こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

性的なトラウマの克服方法について伺います。

性的なトラウマの克服方法について伺います。

私は9歳の時から性的なトラウマがあります。
このトラウマで長年苦しんできました。
どうやってトラウマを克服できるのか、
付き合っていけば良いか…。
心療内科にも通いましたし、
カウンセリングも受けましたが(EMDRも行いました)、
未だにどうトラウマに向き合っていけば良いのか分かりません。


トラウマを抱えていらっしゃる方はどのようにして、
トラウマと付き合っていますか?

投稿日時 - 2009-12-29 16:30:50

QNo.5555204

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 世の中には、いろんなトラウマを抱えた方がいらっしゃいます。なかなか克服できずに大変だと思います。その起こった出来事について、自分自身を責めていませんか?どうすれば良かった、こうすれば良かった。頭の中はそればかりで一杯になっていませんか?

 一つ言えるのは、起こった出来事は、過去の話です。残念ながら、過去は変えることが出来ないのです。過去を含めた現在の自分が、自分自身なのです。過去を許せないのは、自分を許せないということになります。


 あなたの辛さは、あなたにしか分からないのです。あなたは自分にもっと優しくなってあげてください。
あなたが、あなた自身の最高の友人であり、理解者であり、保護者であってあげてください。自分を好きになるには、好きなことを一つずつ増やしていくのがいいです。小さなお花を育ててみるのもいいですし、自分が好きななれそうな絵を飾ってみてもいいし、好きなティーカップに好きなお茶を飲む。一つずつ小さな、小さな幸せを積み重ねていってください。

 幸せに目をむけることで、苦しみに目をむける時間が少なくなってゆきます。大切なのは、あなたの苦しみはもうそこにはないことです。苦しみがあると思っているのは、あなたの心です。心の向きを幸せの方向に向けることが出来た日には、世界が美しいことが初めて見えてきます。


 幸せ、不幸せというのは、起こった出来事なのでなく、起こった出来事は出来事にすぎず、あなたがどのような心を持って生きることができるのかということです。

投稿日時 - 2009-12-29 20:33:05

お礼

ご回答、どうもありがとうございます。

そうですね、自分も相手も責めまくって「こうすれば良かった」と後悔ばかりしています。

今まで自分を痛めつけることばかりしていたので、
自分は友人・理解者・保護者だという発想を持ち、自分自身と付き合っていきたいと思います。

「幸せになれないのではないか」と常にネガティブに考えていましたが、
好きなことを見つけて、ちっちゃな幸せを平凡な毎日から拾い上げて、
幸せを感じれるような日々を送るように努めて生きたいと思います。

投稿日時 - 2009-12-29 21:05:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

11人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

心療内科にも通った、カウンセリングも受けたとの事ですが。
最初からそのトラウマに立ち向かったのでしょうか?
また、それらに通ったのは、どれ位の期間・回数なのでしょうね。

私は虐待を受けていました。
それが無くなっても、様々な影響を受け続けている・・と分かったのはウン十年も経ってからでした。
そして、偶然の事からあるカウンセリングを受ける事となりました。
しかし、最初から虐待の事実には立ち向かう事は出来ませんでした。

もっと、簡単と言うか、些細な事・・表面的な事と言った方が良いですね。
それらを一つ一つつぶして行きました。
一つ一つと書きましたが、本当は行きつ戻りつ・・です。
虐待の事に立ち向かえるまでには7年かかりました。

一番最初は継母との事でした・・・あの様に言われたとか、この様に言われたとか・・まあ、愚痴の様な話から。
1年後位のある日・・突然の様に継母の立場に立った私がいました。
今までの自分とは違う視点で、ああも言われた言葉を見直した、とでも言えば良いのでしょうか・・
渋滞の車の中での出来事でした。

その前日に車に乗っている時に何をしているのか・・
と仲間から質問されたのでした。
時間が勿体ないからテープを聞いたり、ラジオを聞いたり・・と答えると・・なるほどとの答え・・・何もしない(ラジオも聞かない・テープも聞かない)・・と言う発想はないのか・・と彼は言いました。

その言葉を思い出して、渋滞の中で車内の音は消したのでした・・・
すると、今までは気にもとめなかった街の喧噪が聞こえます・・
その時・・何故か、継母の視点が・・
もっとも、それは(グループ)カウンセリングの時に、色々な視点からの話を聞いていた事を、喧噪の中で思い出し、ああそうなのか・・と思っただけ・・と思います。

その日を境に、他人の話も少し聞ける様になった様に思います。
それまでは、何を言われても、私を理解してくれない。
私の辛さを分かってはくれない・・とばかりに反発をしていたのです。

