こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

?”「文否定」と「語句否定」”

?”「文否定」と「語句否定」”
?”「部分否定」と「全体否定」”
?と?は、違った分類の仕方であり、例えるなら
”「外車」と「日本車」、”「トラック」と「スポーツカー」”
のような関係であると教えてもらいました。
だから例えば、ある文が「文否定であり、全体否定である」ことも、
「語句否定であり、部分否定である」こともある、というふうに理解しました。
しかし、手持ちの文法の本には、
”「部分否定と全体否定」は文否定の一種である。”とあります。
これだと、上で説明した関係と違っているように思うのですが、本の説明が間違っているのでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-29 22:27:55

QNo.5555938

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「部分否定と全体否定は、文否定の一種である。」から、「部分否定であり、文否定でもある。」・「全体否定であり、文否定でもある。」が成り立ちますね。
 書いてありませんが、「部分否定と全体否定は、語句否定でも成り立つ。」のでしょう。
つまり図の1から4の状態はなりたつということではないでしょうか??
 成り立たないのは「文否定であり、語句否定でもある。」と「部分否定であり、全体否定である。」ではないでしょうか??

投稿日時 - 2009-12-29 22:42:15

お礼

返事が遅くなってしまい申し訳ありませんでした、
ご回答頂きありがとうございました。
画像つきで説明してくださり、とても助かりました。
まづはお礼まで。

投稿日時 - 2010-02-05 02:29:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

#5様の、解答がもっとも正しいと思います。

今回の質問の解決法:直面している現象を、正しく理解すべきでありましょう。
          現象解明のための手続き自体は、重要度の%を低めに設定するべきです。

少し、別例を申します。NOと、NOT~ ANYは、完全否定という観点では、同義であります。
 
例文:WE FOUND NO FAULTS.またはNO FAULTS WARE DETECTED.
   
   WE CAN FOUND NOT ANY STRANGENESS IN OUR EXAMINATIONS.
   WE FOUND NOT ANY FAULTS.
  
英文の意味と背景:建物が健全であることを証明し、国に報告したい。

施設の持ち主は、文部科学省に報告するため、(検査が実行された)ことを、重要視した。
検査業者は、(欠陥が見あたらない証明書)を発行するほうを、重要視したのです。

英文としては、上側のほうがすっきりしますが、現実には、施設担当者の要求が
いくぶん勝りまして、Certification の記述形式は、
結局、下側の第2のようなものに、落ち着きました。

本題に戻ります。
(全体否定)と(完全否定)を混同することが
混乱を招きいれているようで、錯誤の要素を排除すべきであります。

(必ずしも~ではない、OR言い切れない)は、代表的な部分否定です。

文字の視覚表現による混乱を防止するため、筆者は
(部分否定)を(1部分の打ち消し)と変更して記すことがあります。

似たような文字の(字面に煩わされる)と、お感じになられたら、
前回および今回の、このような置換は、有益か?と存じます。お試しくださいませ。かしこ。

投稿日時 - 2009-12-30 12:16:52

お礼

返事が遅くなってしまい申し訳ありません、
複数回にわたってのご回答を頂き有り難うございます。
参考になりました、
まづはお礼まで。

投稿日時 - 2010-02-05 02:08:05

ANo.5

 「否定の語句を含む構文」を分類するのは難しいですね。

 すでに指摘されているように、「文否定」と「語句否定」、「部分否定」と「全体否定」がそれぞれ対応する分け方であることは間違いありません。

 問題は、「部分否定」や「全体否定」が「文否定」なのか「語句否定」なのかということだと思います。

 結論から言えば、お持ちの文法書に書かれているように「部分否定」と「全体否定」は「文否定」に含まれると考えた方が良いでしょう。

 「語句否定」は「否定文」というより「肯定文」だと考えられるために、純粋な否定文である「部分否定」と「全体否定」を含むとは考えられないからです。

 「文否定(否定文)」と「語句否定(肯定文)」の見分け方は、付加疑問文を作ってみることです。「文否定(否定文)」は「肯定」、「語句否定(肯定文)」は「否定」の付加疑問が続きます。

(1) He didn't went out right away, did he? (文否定→否定文)
(2) He went out in no time, didn't he? (語句否定→肯定文)

 したがって、肯定文だと考えられる「語句否定」の英文の中に、否定文だとしか考えられない「部分否定」や「全体否定」が含まれることはあり得ません。
 
 また、「部分否定」の英文を「語句否定」の英文だと誤解することが、問題を混乱させてしまう原因かもしれません。

(3) Not everyone came here.

 (3)は明らかに「部分否定」です。そして、同時に「文否定」でもあります。

 「not」が「everyone」の前に置かれているために「語句否定」だと誤解する人がいるかもしれませんが、この英文は「全体否定」だと考えなければなりません。「It is not so that ...」で書き換えられるかどうかが見分け方のポイントです。

(4) It is not so that everyone came here.
  = Not everyone came here.

 (4)の上下の英文は同じ意味です。したがって、「Not everyone ...」の英文は「文否定」だと考えなければなりません。

 「部分否定」は「すべて」を表す語を否定した場合に起こりますが、「数量」を表す語を否定した場合にも起こります。

(5) He didn't come here very often.

