の依存度が高く結局は2 MIXのwavやmp3等のオーディオデータで吐き出すことになるかと思います。wavやmp3等であればどのDAWでも取り込むことは問題ありません。

ご参考まで。

投稿日時 - 2010-01-27 11:58:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

>作成したシーケンスを複数用意して、さらに別のタイムラインに配置して
>カンパケを作成していく手法

まさにおっしゃる通りの機能がCUBASEにあります。
あとで構成を変えられるので組曲や、オープニングにオーバーチュアを入れたい,等の場合便利です。


>たとえばProToolsで音楽を作成する場合は、1曲はあくまでも曲頭から曲
>終りまで時間軸上にシーケンスを作成していくかたちになるのでしょうか?

私はそうしてます。
私の場合、普通の楽曲制作だとネスト編集だとかえって複雑に感じたり、1パートの流れが不自然になったりしますし、同じパターンでも演奏ニュアンスを微妙に変えたい場合がありますからそのようにしてます。

ただしメドレーや組曲のようなもの、数パターンつくって聴き比べたいときは本当に不便だと感じます。

PTはあくまでテープレコーダーの進化したものというものなので、概念が「アレンジ」や「楽曲制作」ではなく「エンジニアリング」になってしまうのは仕方ないのでしょう。
PTはバーチャルな時間の概念が無く、あくまで「絶対的(あるいは相対的)な時間軸」で流れています。




>必ずと言っていいほどProToolsとの互換を求められると思うのですが、こ
>ういう場合は、ソフトシンセを使用した場合など、やはり先頭合わせの
>オーディオトラックとして書きだすのが一般的と考えてよいのでしょうか?

ほとんどの方はそうしてると思います。
私もかつてそうしてましたが、シーケンス→PTの移植が面倒で、今は最初からPTで全部の行程を行なってます。


OMF/AAF で番地を含んだファイルを書き出すとそれをしなくていいらしいですが、ミュージシャンの間ではあまり実用的でないとの評判です。私は詳しく知りません。



今まで色々使いましたが、結局使うソフトで出来る曲は変わりませんので、今は何も使っても良いやという心境です。
それより私が思うPTの一番のデメリットはインターフェイスが自由に選べない事ですね。

以下全く個人的な独断と偏見ですが参考程度に

Nuendoは高いしマイナー、複雑でよほどの事情がないと買う理由はあまりない。
互換性と安定性ならPT AUDIO編集は最強 でもまだまだMIDIは弱い
Sonarはまだまだ一般的じゃない アマチュア向けのイメージ
CUbaseは無駄に高い 要らない機能が多すぎる 無駄に重い
recept_xさんにはLOGICが良いのではないでしょうか?


また分からないことがあれば補足して下さい

投稿日時 - 2010-01-27 04:27:30

お礼

いろいろ教えていただきまして、ありがとうございました。
この際きっぱりとPTを外して、Logicか、Cubaseにしたいと思います。
cobaseは、LE版が、tc electronicあたりの安いADに付いてくるようなので、とりあえずはそれで使い勝手を確かめて、
それで感触が良ければそのままCuebase 5に、だめならばLogicという方針にしようかと思います。
たいへん役に立つ情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2010-01-27 11:57:23

ANo.1

お悩みは非常によく分かります。
私も20年近く前から今までPro Tools,Logic,Cubase…いくつものソフトを使ってきました。

ご友人のおっしゃる通り互換を考えたらPro Toolsに勝るものはありません。それだけでなく安定性やプログラム(つまりその曲)ごとにファイルを管理する、管理能力に優れています。
リアルタイムでのタイム、ピッチ変換のクオリティもCubaseなどより数段上と思います。


LEがプリプロ用のクオリティという事はなく、恐らくその際使用したA/IFが
だめだったのでしょう。
PTのプロテクトはilockなので比較的簡単です。セットアップも比較的簡単な方です。

しかし

>レイテンシーの少なさと編集のしやすさ、奇数連譜や変拍子を多用する

という点を考えるとprotoolsはあまり向いていないように思います。
あれはシーケンスソフトではなく録音ソフトにMIDI機能がついたものなので、凝ったMIDI編集をしようと思うとイライラします。
特にテンポ管理、拍子入力ははっきり言って弱いです。


Chunkはprotoolsに同じような概念は私の知る限りないと思います。似たものがCubaseにあります。


LogicもCubaseも機能に大した差はありません。使った事がないのでしりませんが恐らくSonarも。


PTがMIDIが弱いと言っても昔と比べるとかなりましで、現にPTのみで複雑な曲を完成させるプロも大勢居ます。


今のシーケンスソフトはどれも出来る事に大差はないです。プラグインの流通数も以前ほど変わりありません。

あとはインターフェイスの使い勝手、つまり好みです。これは使ってみるまで分かりません。
私にとってCubaseは非常に使い辛いものです。ある人はそんな事ないと言います。

投稿日時 - 2010-01-26 01:16:53

お礼

なるほど、やはり一長一短はあるにせよ、Pro Toolsが失敗は少なそうですね。

最初の質問でChunkと言っていたものですが、たぶん、概念的には映像編集ソフト(Final Cutなど)のネスト編集(作成したシーケンスを複数用意して、さらに別のタイムラインに配置してカンパケを作成していく手法)に近いと思うのですが、これは尺が長い時に非常に作業が楽になるのですが、たとえばProToolsで音楽を作成する場合は、1曲はあくまでも曲頭から曲終りまで時間軸上にシーケンスを作成していくかたちになるのでしょうか?皆さん、長い曲はどのように作るのでしょうか。プログレの場合、1曲が20分近くになるので、そのあたりがちょっと気になるところであります。

対して、ご回答いただいた中にCubeseにはネスト編集の概念があるということでしたが、この場合、おそらく他の方とのやりとりの中で、必ずと言っていいほどProToolsとの互換を求められると思うのですが、こういう場合は、ソフトシンセを使用した場合など、やはり先頭合わせのオーディオトラックとして書きだすのが一般的と考えてよいのでしょうか?

いただいたご回答にさらに質問を加えて恐縮ですが、お暇なときにおしえてください。

投稿日時 - 2010-01-26 02:27:43

あなたにオススメの質問