でも、視点を変えるとか、他人の気持ちになってなどは、今まで経験がないので、直ぐに元に戻るのです。
と言うより、あの喧噪の中での感覚が全く出てこないのです。

この様な状態が長く続きました。
頭での理解・・また、他人の感覚のずれなどは、年月だけは過ぎて行くので良く分かるのに・・自分の事となると、全く喧噪の日以前の状態でした。

唯、話すことは同じ事ばかりはしていられませんので、あれこれと変えました。
同級生からのいじめの話などなど。

7年経ちました。
ある日カウンセリングをリードしている人(先生とでも言いましょうか)が、私の話に理解を示してくれたのです。

虐待をしている人(兄ですが)が、私の事を色々と決めつけてくるのです。
この様に考えているに相違ない・・と。
で、その様には考えていない・・と答えると。
いいや、嘘をついている・・と言うのです。
で、最後は兄の言う通りと答えます。
でなければ何時までも折檻が続きますので。

この様な事を話した時に、それは警察に連れて行かれて、身に覚えがないのに白状しろと言われているのと同じ・・と、先生の感想がありました。

何故か、とても私は理解されたと感じました。
言葉と言うよりも感情的にです。
長年のしこりがとれた・・とでも言うのでしょうか。

その日から私は変わり始めたと思います。
もちろん、一進一退は今までどおりでしたが。

その頃「ゆるすと言う事」と言う本に出会いました。
これが、また何を言っているのか、さっぱり理解できない様な事が書かれていました。

でも、何故か何度も何度も読み返しました。
100回ほど読み返した頃でしょうか・・
自分を客観視出来た様に感じたのでした。
そして許すと言う事の意味が少し分かった様な気がしました。

出来れば、同じ本(同じ様な??)を読んで戴きたいなとも思います。

心の問題には、特効薬と言うものはなさそうですね。
何しろ、それまでに染みついた心の癖と言うものがあります。
他人に対してなら、その部分を見直せばとか、問題点はそこだよ・・などと簡単に言えます。
が、自分の事となると、問題点こそが自分とぴったりとくっついていたりするのです。
つまり、問題点こそが自分と感じたりするのです。
あるいは、その問題点を受け入れる事が非常に難しいのです。
また、問題点にこそリアリティを感じたりします。

心の問題は、焦らず諦めず・・ですね。
良く先生から言われました・・薄皮をはぐようにだと。
自分に向かうときも、他人にアドバイスする時も同じでしょう。

最初のカウンセリングから15年・・それでも、まだ色々な問題を抱えています。
と言うか、問題だらけ・・

でも、少しは問題が生じた時に対処の仕方が分かった・・あるいは以前の様に問題に飲み込まれる事は少なくなった様には思います。

何より、トラウマが出ても、それは今現在の事実ではない・・と言う事を理解出来る様にはなりました。

フラッシュバックの様に、何かのきっかけで出てくるのですよね。
私の場合は虐待と同級生によるいじめでしたので、いじめとか虐待の言葉を見たり聞いたりすると・・心が騒ぎます。
で、その度に改めて許す訳です。
何度でも何度でも・・・

あなたの辛い経験と本当の辛さは、あなたにしか分かりません。
それを理解してあげられるのは、あなただけなのです。
それには、辛いですが、自分と向きあう・・と言う事が必要の様です。
が、今は思い出すだけでも辛くてできない・・のならそれでも良いのです。
と言うのは、まだ心の準備が整っていないからなのです。
何時の日にか、自分と向き合う・・時が来たときに向き合えば良いのです。
過去の辛さよりも、思い出す辛さが勝った時と言えば良いかも知れませんね。

最後になりましたが・・
>>トラウマを抱えていらっしゃる方はどのようにして、
トラウマと付き合っていますか?

人間の思考の癖(仕組み?)として同時に二つの事は考えることが出来ません。
で、別の事を考える・・と言う事が効果がある様に思います。

私・・何時も愚痴を言っていた様に思います。
で、誰にも相手にされない、うざい奴と思われていた・・様です。

投稿日時 - 2009-12-29 17:56:20

お礼

ご回答、どうもありがとうございます。

視点を変えることや相手の立場になって考えてみる、
今はつらいですが、それが出来るような心のゆとりができたら、
行ってみようかなと思います。

akifukasi様が読まれた本も読んでみようかな、と思います。

自分と向き合うことは、大切ですね。

投稿日時 - 2009-12-29 20:59:14

トラウマの内容にもよりますがトラウマを理解してくれる方とゆっくり向き合っていけば治ってくると思いますよ。

焦りは禁物です。

投稿日時 - 2009-12-29 16:49:45

お礼

ご回答、どうもありがとうございます。

そうですね、理解をして下さる方と出会うことが出来たら、
心の緊張が少し解けるのかもしれませんね。

苦しくて、いつになったら解放されるのかと焦っているのかもしれません。
温かいお心遣い、どうもありがとうございます。

投稿日時 - 2009-12-29 20:53:55

あなたにオススメの質問