 この英文は「not」が「very often」を否定する「部分否定」なので「語句否定」だと誤解されがちなのですが、「It is not so that he came here very often.」という書き換えができますので「全体否定」になります。

 以上のことから、「部分否定」の英文は「全体否定」になることが基本ではないかと思います。

 もし「文否定」を外車に、「語句否定」を日本車に例えるならば、「部分否定」はBMWに、「全体否定」はベンツに例えるべきかもしれません。

 ご参考になれば・・・。

投稿日時 - 2009-12-30 10:53:56

お礼

ご回答いただきありがとうございます、しかし少し補足質問をさせていただいても宜しいでしょうか?
部分否定と全体否定は文否定に含まれる、ということですが、
しかし例えば
He didn't come here very often.
という文は文否定で部分否定ということですが、これを、notの位置を変えて
He came here not very often.
とすれば語句否定となるはずです。しかしvery oftenがあるので部分否定ということにもなると思うのですが、これはどう説明すれば良いのでしょうか?
http://okwave.jp/qa/q5547804.html
↑の№2の回答者の方も、
It is not very warm today.
という文を語句否定で部分否定とも見れる、と言っておられるのですが、これもどう説明すればいいのか・・・
いろいろな意見があって混乱しています。
もともとあまりハッキリしていないことなのでしょうか?

投稿日時 - 2009-12-30 22:14:43

孟子沸けござらぬ。抜かっておりましただ!

包括関係図は、描画に妻子て、◎のように、2つの丸を使います。

小さいほうの○は、内部のことですが、含まれるほうとします。

外側は、当然、含むほうの、おおきい丸になります。

今回の質問では、たとえば、単語Wを、内側のまる、
文章Sを、外側のおおきい丸としてくださいませ。
かならずや、質問者様の、ご理解の補助となりましょう。
S1を論じる際、S=Tと考えることが、肝要でして
質問文中の、疑問氷解に貢献するはずです。

記号と説明
小さい○=部分、構成要素、アイテム。パーツ。PART(PARTS)
ちいさい○=単語、ワード。品詞。
大きい○=全体、トータル、TOTAL WHOLE AMOUNT

今回の質問に限れば、
○同士は、鎖のようなつながりではなく
2次平面上の、交わらない状態で、描画致しマス。

蛇足;描画表現は、てきトーに、(フリーハンドによる楕円のようなもの)
で、かまわないと思います。ただ、線同士の交差状況に、ご注意くださいませ。
(宴の内部に、荘園を2個含む場合、もしくは3つの塩が黄砂することもございますが・・・)
大きい○印を提供できなかったことを、お詫びします。

かつて、島崎藤村様の壱作品を品詞分解し、計量によるデータを以って、
林知己尾夫先生の数量化理論による概念に基づき、かの作家独特の文体であることを
文学者M教授とともに実感しました。
(30ねんまえだったかしら、あらたいへん、としがばれちゃうじゃない!)
それを思い出させていただき、感謝します。
雲母826さま、有難うございました。END

投稿日時 - 2009-12-30 10:16:07

善意有る回答でありたいと念ずるものです。
ところが、かなり市振りますことをお断りしておきます。
視覚的安定を図るため SセンテンスとWワードPパーツとTトータルに置き換えします。
置き換えはあまり重要でなく、掠壕をつけたことに意味があります。
包括関係、IN OTHER WORDS 大きさの問題だと思えるからです。
SはWより長くWを含む。TはPより大きくPを含む。

お手元の文法書の表記
(部分否定と全体否定)は文否定の壱種である。
これを記号化して、ためしてみたらどうなるでしょう?
部分否定=NOT P
全体否定=NOT T
文否定=NOT S
なにがなにを包括するか?あるいは否定するか?
かようにお考えいただければ、問題の解決に期待できると思います。

質問文・・・上で説明した関係)
そもそも、分類という概念導入が、不要と思われます。

(外車と日本車)は同じ、4輪車のカテゴリーに属します。
この際、乗用可能という側面で、同一ジャンル分類をした、と申します。
(トラックとスポーツカー)ですが、機能という側面で、ジャンル分けをした例でしょう。

本題です。記号化後を考えます。
NOT Sとは、例題壱区切り文章=S1を否定しますので
SWP全部を否定したことになります。

次に、NOT Tですが、全体を否定すると言う説明です。
この際の全体とは、例題の文章S1のことです。
だから、SWP全部を否定したことになります。

上記に、似通った記述が見えますね!?

結局、NOT PとNOT Tとは、例題文S1に関しては、同等になります。
本怪盗の(さわり)に入りましたので、同等のところを、(壱種である)と痴漢してみます。

さあ、いよいよ最終段階です。記号を元に戻す(結局:のところでっせ!)作業をします。
NOT P=部分否定と、NOT T=全体否定は、NOT S=文否定の、壱種(1)である。
これでもわかリにくければ、不等号 〉を使って、
より簡素にしてみてください。鳴門の渦観潮者より。END

投稿日時 - 2009-12-30 00:29:46

ANo.2

(1)部分否定と全体否定は、否定の度合いを示すのに対して、
  要するに、【否定だけど、その%はどのくらいか】
(2)文否定と語句否定は、否定の範囲を示していると思います。
  要するに、【完全否定だけど、対象の範囲がどこか】

だから、別に(1)(2)は別に考えた方がいいと思います。

投稿日時 - 2009-12-29 22:46:20

お礼

お礼が遅くなってしまい申し訳ありません、
ご回答頂きありがとうございました。
そうですね、別に考えたほうが良いようですね、
参考になりました。
ありがとうございました、まづはお礼まで。

投稿日時 - 2010-02-05 02:26:19

あなたにオススメの質問