こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

会計と情報、選ぶならどっち…?

私は情報系の商業高校に通っている3年生です。
資格は
日本商業会議所簿記検定2級
全国商業高等学校簿記検定1級
全国商業高等学校情報処理検定2級
あと、簿記のコンクールで10位に入賞しました(全国大会には行けませんでした)。
商業生にしてはまあまあの実績なのではないかと思って自惚れていたのですが
推薦入賞に失敗し現実の壁を知りました。
あと1カ月と少ししかありませんが、なんとか簿記と英語だけで現役で一般入試に合格したいと思っています。
しかし、現実的に考えて、簿記は大丈夫ですが、英語は全くと言っていいほどの初心者なので難しいでしょう。
そこで、進路を専門学校とも考えています。
専門学校では、会計系か情報系(パソコン)のどちらに行くかを悩んでいます。
会計系だとすると日商簿記1級を目指し、情報系だと……、情報系についてはよく知りません(高校生活は簿記漬けだったので)。
しかし、教えてgooの回答を色々見ていくと、どうも日商簿記1級はあまり役に立たないのではないかと思い始めました。
なら、会計を学ぶより、将来確実に役立つであろう情報系の資格を取得したいと漠然と思いました。

公認会計士を目指し推薦で(設備がかなり行き届いた)大学に臨んだのですが頓挫してしまいましたので諦めようと思っています。
一般入試で入った大学には、会計のサークルがあるのでそこで日商簿記1級を目指そうと考えています。

投稿日時 - 2009-12-21 01:01:54

QNo.5537008

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

一部上場の大手IT企業に勤めています。

簿記の方が価値があると思いますよ。
情報処理の資格は無意味とまでは言いませんが、そんなに価値があるとも思えません。
私の会社でも資格を取る事自体は推奨していますが、取ったからといって何が変わる訳でもなく、無いよりあったほうが良いという程度です。
ITの世界って資格とスキルが必ずしも一致しないので学生さんが思っているほど資格に重きを置いていないのが現状だと思います。

コンピュータは様々な分野で必要不可欠になっていますが、会計もコンピュータの用途としては大きな分野です。逆に簿記の資格を持った人間がIT業界に入ってくれば頼もしい存在になり得る可能性があります。

厳しい答えをすると、簿記も情報処理も分かります!資格の裏付けもあります!位の能力があれば、企業の採用担当者の目に留まると思います。

投稿日時 - 2009-12-24 03:51:56

ANo.1

> 将来確実に役立つであろう情報系
近い将来のことだけならそれでもいいでしょうが・・・。コンピュータの技術は日進月歩。最新技術を習得しても数年後には廃れていることも珍しくないです。
長期にわたってつぶしが効くのは会計の方だと思います。

投稿日時 - 2009-12-21 01:15:39

あなたにオススメの質問