こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

変圧器の容量について

変圧器に容量が書いて無い場合調べる事は可能でしょうか?
一次 200V 2次 100V です。
大きさ的に 500VA 位かなと思うんですが、安全のため明確な電流値が知りたいです。
家にあるテスターは 40mH 40H を測る事も可能な物ですが調査に使えるでしょうか?
例えば負荷を流して変圧器の温度で許容電流を調べる事は可能でしょうか?

投稿日時 - 2003-05-28 15:38:31

QNo.559797

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

変圧器の許容容量は温度上昇で決まります。
絶縁種類が一般的なものなら、巻線の温度を測定して、絶縁に見合った温度上昇まで使えることになります。
一般的な機器内蔵用のコイルのエナメル線が露出しているならば温度計を取り付けて計ります。

また、温度上昇は巻線に流れる電流に比例しますので、2次側に負荷を接続して200Vを印加して温度上昇を見る方法と、2次側を短絡し、1次側にスライダックで降圧した低電圧を印加して2次側に等価的な電流を流す方法とがあります。この場合は短絡インピーダンスを事前に求めておき、それに見合った電圧を印加することになります。

どちらも使用前検査で使われる方法です(というか大型の変圧器は設計で何MVAの容量があるといっても実際に安全に使えるかどうかできてみないと判りません。また実際に何MVAもの負荷を掛ける訳に行かないので、短絡法が多用されています。

スライダックをお持ちでない場合はランプを10個直列に入れれば10V以下の電圧にできます。

大きさから見て500VA程度とのことであれば200V電源で2次に100W電球順次つないで行き、外皮の温度が50-60度で安定するような(中心部巻線の温度が70度を超えないような)負荷が使用できる容量になります。

投稿日時 - 2003-05-29 10:50:24

お礼

エナメルがどこまでの温度まで耐えられるかで最大容量が決まるのですね。スライダックはないので、熱電対のデジタル温度計で測定しながら、負荷をかけて実験してみたいと思います。詳しいご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-05-30 10:58:01

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

こんにちは。

無負荷試験、短絡試験を行うと励磁アドミタンスと漏れインピーダンスが
計算できるので、等価回路を書くことは出来ますが、容量(安全電流)は
わかりません。

インピーダンスを測ってみても、容量はわかりません。

明確な値は、製造メーカーがわかって、カタログなどから見ないとわから
ないと思いますが、どうしても容量が知りたい場合、巻き線の太さから推定
すると言うのも一つの手ですし、私ならそんな小さな物なら以下のように
試します。(多少危険ですから自己判断でお願いします)

500VA位の物なら2次電流もたかだか5Aですから、容量のある200V
につないで、2次側の電流と電圧を見ながら力率1の負荷を増やしていって
やると、鉄心が飽和して電圧が下がるところがあるでしょうから、その段階
で設計の安全率も使い切っていると考えて(おそらく150%くらい)
1.5で割ったあたりで使用すればいいと思います。

あまり、ゆっくりとやると温度が上昇しますから、短時間(1分以内)で
やるか温度を監視しながらやって下さい。

そして、見当を付けた負荷で運用して、絶縁種の耐熱温度の余裕を見て、
50度以内位なら問題ないと判断して使用すると思います。

投稿日時 - 2003-05-28 18:01:57

お礼

熱電対のデジタル温度計があるので、温度・電圧・電流を見ながら実験したいと思います。早々のご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2003-05-30 10:44:24

あなたにオススメの質問